Télécharger la liste

Description du projet

This program is aiming to be one of complement libraries for ongoing graphics tools and machine learnings.

Système requise

System requirement is not defined
goki-check
latest-stable

Livrée : 2017-10-02 13:18
goki-check latest-stable (1 files Cacher)

Notes de release

A result of pseudoBump class may be different from real phenomenon.

2017/10/02 Fixed pseudoBumpLoop method logics and bugs and around. 2017/10/03 Changed the interface for matchPartialPartial and so on, and fixed. 2017/10/11 Changed matchPartialPartial algorithm. 2017/10/12 Fixed matchPartialPartial theta angle list up. 2017/10/16 Fixed enlarge proc and code clean, fix parallel. 2017/10/16 Fixed enlarge scale and normQuad. 2017/10/19 Fixed fisheye.hh and around openmp. 2017/10/20 Changed strategy for fisheye.hh, fixed enlarge.hh bug, stabilize scancontext.hh . 2017/10/23 Re stabilized fisheye.hh, it had took double differential. 2017/10/25 Re fixed enlarge function intensity ratio. And interface changed. 2017/10/26 Re implemented fisheye.hh and exports delaunay max + min z-index. 2017/10/27 scancontext.hh large fixes. 2017/10/28 scancontext.hh re stabilizes. 2017/10/31 PseudoBump vector result strategy changed. 2017/11/07 PseudoBump double eye condition is verbose for single input. 2017/11/07 PseudoBump dft differential. 2017/11/08 PseudoBump left and right ratio mimicing 2nd differential condition on preceding defocus method. 2017/11/12 PseudoBump hextile fixes. 2017/12/17 Bug fixes and multiple base point hextiles. 2017/12/31 Small fixes and changed pseudoBump corner diagonal to parallel. 2018/01/29 A class pseudoBump strategy had changed to per scale, and this caused a bump map result that is able to be stood, enlarger2ex class re calculated. 2018/02/20 Fixes around pseudoBump and saveobj. ** INTERFACE HAVE CHANGED ** 2018/03/07 Now stable, but it has lack of rotated match and redigging. 2018/04/05 Various logical fixes around emphasis and statmatch. 2018/05/01 Some speed up and bug fix, refactoring around match, reDig. 2018/05/16 Fixes large amounts of bug. 2018/06/07 Last hypothesis change for pseudoBump, fixed around stabilities. 2018/07/16 Large refactoring and changes pseudoBump method for local to global, add some commands. 2018/08/17 pseudoBump method change from beta experiment, gltf2 compatibility for test. 2018/10/24 enlarge.hh freeze with this, debugging match. 2018/11/10 abandon divide and conquer method and adopt taylor series. and some debugs. 2018/11/30 enlarge.hh last fix, large match.hh fixes, saveMatch output changed. and fixed redig.hh . 2018/12/30 enlarge.hh actually last fix, 1 pixel shift glitch. and enlarge output change, per angle applying change. 2019/03/02 adjust for illusts. 2019/04/04 lanczos after enlarge method, code cleaning. Might be last release on this repository. 2019/06/18 Changed methods for bump map and enlarge, code cleaning. 2019/06/20 Bump is now theoretical approximate one, and enlarger2ex to Filter class change. 2019/09/08 DFTD coefficient and seed coefficient fix. 2019/11/15 Fixed extreme myopia. 2019/12/31 add p0 extend, bump map changed to use second derivative, and enlarge had changed to sharpen. 2020/03/08 fix bump for correct response, change obj command, freeze with this bump, obj. 2020/03/20 change delaunay2 to mesh2. some bug fixes. 2020/03/21 fix emphasis. 2020/03/23 append match0 command. 2020/04/10 ifloat.hh merge. 2020/04/18 brush up redig and match and merge p0. 2020/04/25 various match fix. 2020/04/27 append commands for linearts. 2020/05/01 get sox compatible omake. 2020/05/06 extend little color on flat colored illust. 2020/05/10 large fix around bump command. 2020/05/22 add pose, poso, pmerge command, and fix them. 2020/05/26 poso y-axis fix. 2020/05/27 getBone... fix. 2020/05/30 enlarge.hh coefficient and bump_y fix. 2020/06/01 bump coefficient fix and bumpi command for figure. 2020/06/02 bump uses 2nd diff to calculate. and pose command change, 1d to 2d. now stable around pose commands. pcomp0 command is stable now. 2020/06/13 z ratio fix for pcopy, ppred and with color. command name change, zratio fix. 2020/06/14 merge latest p0. 2020/06/16 merge latest p0. fix bump parameter. 2020/06/17 use continuous differential for bump. filter::gmean fix. reconfigure bump, command brushup. 2020/06/18 bug fix, update readme, usage. 2020/06/19 z-axis sign fix, openmp speed fix, still remaining waiting bugs. 2020/06/20 enlarge change. 2020/06/22 merge latest p0, change filter initializer for recursive number. 2020/06/23 merge latest p0 fix. 2020/06/29 refine sbox, pextend, ppred, pred. 2020/06/30 differential sign fix, merge latest p0. 2020/06/30 merge ifloat, revert p0, prediction uses average one. 2020/07/01 merge ifloat, fix around p0. 2020/07/02 merge p0, no binary change. 2020/07/03 fix pextend, filter::extend_*, it had broken. and merge externals. 2020/07/03 fix P0 range adaptive. 2020/07/05 fix compile errors with eigen or nofloat. 2020/07/05 merge latest ifloat, use with ohp sheet command. 2020/07/06 merge latest p1. 2020/07/14 illust command. 2020/07/15 illust fix. 2020/07/19 ppred change, filter with rotation, fix illust. 2020/07/20 rotcompute fix, sbox hidden command fix, obj command fix mtl path with mask, enlarge uses both side. 2020/07/23 ifloat merge, append some extra commands. 2020/07/24 merge ifloat, sqrt(0) == nan fix. 2020/07/25 SimpleFloat initializer is now friendly to compilers. 2020/07/29 latest p0 merge. 2020/08/04 latest p0 merge including diff fix. 2020/08/04 latest p0 merge including diff fix, code cleaning. 2020/08/05 code clean, close with this, but ifloat.hh don't have explicit initialization, so with no float compile may fail to get parameters from command line. 2020/08/07 merge latest externals. P0B call fix, but still 0,1,2,3 P0B range has infinite loop. 2020/08/13 merged latest p0. 2020/08/14 merged latest p0. 2020/08/15 merged latest p0. 2020/08/16 merged latest p0. 2020/08/20 framerate fix, make continuous in pextend. 2020/08/21 merge latest p0. 2020/08/22 fix pextend one step glitch, p0::next fix when mem goes to huge. 2020/08/23 shrink loop number on p0.hh, has a little error. 2020/08/25 speed fix. 2020/09/04 rmatch cmd, fix some glitch, replace push_back to emplace_back, param adj. 2020/09/09 all filter uses rotate. 2020/09/10 merge latest p0.hh. 2020/09/12 ppred fix, ppredr command. 2020/09/13 revert pextend. 2020/09/17 bump_y fix, ppred, ppredr fix. and rot compute pextend out of reference fix. 2020/09/18 pextend rotcompute angle fix. 2020/09/22 ppred apend range. 2020/09/23 reColor command. 2020/09/23 isnan fix. 2020/09/24 isnan fix. 2020/09/25 retrace command. 2020/09/26 recolor fix. 2020/09/28 recolor, retrace fix. 2020/09/29 delete rgb2l, rgb2xz. recolor, retrace freeze, update readme. bump_y dop0 revert to correct one. 2020/09/30 decompose fix. recolor, retrace, bump, nurie change. 2020/10/06 decompose merge, has glitches with retrace, reimage on not same size. 2020/10/07 decompose mege. 2020/10/11 decompose merge, illust command change. 2020/10/14 decompose, p0 merge. p0 merge fixes filter::enlarge. 2020/10/18 bump returns negated one that is correct now. merge latest p0, speed fix. 2020/10/21 flicker, bump fix. 2020/10/29 bump revert fix, test.py hardening. 2020/10/30 bump width sqrt change, shrink commands, rot compute fix not median average. 2020/10/31 bump revert fix hardens output. 2020/11/03 enlarge recursive revert. 2020/11/10 bump_y revert to tilt and go method. 2020/11/19 bumps command and merge p0, bumps is enough to tilt but not enough to get shape of obj file. 2020/11/21 merge lastet p0. 2020/11/22 merge latest p0. 2020/11/25 merge latest p0. refactor rotcompute to compute. revert bumps to bump.

pseudoBump の計算結果は正しくない可能性があります。

2017/10/02 pseudoBumpLoop 関数の周辺のバグ修正です。 2017/10/03 matchPartialPartial のインターフェース変更およびバグ修正です。 2017/10/11 matchPartialPartial アルゴリズムを変更しました。 2017/10/12 matchPartialPartial アルゴリズムの角度の角度の列挙に関するバグを修正しました。 2017/10/16 拡大のアルゴリズムを修正しました。また、並列処理の際のバグの修正と、コードクリーニングです。 2017/10/16 拡大のスケールと normQuad 関数を修正しました。 2017/10/19 fisheye.hh の安定への修正です。また、openmp 周りへの修正も含まれます。 2017/10/20 fisheye.hh の安定な点を取る戦略の変更です。また、enlarge.hh の修正および、scancontext.hh の安定化が含まれます。 2017/10/23 fisheye.hh のアルゴリズムを改定しました。以前のアルゴリズムは差分の差分を取っていましたが、正しくは差分のみで良いです。 2017/10/25 再度拡大の強度を修正しました。ただし、正確にするためには実装をもう一度チェックする必要があります。また、関連のインターフェースが変わっています。 2017/10/26 fisheye.hh を再度実装し直しました。また、.obj ファイルがもっともらしくなりました。 2017/10/27 scancontext.hh の大幅なバグ修正です。 2017/10/28 scancontext.hh の安定化です。まだ若干安定しません。 2017/10/31 PseudoBump のベクトル返り値の計算方法の修正です。 2017/11/07 PseudoBump の視点の取り方を調整しました。 2017/11/08 PseudoBump の視点の取り方の調整を修正しました。 2017/11/09 PseudoBump の境界条件の計算方法を defocus でとられている 2 階微分による方法を参考に修正しました。まだ修正される可能性があります。 2017/11/12 PseudoBump の修正です。 2017/12/17 バグ修正と、六角形タイルの適用を複数回行う実装になりました。 2017/12/31 少しの修正と、pseudoBump の視点の位置を四隅から両端に変更しました。 2018/01/29 pseudoBump の計算をスケール別に変更しました、これにより、みるに耐えなかった .obj ファイルの計算結果が少し鑑賞に耐えるものとなりました。また、enlarger2ex 内部のロジックを計算により見直しました。 2018/02/20 pseudoBump および saveobj 周辺の追加とバグ修正です。** インターフェースも変更されています。 ** 2018/03/07 現状安定です。ただし、骨子情報を含む合致と強調の実装が不足しています。 2018/04/05 合致および強調周りの論理的なバグ修正です。 2018/05/01 reDig 周辺の速度調整及びコードのクリーニング、バグ修正です。 2018/05/15 大幅なバグ修正です。 2018/06/07 pseudoBump の仮定している構造の最終的な固定と安定性周辺の修正です。 2018/07/16 大幅なリファクタリングと pseudoBump メソッドの局所大域の改善及びいくつかのコマンドの追加です。 2018/08/17 バンプマップ生成のメソッドが若干のテストにより変更になりました。また、gltf2 互換性へのテスト実装です。 2018/10/24 enlarge.hh はこれで凍結です。match のデバグをしています。 2018/11/10 分割統治による手法を使用せず、テイラー展開に似た手法を使用しました。また、デバグです。 2018/11/30 enlarge.hh への恐らく最終の変更です。また、match.hh への大幅な修正が含まれます。saveMatch 出力を変更しました。また、redig.hh への修正が含まれます。 2018/12/30 enlarge.hh の getImgPt の 1pixel ずれるバグ修正および、角度ごとの適用の変更、および拡大の変更です。 2019/03/02 イラスト用途へのパラメタ最適化です。 2019/04/04 拡大後 lanczos フィルタにかける実装になりました。おそらく最終です。 2019/06/18 バンプマップ及び拡大の手法の変更とコードのゴミ取りです。 2019/06/20 バンプマップは論理的に近似的に正しい結果を返すようになりました。また、enlarger2ex クラスは Filter クラスへ名称が変更になりました。 2019/09/08 DFTD と seed の係数を正しいものに修正しました。 2019/11/15 極度の近視で計算していたことを修正しました。 2019/12/31 P0 による拡張の実装、およびバンプマップの作成に2階微分を使用するようにしました。また、拡大のアルゴリズムはシャープ化のアルゴリズムに変更されました。 2020/03/08 bump コマンドと obj コマンドを修正しました。一旦これで修正はなくなります。 2020/03/20 delaunay2 関数は mesh2 関数に置き換えられました。また、様々なバグフィックスを含みます。 2020/03/21 強調を修正しました 2020/03/23 match0 コマンドの追加です。 2020/04/10 ifloat.hh のマージです。 2020/04/18 match と redig を修正しました。また、p0 のマージです。 2020/04/25 match に関する修正です。 2020/04/27 線画に対応するコマンドの追加です 2020/05/01 おまけが sox コマンドの dat フォーマットに部分的に対応しました。 2020/05/06 平面的に着色されたイラスト画像の色を少し拡張するコマンドが追加されました。 2020/05/10 bump コマンド周辺の大きなフィックスです 2020/05/22 pose, poso, pmerge コマンドを追加しました。また、それらを修正しました。 2020/05/26 poso コマンドの y 軸方向の修正です。 2020/05/27 getBone... の修正です。 2020/05/30 enlarge.hh 内部の係数と bump_y の修正です。これは理論的には正しい結果を(境界のシャープさが最大のピントを局所のピント情報として)返しますが、実際の問題に対してきちんとした結果を返しているかは保証されません。 2020/06/01 bump コマンドの係数修正と、絵画用途の bumpi コマンドです。 2020/06/02 bump コマンドを2階微分を使用するように再度実装しました。また、pose コマンドが 2 次元になり、コマンド配列が変更になりました。 pose コマンド周辺が安定しました。pcomp0 コマンドが安定しました。 2020/06/13 z pcopy, ppred コマンドの軸方向の比率が補正されました。また、色に対応しました。コマンドの名称が変更になりました。zratio に関する修正です。 2020/06/14 p0 を最新バージョンへマージしました。 2020/06/16 p0 を最新バージョンへマージしました。また、bump コマンド周辺の距離パラメタを現実に即したものに修正しました。 2020/06/17 bump コマンド周辺を連続な微係数を使用する変更です。また、その周辺でいくつかのパラメタが不要になりました。Filter::gmean 関数の修正です。bump コマンドのパラメタを調整しました。また、コマンドのブラッシュアップです。 2020/06/18 バグ修正とドキュメントの修正です。 2020/06/19 z軸の符号と openmp の速度の修正です。また、バグ出しが残っています。 2020/06/20 enlarge が論理的に正しいアルゴリズムに変更になりました。ただし、回転が含まれないために結果として正しくありません。 2020/06/22 p0 をマージしました。また、filter の初期化子が再起的に適用する際の不具合を回避するために変更になりました。 2020/06/23 p0 の修正をマージしました。 2020/06/29 sbox, pextend, ppred, pred コマンドをきちんとしました。 2020/06/30 微分子の符号を修正しました。また、p0のマージです。 2020/06/30 ifloat のマージと、p0 の修正、予測が直近の平均を使用するようになりました。 2020/07/01 ifloat のマージと、tools.cc の p0 呼び出しの修正です。 2020/07/02 p0 のマージです。いくつかのコンパイラではバイナリの変更はありません。 2020/07/03 pextend コマンドおよび filter::extend_* 関数の修正です。それらは壊れていました。また、外部ライブラリのマージです。 2020/07/03 P0 の呼び出しの際の幅を適切に直しました。 2020/07/05 Eigen ライブラリまたは ifloat ライブラリを使用する際のコンパイルに失敗するバグを修正しました。 2020/07/05 最新の ifloat のバグ修正です。また、OHP sheet とともに使用する際のコマンドです。 2020/07/06 最新の p1 のバグ修正です 2020/07/14 illust コマンドです。 2020/07/15 illust コマンドの修正です。 2020/07/19 ppred コマンドの変更と pcopy コマンドの廃止です。また、filter が回転と共に使用できます。illust コマンドの修正です。 2020/07/20 rotcompute の修正です。また、sbox コマンドの隠しコマンドの修正と obj コマンドの mtl が参照しているパスが mask が無い際にずれる問題の修正、及 enlarge が両端の情報を使用するようになりました。 2020/07/23 ifloat のマージです。また、いくつかのコマンドの追加です。 2020/07/24 ifloat のマージです。sqrt(0) == nan でした。 2020/07/25 SimpleFloat のイニシャライザがいくつかのコンパイラの暗黙のキャストに対してきちんと定義されました。 2020/07/26 最新の p0.hh のマージです。定数成分に関しての修正が含まれます。 2020/08/04 最新の p0.hhのマージです。微分時の係数を sin 関数によって調整しています。 2020/08/04 最新の p0.hhのマージです。微分時の係数を直しました。また、コードを掃除しました。 2020/08/05 コードの掃除です。おそらくこれで最終です。ただし、ifloat.hh の explicit 子がついていない初期化子のため、コマンドラインからのパラメタのパーズに意図的に失敗する可能性があります。 2020/08/07 最新の外部ライブラリをマージしました。また、P0B クラスの初期化を訂正しました。しかしまだ、0,1,2,3 の長さの内部状態で呼び出すと無限ループが発生します。 2020/08/13 merged latest p0 2020/08/14 merged latest p0 2020/08/15 merged latest p0 2020/08/16 merged latest p0. 2020/08/20 framerate コマンドラインオプションに変更する修正です。また、pextend コマンド内部でぼかすことにより連続性をあげる変更が含まれます。 2020/08/21 merge latest p0. 2020/08/22 pextend が 1 ピクセルずれるバグを修正しました。また、p0::next の使用メモリが莫大になる際に計算を端折る実装になりました。 2020/08/23 p0.hh 内部の収束するまでループしていた箇所をループ回数の上限を指定して切り上げるようにしました。 2020/08/25 速度に関する修正です。 2020/09/04 rmatch (再帰的)コマンド及び少しの不具合の修正、push_back 関数を emplace_back 関数へ置き換え、及びパラメタの調整です。 2020/09/09 Filter クラスの rotcompute がすべての操作に対して有効になりました。 2020/09/10 最新の p0.hh をマージしました。 2020/09/12 ppred の修正と ppredr コマンドの追加です。 2020/09/13 pextend コマンドをメジアンをとるように戻しました。 2020/09/17 BUMP_Y を 2階微分から微分へと変更しました。また、ppred, ppredr の間隔をきちんと直しました。また、rotcompute の pextend の場合に境界外の参照をするバグを修正しました。 2020/09/18 pextend コマンドの回転角度を修正しました。 2020/09/22 ppred に補完の幅のオプションを追加しました。 2020/09/23 reColor コマンドを追加しました。 2020/09/23 reColor の isnan 関連を修正しました。 2020/09/24 isnan を再度修正しました。 2020/09/25 retrace コマンドを追加しました。 2020/09/26 recolor が全ての幅を使用するようになりました。 2020/09/28 recolor, retrace に適切なベクトルを使用するように変更しました。 2020/09/29 rgb2l, rgb2xz 関数を削除しました。意味が異なり、また、ありませんでした。代わりに rgb2d 関数を使用します。また、reColor, reTrace 関数を凍結しました。また、ドキュメントのアップデートです。また、bump_y の微分演算子を後で積分をしない際の正しいバージョンに戻しました。 2020/09/30 decompose 周辺の修正です。また、recolor, retrace, bump, nurie コマンドを変更しました。 2020/10/06 最新の decompose.hh のマージです。それに伴い、 retrace, reimage に同一の大きさを使用できない場合に壊れた結果が帰ります。 2020/10/07 decompose.hh のマージです。バグ修正が含まれます。 2020/10/11 decompose.hh のバグ修正のマージです。また、illust コマンドを変更しました。 2020/10/14 decompose, p0 のバグ修正のマージです。p0 のバグ修正は filter::enlarge など、広範な影響を及ぼします。 2020/10/18 bump が符号が逆の画像を返します。(以前アップロード下と思うのだけれど)。これは以前よりも正しい結果です。また、p0 の高速化です。 2020/10/21 flicker コマンドの枚数を修正しました。以前のものはこわれていました。bump 計算の際の正規化をステージの最後に回しました。これにより縦横比が異なるもしくは回転とともに演算する際のバグが修正されました。 2020/10/29 bump 周りを元にもどすことにより修正しました。これにより写真などでは奥行きの写実性が向上しますが、線画などの場合には良くない結果が返ります。また、test.py を良く動作するように書き換えました。 2020/10/30 bump 周辺の微分時の焦点の幅を画像サイズの平方根に変更しました。また、コマンドの整理と rotcompute にメジアンではなく平均を使用するように変更しました。 2020/10/31 bump 周辺の以前のアルゴリズムへと数ヶ所もどしました。これにより、出力がしっかりします。 2020/11/03 enlarge を再帰的に演算するように戻しました。 2020/11/10 bump_y を少し傾けて計算するメソッドに戻しました。 2020/11/19 bumps コマンドの実装と p0 のマージです。bumps は傾けるためには十分な情報量の奥行きを返しますが、全体としてはキチンとしていません。 2020/11/21 最新の p0 のマージです。redig::complement は修正されていません。 2020/11/22 最新の p0 のマージです。 2020/11/25 最新の p0 のマージです。rotcompute 関数を compute 関数に統合しました。また、bumps コマンドを bump コマンドに戻しました。

Changelog

No Changelogs