• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

jm: Commit

翻訳ドキュメント管理用


Commit MetaInfo

Révisioncdc905f4c5016303837f840154a36ee84fe00c91 (tree)
l'heure2020-10-14 08:24:52
Auteurcyoichi <cyoichi@user...>
Commitercyoichi

Message de Log

util-linux: blkid.8 to 2.35.2, lsblk.8 to 2.34.

modified: manual/util-linux/ChangeLog
modified: manual/util-linux/README.po4a
modified: manual/util-linux/original/man8/blkid.8
new file: manual/util-linux/po4a/man8/blkid.patch
new file: manual/util-linux/po4a/man8/blkid.po
new file: manual/util-linux/po4a/man8/lsblk.patch
new file: manual/util-linux/po4a/man8/lsblk.po
new file: manual/util-linux/release/man8/blkid.8
new file: manual/util-linux/release/man8/lsblk.8
modified: manual/util-linux/translation_list

Change Summary

Modification

--- a/manual/util-linux/ChangeLog
+++ b/manual/util-linux/ChangeLog
@@ -1,3 +1,10 @@
1+Wed Oct 14 07:51:43 JST 2020 Chonqn yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>
2+
3+ * release/man8/{blkid.8,lsblk.8}
4+ blkid.8 は 2.35.2 に、lsblk.8 は 2.34 に。
5+ blkid.8 は、e2fsprogs パッケージから util-linux へ移動。
6+ lsblk.8 は初訳 (2.35.2 の原文は、説明不足のため不採用)。
7+
18 Mon Aug 24 10:27:14 JST 2020 Chonan Yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>
29
310 * realese/man8/{blockdev.8,partx.8,wipefs.8}:
--- a/manual/util-linux/README.po4a
+++ b/manual/util-linux/README.po4a
@@ -10,18 +10,21 @@ $ patch -p0 <aaa.patch
1010 というオプションを付ける必要があった。つまり、以下のようにする。
1111
1212 $ po4a-translate -f man -m ../../original/man1/getopt.1 \
13- -p getopt.po -l getopt.1 -o unknown_macros=untranslated -v
14- $ patch -p0 <getopt.patch
13+ -p getopt-ja.po -l getopt-ja.1 -o unknown_macros=untranslated -v
14+ $ patch -p0 <getopt-ja.patch
1515
16- getopt.po などは、getopt-ja.po, getopt-ja.patch になっているかもしれない。
16+ po ファイルや patch ファイルには、getopt-ja.po, getopr-ja.patch などと、
17+ "-ja" が付いているものと、lsblk.p, lsblk.patch のように "-ja" が付いて
18+ いないものがある。"-ja" が付いていないのは、翻訳時に付け忘れ、別に
19+ 問題もないので、そのままになっているのである。気にしないでいただきたい。
1720
1821 "unknown_macros" については、"man Locale::Po4a::Man" を参照。
1922 po4a-gettextize のときもこのオプションが必要だったので、
2023 po4a-updatepo でも多分必要だろう。
2124
22-○ fdisk.8
23- fdisk.8 も po4a-translate に -o unknown_macros=untranslated が必要。
25+ほかにも po4a-translate に -o unknown_macros=untranslated が必要なもの
26+(たぶん po4a-gettextize などでも必要)。
2427
28+○ fdisk.8
2529 ○ partx.8
26- partx8 も po4a-translate に -o unknown_macros=untranslated が必要。
2730
--- a/manual/util-linux/original/man8/blkid.8
+++ b/manual/util-linux/original/man8/blkid.8
@@ -50,13 +50,13 @@ The
5050 .B blkid
5151 program is the command-line interface to working with the
5252 .BR libblkid (3)
53-library. It can determine the type of content (e.g. filesystem or swap)
53+library. It can determine the type of content (e.g., filesystem or swap)
5454 that a block device holds, and also the attributes (tokens, NAME=value pairs)
55-from the content metadata (e.g. LABEL or UUID fields).
55+from the content metadata (e.g., LABEL or UUID fields).
5656 .PP
5757 .B It is recommended to use
5858 .BR lsblk (8)
59-.B command to get information about block devices, or lsblk --fs to get an overview of filesystems, or
59+.B command to get information about block devices, or lsblk \-\-fs to get an overview of filesystems, or
6060 .BR findmnt (8)
6161 .B to search in already mounted filesystems.
6262 .PP
@@ -90,7 +90,7 @@ more specified devices.
9090 For security reasons
9191 .B blkid
9292 silently ignores all devices where the probing result is ambivalent (multiple
93-colliding filesystems are detected). The low-level probing mode (\fB-p\fR)
93+colliding filesystems are detected). The low-level probing mode (\fB\-p\fR)
9494 provides more information and extra return code in this case.
9595 It's recommended to use
9696 .BR wipefs (8)
@@ -99,14 +99,14 @@ to get a detailed overview and to erase obsolete stuff (magic strings) from the
9999 .SH OPTIONS
100100 The \fIsize\fR and \fIoffset\fR arguments may be followed by the multiplicative
101101 suffixes like KiB (=1024), MiB (=1024*1024), and so on for GiB, TiB, PiB, EiB, ZiB and YiB
102-(the "iB" is optional, e.g. "K" has the same meaning as "KiB"), or the suffixes
102+(the "iB" is optional, e.g., "K" has the same meaning as "KiB"), or the suffixes
103103 KB (=1000), MB (=1000*1000), and so on for GB, TB, PB, EB, ZB and YB.
104104 .TP
105105 \fB\-c\fR, \fB\-\-cache\-file\fR \fIcachefile\fR
106106 Read from
107107 .I cachefile
108108 instead of reading from the default cache file (see the CONFIGURATION FILE section
109-for more details). If you want to start with a clean cache (i.e. don't report
109+for more details). If you want to start with a clean cache (i.e., don't report
110110 devices previously scanned but not necessarily available at this time), specify
111111 .IR /dev/null .
112112 .TP
@@ -115,7 +115,7 @@ Don't encode non-printing characters. The non-printing characters are encoded
115115 by ^ and M- notation by default. Note that the \fB\-\-output udev\fR output format uses
116116 a different encoding which cannot be disabled.
117117 .TP
118-\fB\-D\fR, \fB\-\-no\-part\-details\fR
118+\fB\-D\fR, \fB\-\-no\-part\-details\fR
119119 Don't print information (PART_ENTRY_* tags) from partition table in low-level probing mode.
120120 .TP
121121 \fB\-g\fR, \fB\-\-garbage\-collect\fR
@@ -136,15 +136,21 @@ List all known filesystems and RAIDs and exit.
136136 Look up only one device that matches the search parameter specified with the \fB\-\-match\-token\fR
137137 option. If there are multiple devices that match the specified search
138138 parameter, then the device with the highest priority is returned, and/or
139-the first device found at a given priority. Device types in order of
140-decreasing priority are: Device Mapper, EVMS, LVM, MD, and finally regular
141-block devices. If this option is not specified,
139+the first device found at a given priority (but see below note about udev).
140+Device types in order of decreasing priority are: Device Mapper, EVMS, LVM, MD,
141+and finally regular block devices. If this option is not specified,
142142 .B blkid
143143 will print all of the devices that match the search parameter.
144+.sp
145+This option forces
146+.B blkid
147+to use udev when used for LABEL or UUID tokens in \fB\-\-match\-token\fR. The
148+goal is to provide output consistent with another utils (like mount, etc.)
149+on systems where the same tag is used for multiple devices.
144150 .TP
145151 \fB\-L\fR, \fB\-\-label\fR \fIlabel\fR
146152 Look up the device that uses this filesystem \fIlabel\fR; this is equal to
147-.BR "--list-one --output device --match-token LABEL=\fIlabel\fR" .
153+.BR "\-\-list-one \-\-output device \-\-match-token LABEL=\fIlabel\fR" .
148154 This lookup method is able to reliably use /dev/disk/by-label
149155 udev symlinks (dependent on a setting in /etc/blkid.conf). Avoid using the
150156 symlinks directly; it is not reliable to use the symlinks without verification.
@@ -152,9 +158,9 @@ The \fB-\-label\fR option works on systems with and without udev.
152158
153159 Unfortunately, the original
154160 .BR blkid (8)
155-from e2fsprogs uses the \fB-L\fR option as a
156-synonym for \fB-o list\fR. For better portability, use \fB-l -o device
157--t LABEL=\fIlabel\fR and \fB-o list\fR in your scripts rather than the \fB-L\fR option.
161+from e2fsprogs uses the \fB\-L\fR option as a
162+synonym for \fB\-o list\fR. For better portability, use \fB\-l \-o device
163+\-t LABEL=\fIlabel\fR and \fB\-o list\fR in your scripts rather than the \fB\-L\fR option.
158164 .TP
159165 \fB\-n\fR, \fB\-\-match\-types\fR \fIlist\fR
160166 Restrict the probing functions to the specified (comma-separated) \fIlist\fR of
@@ -162,18 +168,18 @@ superblock types (names).
162168 The list items may be prefixed with "no" to specify the types which should be ignored.
163169 For example:
164170 .sp
165- blkid --probe --match-types vfat,ext3,ext4 /dev/sda1
171+ blkid \-\-probe \-\-match-types vfat,ext3,ext4 /dev/sda1
166172 .sp
167173 probes for vfat, ext3 and ext4 filesystems, and
168174 .sp
169- blkid --probe --match-types nominix /dev/sda1
175+ blkid \-\-probe \-\-match-types nominix /dev/sda1
170176 .sp
171177 probes for all supported formats except minix filesystems.
172178 This option is only useful together with \fB\-\-probe\fR.
173179 .TP
174180 \fB\-o\fR, \fB\-\-output\fR \fIformat\fR
175181 Use the specified output format. Note that the order of variables and
176-devices is not fixed. See also option \fB-s\fR. The
182+devices is not fixed. See also option \fB\-s\fR. The
177183 .I format
178184 parameter may be:
179185 .RS
@@ -265,11 +271,11 @@ Restrict the probing functions to the specified (comma-separated) \fIlist\fR of
265271 Supported usage types are: filesystem, raid, crypto and other. The list items may be
266272 prefixed with "no" to specify the usage types which should be ignored. For example:
267273 .sp
268- blkid --probe --usages filesystem,other /dev/sda1
274+ blkid \-\-probe \-\-usages filesystem,other /dev/sda1
269275 .sp
270-probes for all filesystem and other (e.g. swap) formats, and
276+probes for all filesystem and other (e.g., swap) formats, and
271277 .sp
272- blkid --probe --usages noraid /dev/sda1
278+ blkid \-\-probe \-\-usages noraid /dev/sda1
273279 .sp
274280 probes for all supported formats except RAIDs.
275281 This option is only useful together with \fB\-\-probe\fR.
--- /dev/null
+++ b/manual/util-linux/po4a/man8/blkid.patch
@@ -0,0 +1,147 @@
1+--- blkid.8.orig 2020-10-08 11:30:27.967525747 +0900
2++++ blkid.8 2020-10-08 11:41:53.473129837 +0900
3+@@ -1,11 +1,23 @@
4+ .\" Copyright 2000 Andreas Dilger (adilger@turbolinux.com)
5+ .\"
6+ .\" This file may be copied under the terms of the GNU Public License.
7++.\"
8+ .\"*******************************************************************
9+ .\"
10+ .\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
11+ .\"
12+ .\"*******************************************************************
13++.\"
14++.\" Japanese Version Copyright (c) 2004-2005 Yuichi SATO,
15++.\" and 2020 Yoichi Chonan,
16++.\" all rights reserved.
17++.\" Translated Sun Mar 7 00:00:12 JST 2004
18++.\" by Yuichi SATO <ysato444@yahoo.co.jp>
19++.\" Updated & Modified Sat Apr 30 07:25:35 JST 2005 by Yuichi SATO
20++.\" Updated & Modified Tue Dec 20 05:57:54 JST 2005 by Yuichi SATO
21++.\" Updated & Modified (util-linux 2.35.2) Sat Oct 3 08:33:58 JST 2020
22++.\" By Yoichi Chonan <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>
23++.\"
24+ .TH BLKID 8 "March 2013" util\-linux "System Administration"
25+ .SH 名前
26+ blkid \- ブロックデバイスの属性を検索/表示する
27+@@ -26,6 +38,11 @@
28+ .IP \fBblkid\fP
29+ \fB\-\-info\fP [\fB\-\-output\fP \fIformat\fP] [\fB\-\-match\-tag\fP \fItag\fP] \fIdevice\fP ...
30+
31++.SH 読者へのご注意
32++これは util-linux 版の \fBblkid\fP コマンドのマニュアルである。\fBblkid\fP
33++は、以前は e2fsprogs パッケージの一部だったが、現在では util-linux
34++パッケージにも属している。util-linux 版は e2fsprogs
35++版を元にしているとは言え、全く同じではない。
36+ .SH 説明
37+ \fBblkid\fP プログラムは、\fBlibblkid\fP(3)
38+ ライブラリを利用するためのコマンドライン・インターフェースである。\fBblkid\fP
39+@@ -102,6 +119,14 @@
40+ I/O リミット (I/O トポロジーとも言う) について情報を表示する。'export'
41+ 出力フォーマットが自動的に有効になる。このオプションは、\fB\-\-probe\fP
42+ オプションと合わせて使うことができる。
43++.RS
44++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
45++\&'export' フォーマットというのは、要するに NAME=value の対を
46++1 行に 1 個ずつ表示することである。以前の \fBblkid\fP では、\fB\-i\fP
47++オプションで確かに 1 行 1 トークンになったのだが、最近の \fBblkid \-\-info\fP
48++では、1 行 1 トークンにならないようだ。すなわち、\fB\-\-info\fP
49++(\fB\-i\fP) で 'export' フォーマットは自動的に有効にならないらしい。
50++.RE
51+ .TP
52+ \fB\-k\fP, \fB\-\-list\-filesystems\fP
53+ フィルシステムと RAID について、既知のタイプをすべて列挙して、終了する。
54+@@ -122,6 +147,25 @@
55+ システムが複数のデバイスに対して同名のタグを使用している場合に、
56+ 出力を他のユーティリティと (たとえば、mount などと)
57+ 矛盾しないようにするためである。
58++.RS
59++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
60++1 番目のパラグラフの「検索に udev
61++を使用する場合 ...」という訳は、訳者による補足訳である。原文は、"but see
62++below note about udev" としか言っていない。訳者としては、\fB\-\-label\fP
63++の説明や、「\fB設定ファイル\fP」セクションの \fIEVALUATE=<methods>\fP
64++の説明と読み合わせて、これは「検索に udev を使用する、すなわち /dev/disk/by\-*
65++以下のシムリンクを使用する場合については、以下の追加説明を見よ」と言っているのだと考える。
66++シムリンク (のみ) を使用する場合は、
67++検索条件に一致するデバイスは、当然ながらリンク先一つしかなく、udev
68++のシムリンクを使用するアプリケーション間で同一なわけである。
69++ただし、こうした解釈は、訳者の推測に過ぎない。間違っているかもしれない。
70++.sp
71++なお、当方のバージョン 2.35.2 では、\fB\-\-match\-token\fP に LABEL=
72++を指定した場合、udev を使用させる、すなわち、同名の LABEL
73++を持つデバイスが複数あったときに、/dev/disk/by-label
74++中のシムリンクの参照先を報告させるには、\fB\-l\fP だけでなく
75++\fB\-o device\fP も必要だった。お手元でも確かめていただきたい。
76++.RE
77+ .TP
78+ \fB\-L\fP, \fB\-\-label\fP \fIlabel\fP
79+ ファイルシステムのラベル (訳注: ボリューム名とも言う) に \fIlabel\fP
80+@@ -133,11 +177,21 @@
81+ 現状を確認せずにこうしたシムリンクを使用するのは、信用できないからである。
82+ なお、この \fB\-\-label\fP オプションは、システムが udev
83+ を使っているかいないかにかかわらず、問題なく動作する。
84+-
85++.RS
86++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
87++「/dev/disk/by-label にある udev
88++のシムリンクを信用して使用できるのは、/etc/blkid.conf
89++の設定次第だ」というのは、SEND_UEVENT=<yes|not> の値次第ということだ。それが
90++yes ならば、必要に応じて現状が反映されるので、udev
91++のシムリンクが信用できることになる。「\fB設定ファイル\fP」セクションを参照していただきたい。
92++.RE
93++.PP
94++.RS
95+ 困ったことに e2fsprogs 所収のオリジナルの \fBblkid\fP(8) は、\fB\-L\fP
96+ オプションを \fB\-o list\fP の同義語として使っている。
97+ スクリプトの使い回しが利くようにしたいのなら、スクリプト中では \fB\-L\fP オプションよりも
98+ \fB\-l \-o device \-t LABEL=\fP\fIlabel\fP や \fB\-o list\fP を使った方がよい。
99++.RE
100+ .TP
101+ \fB\-n\fP, \fB\-\-match\-types\fP \fIlist\fP
102+ 精査機能 (訳注: \fB\-\-probe\fP を参照) の使用を、コンマ区切りのリスト \fIlist\fP
103+@@ -148,13 +202,23 @@
104+ .sp
105+ 上のコマンドは、vfat, ext3, ext4 のファイルシステムに対して low\-level
106+ 精査を行う。
107+-.sp
108++.RS
109++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
110++この場合なら、スーパーブロックの情報をいくつか追加表示する。
111++なお、このオプションの働きは、あくまでも low\-level
112++精査の対象に指定すること (あるいは、そこから外すこと) であって、
113++他のタイプだからと言って、情報の取得・表示を全くしなくなるわけではない。
114++その点は、\fB\-\-usages\fP も同様である。
115++.RE
116++.PP
117++.RS
118+ blkid \-\-probe \-\-match\-types nominix /dev/sda1
119+ .sp
120+ こちらは、minix
121+ ファイルシステム以外の、サポートされているすべてのファイルシステムに対して
122+ low\-level 精査を行う。なお、この \fB\-\-match\-types\fP
123+ オプションが役に立つのは、\fB\-\-probe\fP と一緒に使ったときだけである。
124++.RE
125+ .TP
126+ \fB\-o\fP, \fB\-\-output\fP \fIformat\fP
127+ 指定した出力フォーマットを使用する。なお、変数やデバイスの出力順は固定していない。
128+@@ -221,6 +285,19 @@
129+ を付けずに実行したときのタグ名と異なっていることもある
130+ (たとえば、PART_ENTRY_UUID= と PARTUUID=)。
131+ \fB\-\-no\-part\-details\fP の項もご覧いただきたい。
132++.RS
133++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
134++この説明には、紛らわしいことが二つある。一つは、PTTYPE
135++タグが表示されるのは、\fIdevice\fP にパーティションではなく、
136++/dev/sda のようなディスクを指定した場合であるということ
137++(\fB\-\-probe\fP オプションを指定する、しないは関係ない)。
138++/dev/sda1 のようなパーティションを指定した場合は、同じ情報が
139++PART_ENTRY_SCHEME タグに表示される。
140++.sp
141++もう一つは、\fB\-\-probe\fP
142++を指定しないでも、スーパーブロック中の情報のいくつかは表示されるということ。
143++\fB\-\-probe\fP を指定すると、ファイルシステムに関して表示される情報が増えるのである。
144++.RE
145+ .TP
146+ \fB\-s\fP, \fB\-\-match\-tag\fP \fItag\fP
147+ (指定された) 各デバイスについて、\fItag\fP に一致するタグのみを表示する。\fB\-\-match\-tag\fP
--- /dev/null
+++ b/manual/util-linux/po4a/man8/blkid.po
@@ -0,0 +1,930 @@
1+# SOME DESCRIPTIVE TITLE
2+# Copyright (C) YEAR Free Software Foundation, Inc.
3+# This file is distributed under the same license as the PACKAGE package.
4+# FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR.
5+#
6+msgid ""
7+msgstr ""
8+"Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
9+"POT-Creation-Date: 2020-07-13 20:25+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2020-10-08 11:26+0900\n"
11+"Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
12+"Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
13+"Language: \n"
14+"MIME-Version: 1.0\n"
15+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
16+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
17+
18+#. type: TH
19+#: ./blkid.man:4
20+#, no-wrap
21+msgid "BLKID"
22+msgstr "BLKID"
23+
24+#. type: TH
25+#: ./blkid.man:4
26+#, no-wrap
27+msgid "March 2013"
28+msgstr "March 2013"
29+
30+#. type: TH
31+#: ./blkid.man:4
32+#, no-wrap
33+msgid "util-linux"
34+msgstr "util-linux"
35+
36+#. type: TH
37+#: ./blkid.man:4
38+#, no-wrap
39+msgid "System Administration"
40+msgstr "System Administration"
41+
42+#. type: SH
43+#: ./blkid.man:5
44+#, no-wrap
45+msgid "NAME"
46+msgstr "名前"
47+
48+#. type: Plain text
49+#: ./blkid.man:7
50+msgid "blkid - locate/print block device attributes"
51+msgstr "blkid - ブロックデバイスの属性を検索/表示する"
52+
53+#. type: SH
54+#: ./blkid.man:7
55+#, no-wrap
56+msgid "SYNOPSIS"
57+msgstr "書式"
58+
59+#. type: IP
60+#: ./blkid.man:8 ./blkid.man:13 ./blkid.man:25 ./blkid.man:41
61+#, no-wrap
62+msgid "B<blkid>"
63+msgstr "B<blkid>"
64+
65+#. type: Plain text
66+#: ./blkid.man:12
67+msgid "B<--label>I< label> | B<--uuid>I< uuid>"
68+msgstr "B<--label>I< label> | B<--uuid>I< uuid>"
69+
70+#. type: Plain text
71+#: ./blkid.man:24
72+msgid ""
73+"[B<--no-encoding> B<--garbage-collect --list-one --cache-file> I<file>] "
74+"[B<--output> I<format>] [B<--match-tag> I<tag>] [B<--match-token> "
75+"I<NAME=value>] [I<device> ...]"
76+msgstr "[B<--no-encoding> B<--garbage-collect --list-one --cache-file> I<file>] [B<--output> I<format>] [B<--match-tag> I<tag>] [B<--match-token> I<NAME=value>] [I<device> ...]"
77+
78+#. type: Plain text
79+#: ./blkid.man:40
80+msgid ""
81+"B<--probe> [B<--offset> I<offset>] [B<--output> I<format>] [B<--size> "
82+"I<size>] [B<--match-tag> I<tag>] [B<--match-types> I<list>] [B<--usages> "
83+"I<list>] [B<--no-part-details>] I<device> ..."
84+msgstr "B<--probe> [B<--offset> I<offset>] [B<--output> I<format>] [B<--size> I<size>] [B<--match-tag> I<tag>] [B<--match-types> I<list>] [B<--usages> I<list>] [B<--no-part-details>] I<device> ..."
85+
86+#. type: Plain text
87+#: ./blkid.man:47
88+msgid "B<--info> [B<--output> I<format>] [B<--match-tag> I<tag>] I<device> ..."
89+msgstr "B<--info> [B<--output> I<format>] [B<--match-tag> I<tag>] I<device> ..."
90+
91+#. type: SH
92+#: ./blkid.man:48
93+#, no-wrap
94+msgid "DESCRIPTION"
95+msgstr "説明"
96+
97+#. type: Plain text
98+#: ./blkid.man:56
99+msgid ""
100+"The B<blkid> program is the command-line interface to working with the "
101+"B<libblkid>(3) library. It can determine the type of content (e.g., "
102+"filesystem or swap) that a block device holds, and also the attributes "
103+"(tokens, NAME=value pairs) from the content metadata (e.g., LABEL or UUID "
104+"fields)."
105+msgstr ""
106+"B<blkid> プログラムは、B<libblkid>(3)\n"
107+"ライブラリを利用するためのコマンドライン・インターフェースである。B<blkid>\n"
108+"は、ブロックデバイスの中身がどんなタイプか (たとえば、ファイルシステムか、スワップか)\n"
109+"を判定することができる。また、ブロックデバイスの中身のメタデータ\n"
110+"(たとえば、LABEL や UUID といったフィールド) を調べて、どんな属性\n"
111+"(トークン、NAME=value の対) を持っているかを特定することもできる。\n"
112+
113+#. type: Plain text
114+#: ./blkid.man:62
115+msgid ""
116+"B<It is recommended to use> B<lsblk>(8) B<command to get information about "
117+"block devices, or lsblk --fs to get an overview of filesystems, or> "
118+"B<findmnt>(8) B<to search in already mounted filesystems.>"
119+msgstr ""
120+"B<ブロックデバイスについて情報を取得するには、>B<lsblk>(8)\n"
121+"B<の使用をお勧めする。デバイス中のファイルシステム群の概要を知るには、lsblk --fs\n"
122+"が便利である。すでにマウント済みのファイルシステムを調べるには、>B<findmnt>(8)\n"
123+"B<を使うとよい。>\n"
124+
125+#. type: Plain text
126+#: ./blkid.man:72
127+msgid ""
128+"B<lsblk>(8) provides more information, better control on output formatting, "
129+"easy to use in scripts and it does not require root permissions to get "
130+"actual information. B<blkid> reads information directly from devices and "
131+"for non-root users it returns cached unverified information. B<blkid> is "
132+"mostly designed for system services and to test libblkid functionality."
133+msgstr ""
134+"B<lsblk>(8) の方が提供する情報も多いし、出力形式の制御もしやすく、\n"
135+"スクリプト中でも使いやすい。また、現時点での情報を得るのに、ルート権限を必要としない。\n"
136+"B<blkid> の方は、情報をデバイスから直接読み込むので、ルート以外のユーザに対しては、\n"
137+"キャッシュした情報、すなわち、最新であることの保証のない情報を返すことになる。\n"
138+"B<blkid> の主な用途は、システム管理で使用することと、libblkid\n"
139+"の機能をテストすることなのである。\n"
140+
141+#. type: Plain text
142+#: ./blkid.man:84
143+msgid ""
144+"When I<device> is specified, tokens from only this device are displayed. It "
145+"is possible to specify multiple I<device> arguments on the command line. If "
146+"none is given, all partitions or unpartitioned devices which appear in "
147+"I</proc/partitions> are shown, if they are recognized."
148+msgstr ""
149+"I<device> を指定すると、そのデバイスのトークンのみが表示される。\n"
150+"複数の I<device> をコマンドラインで引き数に指定してもよい。\n"
151+"I<device> を一つも指定しない場合は、I</proc/partitions>\n"
152+"に記載されている、すべてのパーティションやパーティション分割されていないデバイスのうち、\n"
153+"認識されたものが表示される。\n"
154+
155+#. type: Plain text
156+#: ./blkid.man:89
157+msgid ""
158+"B<blkid> has two main forms of operation: either searching for a device with "
159+"a specific NAME=value pair, or displaying NAME=value pairs for one or more "
160+"specified devices."
161+msgstr ""
162+"B<blkid> には、主な仕事が二つある。特定の NAME=value\n"
163+"の対を属性に持つデバイスを捜し出すことと、指定された一つ以上のデバイスについて\n"
164+"NAME=valeu の対を表示することである。\n"
165+
166+#. type: Plain text
167+#: ./blkid.man:98
168+msgid ""
169+"For security reasons B<blkid> silently ignores all devices where the probing "
170+"result is ambivalent (multiple colliding filesystems are detected). The "
171+"low-level probing mode (B<-p>) provides more information and extra return "
172+"code in this case. It's recommended to use B<wipefs>(8) to get a detailed "
173+"overview and to erase obsolete stuff (magic strings) from the device."
174+msgstr ""
175+"セキュリティ上の理由から、B<blkid> は、検出結果に相反するものがあった場合には\n"
176+"(複数の相矛盾するファイルシステムが検出された場合などは)、\n"
177+"警告も出さずに、そうしたデバイスをすべて無視する。そうした場合に\n"
178+"low-level 精査モード (B<-p>)\n"
179+"を使用すると、より多くの情報が得られるし、リターンコードも特別なものになる。\n"
180+"デバイスの詳しい全体像をつかんだり、デバイスから古くなったもの\n"
181+"(古いマジックストリング) を削除したりするには、B<wipefs>(8) を使用するとよい。\n"
182+
183+#. type: SH
184+#: ./blkid.man:99
185+#, no-wrap
186+msgid "OPTIONS"
187+msgstr "オプション"
188+
189+#. type: Plain text
190+#: ./blkid.man:104
191+msgid ""
192+"The I<size> and I<offset> arguments may be followed by the multiplicative "
193+"suffixes like KiB (=1024), MiB (=1024*1024), and so on for GiB, TiB, PiB, "
194+"EiB, ZiB and YiB (the \"iB\" is optional, e.g., \"K\" has the same meaning "
195+"as \"KiB\"), or the suffixes KB (=1000), MB (=1000*1000), and so on for GB, "
196+"TB, PB, EB, ZB and YB."
197+msgstr ""
198+"I<size> や I<offset> という引き数の後ろには、KiB (=1024), MiB (=1024*1024)\n"
199+"のような乗数を表す接尾辞を続けることができる。GiB, TiB, PiB, EiB, ZiB, YiB\n"
200+"も同様に使える (\"iB\" を続けるのは任意であり、たとえば、\"K\" は \"KiB\"\n"
201+"と同じ意味である)。あるいは、KB (=1000), MB (=1000*1000)\n"
202+"といった接尾辞を付けてもよい。GB, TB, PB, EB, ZB, YB も同様に使える。\n"
203+
204+#. type: TP
205+#: ./blkid.man:104
206+#, no-wrap
207+msgid "B<-c>, B<--cache-file> I<cachefile>"
208+msgstr "B<-c>, B<--cache-file> I<cachefile>"
209+
210+#. type: Plain text
211+#: ./blkid.man:112
212+msgid ""
213+"Read from I<cachefile> instead of reading from the default cache file (see "
214+"the CONFIGURATION FILE section for more details). If you want to start with "
215+"a clean cache (i.e., don't report devices previously scanned but not "
216+"necessarily available at this time), specify I</dev/null>."
217+msgstr ""
218+"デフォルトのキャシュファイルではなく、I<cachefile> から情報を読み込む\n"
219+"(詳細については、「設定ファイル」セクションを参照していただきたい)。\n"
220+"キャッシュを白紙の状態にして、コマンドを実行したいのなら\n"
221+"(すなわち、以前スキャンしたことがあっても、\n"
222+"現時点で使用できるとはかぎらないデバイスについて、報告しないようにするには)、I<cashefile>\n"
223+"に I</dev/null> を指定するとよい。\n"
224+
225+#. type: TP
226+#: ./blkid.man:112
227+#, no-wrap
228+msgid "B<-d>, B<--no-encoding>"
229+msgstr "B<-d>, B<--no-encoding>"
230+
231+#. type: Plain text
232+#: ./blkid.man:117
233+msgid ""
234+"Don't encode non-printing characters. The non-printing characters are "
235+"encoded by ^ and M- notation by default. Note that the B<--output udev> "
236+"output format uses a different encoding which cannot be disabled."
237+msgstr ""
238+"非表示文字をエンコードしない。デフォルトでは、非表示文字は ^ や\n"
239+"M- を使う表記法でエンコードされるのである。なお、B<--output udev>\n"
240+"の出力フォーマットでは、別のエンコード方式を使っており、こちらは無効にできない。\n"
241+
242+#. type: TP
243+#: ./blkid.man:117
244+#, no-wrap
245+msgid "B<-D>, B<--no-part-details>"
246+msgstr "B<-D>, B<--no-part-details>"
247+
248+#. type: Plain text
249+#: ./blkid.man:120
250+msgid ""
251+"Don't print information (PART_ENTRY_* tags) from partition table in "
252+"low-level probing mode."
253+msgstr ""
254+"low-level 精査モードのとき、パーティションテーブルから取得した情報\n"
255+"(PART_ENTRY_* というタグ) を表示しない。\n"
256+
257+#. type: TP
258+#: ./blkid.man:120
259+#, no-wrap
260+msgid "B<-g>, B<--garbage-collect>"
261+msgstr "B<-g>, B<--garbage-collect>"
262+
263+#. type: Plain text
264+#: ./blkid.man:124
265+msgid ""
266+"Perform a garbage collection pass on the blkid cache to remove devices which "
267+"no longer exist."
268+msgstr ""
269+"もはや存在していないデバイスを除去するために、blkid\n"
270+"キャッシュに対してガーベッジコレクション操作を行う。\n"
271+
272+#. type: TP
273+#: ./blkid.man:124
274+#, no-wrap
275+msgid "B<-h>, B<--help>"
276+msgstr "B<-h>, B<--help>"
277+
278+#. type: Plain text
279+#: ./blkid.man:127
280+msgid "Display a usage message and exit."
281+msgstr "使用法を表示して終了する。"
282+
283+#. type: TP
284+#: ./blkid.man:127
285+#, no-wrap
286+msgid "B<-i>, B<--info>"
287+msgstr "B<-i>, B<--info>"
288+
289+#. type: Plain text
290+#: ./blkid.man:131
291+msgid ""
292+"Display information about I/O Limits (aka I/O topology). The 'export' "
293+"output format is automatically enabled. This option can be used together "
294+"with the B<--probe> option."
295+msgstr ""
296+"I/O リミット (I/O トポロジーとも言う) について情報を表示する。'export'\n"
297+"出力フォーマットが自動的に有効になる。このオプションは、B<--probe>\n"
298+"オプションと合わせて使うことができる。\n"
299+
300+#. type: TP
301+#: ./blkid.man:131
302+#, no-wrap
303+msgid "B<-k>, B<--list-filesystems>"
304+msgstr "B<-k>, B<--list-filesystems>"
305+
306+#. type: Plain text
307+#: ./blkid.man:134
308+msgid "List all known filesystems and RAIDs and exit."
309+msgstr "フィルシステムと RAID について、既知のタイプをすべて列挙して、終了する。"
310+
311+#. type: TP
312+#: ./blkid.man:134
313+#, no-wrap
314+msgid "B<-l>, B<--list-one>"
315+msgstr "B<-l>, B<--list-one>"
316+
317+#. type: Plain text
318+#: ./blkid.man:144
319+msgid ""
320+"Look up only one device that matches the search parameter specified with the "
321+"B<--match-token> option. If there are multiple devices that match the "
322+"specified search parameter, then the device with the highest priority is "
323+"returned, and/or the first device found at a given priority (but see below "
324+"note about udev). Device types in order of decreasing priority are: Device "
325+"Mapper, EVMS, LVM, MD, and finally regular block devices. If this option is "
326+"not specified, B<blkid> will print all of the devices that match the search "
327+"parameter."
328+msgstr ""
329+"B<--match-token>\n"
330+"オプションで指定した検索パラメータに一致するデバイスを、一つだけ見つけ出す。\n"
331+"検索パラメータに一致するデバイスがいくつもあった場合は、最も優先順位が高いデバイスを報告し、\n"
332+"同じ優先順位の中では、最初に見つかったデバイスを報告する (ただし、検索に udev\n"
333+"を使用する場合もあり、それについては、次のパラグラフをお読みいただきたい)。\n"
334+"デバイスのタイプを優先順位の高い方から並べると、デバイスマッパー, EVMS, LVM, MD\n"
335+"の順になり、最後に普通のブロックデバイスが来る。このオプションが指定されていない場合、\n"
336+"B<blkid> は、検索パラメータに一致したデバイスをすべて表示することになる。\n"
337+
338+#. type: Plain text
339+#: ./blkid.man:150
340+msgid ""
341+"This option forces B<blkid> to use udev when used for LABEL or UUID tokens "
342+"in B<--match-token>. The goal is to provide output consistent with another "
343+"utils (like mount, etc.) on systems where the same tag is used for multiple "
344+"devices."
345+msgstr ""
346+"このオプションを B<--match-token> で LABEL や UUID\n"
347+"のトークンを指定した場合に使うと、強制的に B<blkid> に\n"
348+"udev を使用させることになる。そのように、検索に udev を使用させるのは、\n"
349+"システムが複数のデバイスに対して同名のタグを使用している場合に、\n"
350+"出力を他のユーティリティと (たとえば、mount などと)\n"
351+"矛盾しないようにするためである。\n"
352+
353+#. type: TP
354+#: ./blkid.man:150
355+#, no-wrap
356+msgid "B<-L>, B<--label> I<label>"
357+msgstr "B<-L>, B<--label> I<label>"
358+
359+#. type: Plain text
360+#: ./blkid.man:158
361+msgid ""
362+"Look up the device that uses this filesystem I<label>; this is equal to "
363+"B<--list-one --output device --match-token LABEL=>I<label>. This lookup "
364+"method is able to reliably use /dev/disk/by-label udev symlinks (dependent "
365+"on a setting in /etc/blkid.conf). Avoid using the symlinks directly; it is "
366+"not reliable to use the symlinks without verification. The B<--label> "
367+"option works on systems with and without udev."
368+msgstr ""
369+"ファイルシステムのラベル (訳注: ボリューム名とも言う) に I<label>\n"
370+"を使用しているデバイスを見つけ出す。これは、B<--list-one --output device\n"
371+"--match-token LABEL=>I<label> と同じことである。\n"
372+"ここで使われる検索メソッドでは、/dev/disk/by-label にある udev\n"
373+"のシムリンクを信用して使用することができる (もっとも、/etc/blkid.conf\n"
374+"の設定次第だが)。一般にこうしたシムリンクを不用意に使うのは避けた方がよい。\n"
375+"現状を確認せずにこうしたシムリンクを使用するのは、信用できないからである。\n"
376+"なお、この B<--label> オプションは、システムが udev\n"
377+"を使っているかいないかにかかわらず、問題なく動作する。\n"
378+
379+#. type: Plain text
380+#: ./blkid.man:164
381+msgid ""
382+"Unfortunately, the original B<blkid>(8) from e2fsprogs uses the B<-L> "
383+"option as a synonym for B<-o list>. For better portability, use B<-l -o "
384+"device -t LABEL=>I<label> and B<-o list> in your scripts rather than the "
385+"B<-L> option."
386+msgstr ""
387+"困ったことに e2fsprogs 所収のオリジナルの B<blkid>(8) は、B<-L>\n"
388+"オプションを B<-o list> の同義語として使っている。\n"
389+"スクリプトの使い回しが利くようにしたいのなら、スクリプト中では B<-L> オプションよりも\n"
390+"B<-l -o device -t LABEL=>I<label> や B<-o list> を使った方がよい。\n"
391+
392+#. type: TP
393+#: ./blkid.man:164
394+#, no-wrap
395+msgid "B<-n>, B<--match-types> I<list>"
396+msgstr "B<-n>, B<--match-types> I<list>"
397+
398+#. type: Plain text
399+#: ./blkid.man:170
400+msgid ""
401+"Restrict the probing functions to the specified (comma-separated) I<list> of "
402+"superblock types (names). The list items may be prefixed with \"no\" to "
403+"specify the types which should be ignored. For example:"
404+msgstr ""
405+"精査機能 (訳注: B<--probe> を参照) の使用を、コンマ区切りのリスト I<list>\n"
406+"で指定したスーパーブロックのタイプ (名前) に限定する。リストの項目の前に \"no\"\n"
407+"を付ければ、無視すべきタイプを指定することになる。例を挙げよう。\n"
408+
409+#. type: Plain text
410+#: ./blkid.man:172
411+#, no-wrap
412+msgid " blkid --probe --match-types vfat,ext3,ext4 /dev/sda1\n"
413+msgstr " blkid --probe --match-types vfat,ext3,ext4 /dev/sda1\n"
414+
415+#. type: Plain text
416+#: ./blkid.man:174
417+msgid "probes for vfat, ext3 and ext4 filesystems, and"
418+msgstr ""
419+"上のコマンドは、vfat, ext3, ext4 のファイルシステムに対して low-level\n"
420+"精査を行う。\n"
421+
422+#. type: Plain text
423+#: ./blkid.man:176
424+#, no-wrap
425+msgid " blkid --probe --match-types nominix /dev/sda1\n"
426+msgstr " blkid --probe --match-types nominix /dev/sda1\n"
427+
428+#. type: Plain text
429+#: ./blkid.man:179
430+msgid ""
431+"probes for all supported formats except minix filesystems. This option is "
432+"only useful together with B<--probe>."
433+msgstr ""
434+"こちらは、minix\n"
435+"ファイルシステム以外の、サポートされているすべてのファイルシステムに対して\n"
436+"low-level 精査を行う。なお、この B<--match-types>\n"
437+"オプションが役に立つのは、B<--probe> と一緒に使ったときだけである。\n"
438+
439+#. type: TP
440+#: ./blkid.man:179
441+#, no-wrap
442+msgid "B<-o>, B<--output> I<format>"
443+msgstr "B<-o>, B<--output> I<format>"
444+
445+#. type: Plain text
446+#: ./blkid.man:185
447+msgid ""
448+"Use the specified output format. Note that the order of variables and "
449+"devices is not fixed. See also option B<-s>. The I<format> parameter may "
450+"be:"
451+msgstr ""
452+"指定した出力フォーマットを使用する。なお、変数やデバイスの出力順は固定していない。\n"
453+"B<-s> オプションも参照していただきたい。パラメータ I<format>\n"
454+"には、次のものが使用できる。\n"
455+
456+#. type: TP
457+#: ./blkid.man:186
458+#, no-wrap
459+msgid "B<full>"
460+msgstr "B<full>"
461+
462+#. type: Plain text
463+#: ./blkid.man:189
464+msgid "print all tags (the default)"
465+msgstr "すべてのタグを表示する (デフォルト)"
466+
467+#. type: TP
468+#: ./blkid.man:189
469+#, no-wrap
470+msgid "B<value>"
471+msgstr "B<value>"
472+
473+#. type: Plain text
474+#: ./blkid.man:192
475+msgid "print the value of the tags"
476+msgstr "タグの値のみを表示する"
477+
478+#. type: TP
479+#: ./blkid.man:192
480+#, no-wrap
481+msgid "B<list>"
482+msgstr "B<list>"
483+
484+#. type: Plain text
485+#: ./blkid.man:196
486+msgid ""
487+"print the devices in a user-friendly format; this output format is "
488+"unsupported for low-level probing (B<--probe> or B<--info>)."
489+msgstr ""
490+"デバイスの情報をユーザに読みやすいフォーマットで表示する。この出力フォーマットは\n"
491+"low-level 精査 (B<--probe> や B<--info>) では使用できない。\n"
492+
493+#. type: Plain text
494+#: ./blkid.man:200
495+msgid "This output format is B<DEPRECATED> in favour of the B<lsblk>(8) command."
496+msgstr "この出力フォーマットは、B<非推奨>である。B<lsblk> コマンドの使用をお勧めする。"
497+
498+#. type: TP
499+#: ./blkid.man:200
500+#, no-wrap
501+msgid "B<device>"
502+msgstr "B<device>"
503+
504+#. type: Plain text
505+#: ./blkid.man:204
506+msgid ""
507+"print the device name only; this output format is always enabled for the "
508+"B<--label> and B<--uuid> options"
509+msgstr ""
510+"デバイス名しか表示しない。この出力フォーマットは、B<--label> や B<--uuid>\n"
511+"では、常に有効になる。\n"
512+
513+#. type: TP
514+#: ./blkid.man:204
515+#, no-wrap
516+msgid "B<udev>"
517+msgstr "B<udev>"
518+
519+#. type: Plain text
520+#: ./blkid.man:211
521+msgid ""
522+"print key=\"value\" pairs for easy import into the udev environment; the "
523+"keys are prefixed by ID_FS_ or ID_PART_ prefixes. The value may be modified "
524+"to be safe for udev environment; allowed is plain ASCII, hex-escaping and "
525+"valid UTF-8, everything else (including whitespaces) is replaced with "
526+"'_'. The keys with _ENC postfix use hex-escaping for unsafe chars."
527+msgstr ""
528+"key=value の対を udev 環境にインポートしやすいように表示する\n"
529+"(訳注: key=value を 1 行に 1 個ずつ出力する)。\n"
530+"キー (key) には、ID_FS か ID_PART という接頭辞が付く。値 (value)\n"
531+"は、udev 環境で問題を起こさないように修正されることがある。\n"
532+"値に使用できるのは、プレーン ASCII と 16 進数エスケープ表記、それに有効な\n"
533+"UTF-8 であり、それ以外はすべて (ホワイトスペースも含めて) '_' で置き換えられる。\n"
534+"なお、_ENC という接尾辞が付いたキーでは、問題を起こしかねない文字に対して\n"
535+"16 進数エスケープ表記を使用している。\n"
536+
537+#. type: Plain text
538+#: ./blkid.man:215
539+msgid ""
540+"The udev output returns the ID_FS_AMBIVALENT tag if more superblocks are "
541+"detected, and ID_PART_ENTRY_* tags are always returned for all partitions "
542+"including empty partitions."
543+msgstr ""
544+"udev 出力フォーマットでは、複数の矛盾するスーパーブロックが検出された場合には、\n"
545+"ID_FS_AMBIVALENT というタグが返される。また、ID_PART_ENTRY_*\n"
546+"タグが、空のパーティションも含めて、すべてのパーティションに対して常に返される\n"
547+"(訳注: もちろん、B<--probe> を指定した場合のことである)。\n"
548+
549+#. type: Plain text
550+#: ./blkid.man:217
551+msgid "This output format is B<DEPRECATED>."
552+msgstr "この出力フォーマットは、B<非推奨>である。"
553+
554+#. type: TP
555+#: ./blkid.man:217
556+#, no-wrap
557+msgid "B<export>"
558+msgstr "B<export>"
559+
560+#. type: Plain text
561+#: ./blkid.man:221
562+msgid ""
563+"print key=value pairs for easy import into the environment; this output "
564+"format is automatically enabled when I/O Limits (B<--info> option) are "
565+"requested."
566+msgstr ""
567+"key=value の対を環境にインポートしやすいように表示する\n"
568+"(訳注: key=value を 1 行に 1 個ずつ出力する)。\n"
569+"この出力フォーマットは、I/O リミットの情報が求められた場合には\n"
570+"(すなわち、B<--info> オプションが指定された場合は)、自動的に有効になる\n"
571+"(訳注: 手元のバージョン 2.35 の B<blkid> では、自動的に有効にならないようだ)。\n"
572+
573+#. type: Plain text
574+#: ./blkid.man:224
575+msgid ""
576+"The non-printing characters are encoded by ^ and M- notation and all "
577+"potentially unsafe characters are escaped."
578+msgstr ""
579+"非表示文字は、^ や M- を使う表記法でエンコードされ、\n"
580+"問題を起こしかねない文字は、すべてエスケープされる。\n"
581+
582+#. type: TP
583+#: ./blkid.man:225
584+#, no-wrap
585+msgid "B<-O>, B<--offset> I<offset>"
586+msgstr "B<-O>, B<--offset> I<offset>"
587+
588+#. type: Plain text
589+#: ./blkid.man:229
590+msgid ""
591+"Probe at the given I<offset> (only useful with B<--probe>). This option can "
592+"be used together with the B<--info> option."
593+msgstr ""
594+"指定された I<offset> 位置を調べる (B<--probe> と一緒に使ったときのみ効果がある)。\n"
595+"このオプションは、B<--info> と一緒に使うこともできる。\n"
596+
597+#. type: TP
598+#: ./blkid.man:229
599+#, no-wrap
600+msgid "B<-p>, B<--probe>"
601+msgstr "B<-p>, B<--probe>"
602+
603+#. type: Plain text
604+#: ./blkid.man:232
605+msgid "Switch to low-level superblock probing mode (bypassing the cache)."
606+msgstr "low-level なスーパーブロック精査モードに切り換える (キャッシュはバイパスする)。"
607+
608+#. type: Plain text
609+#: ./blkid.man:238
610+msgid ""
611+"Note that low-level probing also returns information about partition table "
612+"type (PTTYPE tag) and partitions (PART_ENTRY_* tags). The tag names produced "
613+"by low-level probing are based on names used internally by libblkid and it "
614+"may be different than when executed without B<--probe> (for example "
615+"PART_ENTRY_UUID= vs PARTUUID=). See also B<--no-part-details>."
616+msgstr ""
617+"なお、low-level 精査では、(訳注:\n"
618+"ファイルシステムに関するスーパーブロックの情報だけでなく)\n"
619+"パーティションテーブルのタイプ (PTTYPE タグ) やパーティションに関する情報\n"
620+"(PART_ENTRY_* タグ) もやはり報告される。low-level 精査によって生成されるタグ名は、\n"
621+"libblkid によって内的に使用される名前に基づいているので、B<--probe>\n"
622+"を付けずに実行したときのタグ名と異なっていることもある\n"
623+"(たとえば、PART_ENTRY_UUID= と PARTUUID=)。\n"
624+"B<--no-part-details> の項もご覧いただきたい。\n"
625+
626+#. type: TP
627+#: ./blkid.man:238
628+#, no-wrap
629+msgid "B<-s>, B<--match-tag> I<tag>"
630+msgstr "B<-s>, B<--match-tag> I<tag>"
631+
632+#. type: Plain text
633+#: ./blkid.man:249
634+msgid ""
635+"For each (specified) device, show only the tags that match I<tag>. It is "
636+"possible to specify multiple B<--match-tag> options. If no tag is "
637+"specified, then all tokens are shown for all (specified) devices. In order "
638+"to just refresh the cache without showing any tokens, use B<--match-tag "
639+"none> with no other options."
640+msgstr ""
641+"(指定された) 各デバイスについて、I<tag> に一致するタグのみを表示する。B<--match-tag>\n"
642+"オプションは、複数回指定することもできる。タグの指定を全くしなかった場合は\n"
643+"(訳注: すなわち、このオプションを全く使用しなかった場合は)、(指定された)\n"
644+"すべてのデバイスについて、すべてのトークンが表示される。\n"
645+"いかなるトークンも表示せず、ただキャッシュを更新するだけなら、B<--match-tag none>\n"
646+"を、他のオプションを付けずに、使用すればよい。\n"
647+
648+#. type: TP
649+#: ./blkid.man:249
650+#, no-wrap
651+msgid "B<-S>, B<--size> I<size>"
652+msgstr "B<-S>, B<--size> I<size>"
653+
654+#. type: Plain text
655+#: ./blkid.man:252
656+msgid "Override the size of device/file (only useful with B<--probe>)."
657+msgstr ""
658+"デバイス/ファイルのサイズを変更する (B<--probe>\n"
659+"と一緒に使ったときのみ役に立つ)。"
660+
661+#. type: TP
662+#: ./blkid.man:252
663+#, no-wrap
664+msgid "B<-t>, B<--match-token> I<NAME=value>"
665+msgstr "B<-t>, B<--match-token> I<NAME=value>"
666+
667+#. type: Plain text
668+#: ./blkid.man:268
669+msgid ""
670+"Search for block devices with tokens named I<NAME> that have the value "
671+"I<value>, and display any devices which are found. Common values for "
672+"I<NAME> include B<TYPE>, B<LABEL>, and B<UUID>. If there are no devices "
673+"specified on the command line, all block devices will be searched; otherwise "
674+"only the specified devices are searched."
675+msgstr ""
676+"名前が I<NAME> で、値が I<value> のトークンを持つブロックデバイスを捜して、\n"
677+"見つかったすべてのデバイスを表示する。I<NAME> によく使われるものには、B<TYPE>,\n"
678+"B<LABEL>, B<UUID> などがある。\n"
679+"コマンドラインでデバイスを一つも指定しないと、すべてのブロックデバイスが検索される。\n"
680+"デバイスを指定した場合は、そのデバイスのみが検索される。\n"
681+
682+#. type: TP
683+#: ./blkid.man:268
684+#, no-wrap
685+msgid "B<-u>, B<--usages> I<list>"
686+msgstr "B<-u>, B<--usages> I<list>"
687+
688+#. type: Plain text
689+#: ./blkid.man:273
690+msgid ""
691+"Restrict the probing functions to the specified (comma-separated) I<list> of "
692+"\"usage\" types. Supported usage types are: filesystem, raid, crypto and "
693+"other. The list items may be prefixed with \"no\" to specify the usage "
694+"types which should be ignored. For example:"
695+msgstr ""
696+"精査機能 (訳注: B<--probe> 参照) の使用を、コンマ区切りのリスト\n"
697+"I<list> で指定した用途 (\"USAGE\")\n"
698+"のタイプに限定する。サポートされている用途のタイプには、filesystem,\n"
699+"raid, crypto, other がある。リストの項目の前に \"no\"\n"
700+"を付ければ、無視すべき用途タイプを指定することになる。例を挙げよう。\n"
701+
702+#. type: Plain text
703+#: ./blkid.man:275
704+#, no-wrap
705+msgid " blkid --probe --usages filesystem,other /dev/sda1\n"
706+msgstr " blkid --probe --usages filesystem,other /dev/sda1\n"
707+
708+#. type: Plain text
709+#: ./blkid.man:277
710+msgid "probes for all filesystem and other (e.g., swap) formats, and"
711+msgstr ""
712+"上のコマンドは、用途のタイプが filesystem や other (たとえば、swap)\n"
713+"のすべてに対して low-level 精査を行う。\n"
714+
715+#. type: Plain text
716+#: ./blkid.man:279
717+#, no-wrap
718+msgid " blkid --probe --usages noraid /dev/sda1\n"
719+msgstr " blkid --probe --usages noraid /dev/sda1\n"
720+
721+#. type: Plain text
722+#: ./blkid.man:282
723+msgid ""
724+"probes for all supported formats except RAIDs. This option is only useful "
725+"together with B<--probe>."
726+msgstr ""
727+"こちらは、RAID 以外の、サポートされている用途タイプのすべてに対して low-level\n"
728+"精査を行う。なお、この B<--usages> オプションが役に立つのは、B<--probe>\n"
729+"と一緒に使ったときだけである。\n"
730+
731+#. type: TP
732+#: ./blkid.man:282
733+#, no-wrap
734+msgid "B<-U>, B<--uuid> I<uuid>"
735+msgstr "B<-U>, B<--uuid> I<uuid>"
736+
737+#. type: Plain text
738+#: ./blkid.man:286
739+msgid ""
740+"Look up the device that uses this filesystem I<uuid>. For more details see "
741+"the B<--label> option."
742+msgstr ""
743+"ファイルシステム UUID に I<uuid> を使用しているデバイスを見つけ出す。\n"
744+"詳しいことは、B<--label> オプションを参照していただきたい。\n"
745+
746+#. type: TP
747+#: ./blkid.man:286
748+#, no-wrap
749+msgid "B<-V>, B<--version>"
750+msgstr "B<-V>, B<--version>"
751+
752+#. type: Plain text
753+#: ./blkid.man:289
754+msgid "Display version number and exit."
755+msgstr "バージョン番号を表示して終了する。"
756+
757+#. type: SH
758+#: ./blkid.man:289
759+#, no-wrap
760+msgid "RETURN CODE"
761+msgstr "リターンコード"
762+
763+#. type: Plain text
764+#: ./blkid.man:294
765+msgid ""
766+"If the specified device or device addressed by specified token (option "
767+"B<--match-token>) was found and it's possible to gather any information "
768+"about the device, an exit code 0 is returned. Note the option "
769+"B<--match-tag> filters output tags, but it does not affect return code."
770+msgstr ""
771+"指定されたデバイス、または (B<--match-token> オプションで)\n"
772+"指定されたトークンによって作業の対象になったデバイスが見つかり、\n"
773+"しかもそのデバイスについて何らかの情報が収集できたときは、終了コード 0 を返す。\n"
774+"なお、オプション B<--match-tag>\n"
775+"は、出力するタグの限定はするけれど、リターンコードには影響を及ぼさない。\n"
776+
777+#. type: Plain text
778+#: ./blkid.man:298
779+msgid ""
780+"If the specified token was not found, or no (specified) devices could be "
781+"identified, or it is impossible to gather any information about the device "
782+"identifiers or device content an exit code of 2 is returned."
783+msgstr ""
784+"指定されたトークンが見つからなかった場合、指定されたデバイスが一つも見つからなかった場合、\n"
785+"それにデバイスの識別名やデバイスの内容について情報が全く収集できなかった場合は、\n"
786+"終了コード 2 を返す。\n"
787+
788+#. type: Plain text
789+#: ./blkid.man:300
790+msgid "For usage or other errors, an exit code of 4 is returned."
791+msgstr "使用法の誤りなどに対しては、終了コード 4 を返す。"
792+
793+#. type: Plain text
794+#: ./blkid.man:303
795+msgid ""
796+"If an ambivalent probing result was detected by low-level probing mode "
797+"(B<-p>), an exit code of 8 is returned."
798+msgstr ""
799+"low-level 精査モード (B<-p>)\n"
800+"で矛盾した検査結果が出たときは、終了コード 8 を返す。\n"
801+
802+#. type: SH
803+#: ./blkid.man:303
804+#, no-wrap
805+msgid "CONFIGURATION FILE"
806+msgstr "設定ファイル"
807+
808+#. type: Plain text
809+#: ./blkid.man:308
810+msgid ""
811+"The standard location of the I</etc/blkid.conf> config file can be "
812+"overridden by the environment variable BLKID_CONF. The following options "
813+"control the libblkid library:"
814+msgstr ""
815+"標準の設定ファイルは I</etc/blkid.conf> だが、この位置は、環境変数\n"
816+"BLKID_CONF によって変更することができる。以下に挙げる設定項目は、libblkid\n"
817+"ライブラリを制御している。\n"
818+
819+#. type: TP
820+#: ./blkid.man:308
821+#, no-wrap
822+msgid "I<SEND_UEVENT=E<lt>yes|notE<gt>>"
823+msgstr "I<SEND_UEVENT=E<lt>yes|notE<gt>>"
824+
825+#. type: Plain text
826+#: ./blkid.man:313
827+msgid ""
828+"Sends uevent when I</dev/disk/by-{label,uuid,partuuid,partlabel}/> symlink "
829+"does not match with LABEL, UUID, PARTUUID or PARTLABEL on the device. "
830+"Default is \"yes\"."
831+msgstr ""
832+"I</dev/disk/by-{label,uuid,partuuid,partlabel}/>\n"
833+"にあるシムリンクが、デバイスの LABEL, UUID, PARTUUID, PARTLABEL\n"
834+"と一致していない場合に、uevent を送出する。デフォルトは \"yes\" である。\n"
835+
836+#. type: TP
837+#: ./blkid.man:313
838+#, no-wrap
839+msgid "I<CACHE_FILE=E<lt>pathE<gt>>"
840+msgstr "I<CACHE_FILE=E<lt>pathE<gt>>"
841+
842+#. type: Plain text
843+#: ./blkid.man:321
844+msgid ""
845+"Overrides the standard location of the cache file. This setting can be "
846+"overridden by the environment variable BLKID_FILE. Default is "
847+"I</run/blkid/blkid.tab>, or I</etc/blkid.tab> on systems without a /run "
848+"directory."
849+msgstr ""
850+"キャッシュファイルの位置を標準から変更する。この設定は、環境変数\n"
851+"BLKID_FILE によって上書きすることができる。デフォルトは、普通\n"
852+"I</run/blkid/blkid.tab> だが、/run ディレクトのないシステムでは\n"
853+"I</etc/blkid.tab> になる。\n"
854+
855+#. type: TP
856+#: ./blkid.man:321
857+#, no-wrap
858+msgid "I<EVALUATE=E<lt>methodsE<gt>>"
859+msgstr "I<EVALUATE=E<lt>methodsE<gt>>"
860+
861+#. type: Plain text
862+#: ./blkid.man:330
863+msgid ""
864+"Defines LABEL and UUID evaluation method(s). Currently, the libblkid "
865+"library supports the \"udev\" and \"scan\" methods. More than one method "
866+"may be specified in a comma-separated list. Default is \"udev,scan\". The "
867+"\"udev\" method uses udev I</dev/disk/by-*> symlinks and the \"scan\" method "
868+"scans all block devices from the I</proc/partitions> file."
869+msgstr ""
870+"LABEL や UUID からデバイスを特定するためのメソッド (LABEL and UUID\n"
871+"evaluation method) を指定する。現在のところ、libblkid\n"
872+"ライブラリは、\"udev\" と \"scan\" という二つのメソッドをサポートしている。\n"
873+"一つ以上のメソッドを、コンマで区切ったリスト形式で指定してもよい。\n"
874+"デフォルトは、\"udev,scan\" である。\"udev\" メソッドが、I</dev/disk/by-*>\n"
875+"にある udev のシムリンクを使用するのに対して、\"scan\"\n"
876+"メソッドは、ファイル I</proc/partitions>\n"
877+"を読んで、記載されているすべてのブロックデバイスをスキャンする。\n"
878+
879+#. type: SH
880+#: ./blkid.man:330
881+#, no-wrap
882+msgid "AUTHOR"
883+msgstr "作者"
884+
885+#. type: Plain text
886+#: ./blkid.man:334
887+msgid ""
888+"B<blkid> was written by Andreas Dilger for libblkid and improved by Theodore "
889+"Ts'o and Karel Zak."
890+msgstr ""
891+"B<blkid> は libblkid のために Andreas Dilger によって書かれ、Theodore Ts'o\n"
892+"と Karel Zak によって改良された。\n"
893+
894+#. type: SH
895+#: ./blkid.man:334
896+#, no-wrap
897+msgid "ENVIRONMENT"
898+msgstr "環境変数"
899+
900+#. type: IP
901+#: ./blkid.man:335
902+#, no-wrap
903+msgid "Setting LIBBLKID_DEBUG=all enables debug output."
904+msgstr "LIBBLKID_DEBUG=all と設定すると、デバッグ出力が有効になる。"
905+
906+#. type: SH
907+#: ./blkid.man:336
908+#, no-wrap
909+msgid "SEE ALSO"
910+msgstr "関連項目"
911+
912+#. type: Plain text
913+#: ./blkid.man:341
914+msgid "B<libblkid>(3), B<findfs>(8), B<lsblk>(8), B<wipefs>(8)"
915+msgstr "B<libblkid>(3), B<findfs>(8), B<lsblk>(8), B<wipefs>(8)"
916+
917+#. type: SH
918+#: ./blkid.man:341
919+#, no-wrap
920+msgid "AVAILABILITY"
921+msgstr "入手方法"
922+
923+#. type: Plain text
924+#: ./blkid.man:343
925+msgid ""
926+"The blkid command is part of the util-linux package and is available from "
927+"https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/."
928+msgstr ""
929+"この blkid コマンドは、util-linux パッケージの一部であり、\n"
930+"https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/ から入手できる。\n"
--- /dev/null
+++ b/manual/util-linux/po4a/man8/lsblk.patch
@@ -0,0 +1,62 @@
1+--- lsblk.8.orig 2020-09-20 22:03:08.593745142 +0900
2++++ lsblk.8 2020-09-20 22:12:06.638642852 +0900
3+@@ -1,8 +1,34 @@
4++.\" lsblk(8) - list block devices
5++.\"
6++.\" Copyright (C) 2010-2018 Red Hat, Inc. All rights reserved.
7++.\" Written by Milan Broz <mbroz@redhat.com>
8++.\" Karel Zak <kzak@redhat.com>
9++.\"
10++.\" This program is free software; you can redistribute it and/or modify
11++.\" it under the terms of the GNU General Public License as published by
12++.\" the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
13++.\" (at your option) any later version.
14++.\"
15++.\" This program is distributed in the hope that it would be useful,
16++.\" but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
17++.\" MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
18++.\" GNU General Public License for more details.
19++.\"
20++.\" You should have received a copy of the GNU General Public License along
21++.\" with this program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc.,
22++.\" 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
23++.\"
24+ .\"*******************************************************************
25+ .\"
26+ .\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
27+ .\"
28+ .\"*******************************************************************
29++.\"
30++.\" Japanese Version Copyright (c) 2020 Chonan Yoichi,
31++.\" all right reserved.
32++.\" Translated (util-linux 2.34) Sun Sep 20 21:48:28 JST 2020
33++.\" by Chonan Yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>
34++.\"
35+ .TH LSBLK 8 "February 2013" util\-linux "System Administration"
36+ .SH 名前
37+ lsblk \- ブロックデバイスを一覧表示する
38+@@ -93,6 +119,11 @@
39+ 一覧表 (list) 形式で出力を表示する。
40+ この出力は、デバイス間にどんな関係があるかを明示しない。また、バージョン 2.34
41+ 以来、デバイスはどれも 1 度しか表示されないようになっている
42++.RS
43++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
44++\fB\-\-list\fP は、\fB\-\-pairs\fP や \fB\-\-raw\fP
45++と一緒に使うことができない。
46++.RE
47+ .TP
48+ \fB\-M\fP,\fB \-\-merge\fP
49+ RAID やマルチパスデバイスについて、出力を読みやすくするために、
50+@@ -129,6 +160,12 @@
51+ 「生の」フォーマットで出力を表示する。NAME, KNAME, LABEL, PARTLABEL,
52+ MOUNTPOINT といった項目における、問題を起こしかねない文字は、すべて
53+ 16 進数にエスケープされる (\ex<code>)。
54++.RS
55++.IP "[\fB訳注\fP]" 8
56++「生の」フォーマット (raw format) というのは、未加工の出力フォーマット、
57++すなわち、最小限の整形しかしないフォーマットのこと。ちなみに raw
58++の反対語は cooked である。
59++.RE
60+ .TP
61+ \fB\-S\fP,\fB \-\-scsi\fP
62+ SCSI デバイスに関する情報のみを出力する。
--- /dev/null
+++ b/manual/util-linux/po4a/man8/lsblk.po
@@ -0,0 +1,766 @@
1+# SOME DESCRIPTIVE TITLE
2+# Copyright (C) YEAR Free Software Foundation, Inc.
3+# This file is distributed under the same license as the PACKAGE package.
4+# FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR.
5+#
6+msgid ""
7+msgstr ""
8+"Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
9+"POT-Creation-Date: 2020-09-20 15:12+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2020-10-10 18:04+0900\n"
11+"Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
12+"Language-Team: Linux JM project <linuxjm-discuss@lists.osdn.me>\n"
13+"Language: \n"
14+"MIME-Version: 1.0\n"
15+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
16+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
17+
18+#. type: TH
19+#: lsblk.man:1
20+#, no-wrap
21+msgid "LSBLK"
22+msgstr "LSBLK"
23+
24+#. type: TH
25+#: lsblk.man:1
26+#, no-wrap
27+msgid "February 2013"
28+msgstr "February 2013"
29+
30+#. type: TH
31+#: lsblk.man:1
32+#, no-wrap
33+msgid "util-linux"
34+msgstr "util-linux"
35+
36+#. type: TH
37+#: lsblk.man:1
38+#, no-wrap
39+msgid "System Administration"
40+msgstr "System Administration"
41+
42+#. type: SH
43+#: lsblk.man:2
44+#, no-wrap
45+msgid "NAME"
46+msgstr "名前"
47+
48+#. type: Plain text
49+#: lsblk.man:4
50+msgid "lsblk - list block devices"
51+msgstr "lsblk - ブロックデバイスを一覧表示する"
52+
53+#. type: SH
54+#: lsblk.man:4
55+#, no-wrap
56+msgid "SYNOPSIS"
57+msgstr "書式"
58+
59+#. type: Plain text
60+#: lsblk.man:8
61+msgid "B<lsblk> [options] [I<device>...]"
62+msgstr "B<lsblk> [options] [I<device>...]"
63+
64+#. type: SH
65+#: lsblk.man:8
66+#, no-wrap
67+msgid "DESCRIPTION"
68+msgstr "説明"
69+
70+#. type: Plain text
71+#: lsblk.man:19
72+msgid ""
73+"B<lsblk> lists information about all available or the specified block "
74+"devices. The B<lsblk> command reads the B<sysfs> filesystem and B<udev db> "
75+"to gather information. If the udev db is not available or lsblk is compiled "
76+"without udev support than it tries to read LABELs, UUIDs and filesystem "
77+"types from the block device. In this case root permissions are necessary."
78+msgstr ""
79+"B<lsblk> は、利用できるすべてのブロックデバイス、\n"
80+"または指定されたブロックデバイスの情報を一覧表示する。\n"
81+"B<lsblk> コマンドは、B<sysfs> ファイルシステムや B<udev>\n"
82+"のデータベースを読んで、情報を収集する。udev\n"
83+"のデータベースが利用できない場合や、lsblk が udev\n"
84+"のサポートなしでコンパイルされている場合は、ブロックデバイスから直接 LABEL, UUID,\n"
85+"ファイルシステムタイプなどを読み取ろうとする。その場合は、ルート権限が必要である。\n"
86+
87+#. type: Plain text
88+#: lsblk.man:24
89+msgid ""
90+"The command prints all block devices (except RAM disks) in a tree-like "
91+"format by default. Use B<lsblk --help> to get a list of all available "
92+"columns."
93+msgstr ""
94+"このコマンドは、デフォルトでは、すべてのブロックデバイスをツリー状のフォー"
95+"マットで表示する\n"
96+"(RAM ディスクは除く)。利用できるすべての項目 (columns)\n"
97+"のリストを見るには、B<lsblk --help> を使用すればよい。\n"
98+
99+#. type: Plain text
100+#: lsblk.man:36
101+msgid ""
102+"The default output, as well as the default output from options like B<--fs> "
103+"and B<--topology>, is subject to change. So whenever possible, you should "
104+"avoid using default outputs in your scripts. Always explicitly define "
105+"expected columns by using B<--output> I<columns-list> and B<--list> in "
106+"environments where a stable output is required."
107+msgstr ""
108+"デフォルトの出力はもとより、B<--fs> や B<--topology>\n"
109+"といったオプションのデフォルトの出力も、バージョンによって違うことがある。\n"
110+"そこで、スクリプトで使うときは、デフォルトの出力の使用は、なるべく避けた方が"
111+"よい。\n"
112+"いつでも一定の出力が必要な場合には、B<--output> I<column-list> と\n"
113+"B<--list> を使用して、表示させたい項目が何と何かを、必ず明確に指定するべきで"
114+"ある。\n"
115+
116+#. type: Plain text
117+#: lsblk.man:45
118+msgid ""
119+"Note that B<lsblk> might be executed in time when B<udev> does not have all "
120+"information about recently added or modified devices yet. In this case it is "
121+"recommended to use B<udevadm settle> before lsblk to synchronize with udev."
122+msgstr ""
123+"B<lsblk> を実行したとき、デバイスがつい今しがた追加、変更されたばかりで、\n"
124+"そうしたデバイスについての情報のすべてを、B<udev>\n"
125+"がまだ取得していない、ということがあるかもしれない。そうした場合には、現状"
126+"と\n"
127+"B<udev> とを同期させるために、B<lsblk> を使用する前に、B<udevadm settle>\n"
128+"を実行することをお勧めする。\n"
129+
130+#. type: SH
131+#: lsblk.man:45
132+#, no-wrap
133+msgid "OPTIONS"
134+msgstr "オプション"
135+
136+#. type: TP
137+#: lsblk.man:46
138+#, no-wrap
139+msgid "B<-a>,B< --all>"
140+msgstr "B<-a>,B< --all>"
141+
142+#. type: Plain text
143+#: lsblk.man:49
144+msgid "Also list empty devices and RAM disk devices."
145+msgstr "空っぽのデバイスや RAM ディスクデバイスもリストする。"
146+
147+#. type: TP
148+#: lsblk.man:49
149+#, no-wrap
150+msgid "B<-b>,B< --bytes>"
151+msgstr "B<-b>,B< --bytes>"
152+
153+#. type: Plain text
154+#: lsblk.man:52
155+msgid "Print the SIZE column in bytes rather than in a human-readable format."
156+msgstr ""
157+"SIZE の項目 (column) を人間に読みやすい表記ではなく、バイト単位で表示する。"
158+
159+#. type: TP
160+#: lsblk.man:52
161+#, no-wrap
162+msgid "B<-D>,B< --discard>"
163+msgstr "B<-D>,B< --discard>"
164+
165+#. type: Plain text
166+#: lsblk.man:55
167+msgid ""
168+"Print information about the discarding capabilities (TRIM, UNMAP) for each "
169+"device."
170+msgstr ""
171+"各デバイスについて、そのディスカーディング能力\n"
172+"(discarding capabilities、TRIM や UNMAP) の情報を表示する。"
173+
174+#. type: TP
175+#: lsblk.man:55
176+#, no-wrap
177+msgid "B<-d>,B< --nodeps>"
178+msgstr "B<-d>,B< --nodeps>"
179+
180+#. type: Plain text
181+#: lsblk.man:59
182+msgid ""
183+"Do not print holder devices or slaves. For example, B<lsblk --nodeps /dev/"
184+"sda> prints information about the sda device only."
185+msgstr ""
186+"ホルダーデバイス (holder devices) やスレーブを表示しない。たとえば、"
187+"B<lsblk \n"
188+"--nodeps /dev/sda> は、sda というデバイスの情報しか表示しない。"
189+
190+#. type: TP
191+#: lsblk.man:59
192+#, no-wrap
193+msgid "B<-E>,B< --dedup >I<column>"
194+msgstr "B<-E>,B< --dedup >I<column>"
195+
196+#. type: Plain text
197+#: lsblk.man:64
198+msgid ""
199+"Use I<column> as a de-duplication key to de-duplicate output tree. If the "
200+"key is not available for the device, or the device is a partition and "
201+"parental whole-disk device provides the same key than the device is always "
202+"printed."
203+msgstr ""
204+"出力されるツリーの重複をなくすために、項目 I<column> を重複排除キーとして使用する。\n"
205+"ただし、そのデバイスでそのキーが利用できない場合や、そのデバイスがパーティションであり、\n"
206+"ディスク全体である親デバイスが同じキーの値を示している場合には、\n"
207+"そのデバイスはやはり表示されることになる。\n"
208+
209+#. type: Plain text
210+#: lsblk.man:67
211+msgid ""
212+"The usual use case is to de-duplicate output on system multi-path devices, "
213+"for example by B<-E WWN>."
214+msgstr ""
215+"よく使われる例としては、システムのマルチパスデバイスで、たとえば B<-E WWN>\n"
216+"を指定して、出力の重複をなくすといったことがある。\n"
217+
218+#. type: TP
219+#: lsblk.man:67
220+#, no-wrap
221+msgid "B<-e>,B< --exclude >I<list>"
222+msgstr "B<-e>,B< --exclude >I<list>"
223+
224+#. type: Plain text
225+#: lsblk.man:73
226+msgid ""
227+"Exclude the devices specified by the comma-separated I<list> of major device "
228+"numbers. Note that RAM disks (major=1) are excluded by default if B<--all> "
229+"is not specified. The filter is applied to the top-level devices only. This "
230+"may be confusing for B<--list> output format where hierarchy of the devices "
231+"is not obvious."
232+msgstr ""
233+"I<list> で指定されたデバイスを表示から除外する。I<list>\n"
234+"は、コンマで区切ったメージャーデバイス番号のリストである。なお、RAM ディスク\n"
235+"(major=1) は、B<--all> が指定されないかぎり、デフォルトで除外されている。\n"
236+"このフィルターで適用対象に指定されるのは、トップレベルのデバイスだけである。\n"
237+"そのため、デバイスの階層関係をはっきり示さない B<--list>\n"
238+"の出力形式では、パーティションまで表示されなくなることに戸惑うかもしれない。\n"
239+
240+#. type: TP
241+#: lsblk.man:73
242+#, no-wrap
243+msgid "B<-f>,B< --fs>"
244+msgstr "B<-f>,B< --fs>"
245+
246+#. type: Plain text
247+#: lsblk.man:80
248+msgid ""
249+"Output info about filesystems. This option is equivalent to B<-o\\ NAME,"
250+"FSTYPE,LABEL,UUID,MOUNTPOINT>. The authoritative information about "
251+"filesystems and raids is provided by the B<blkid>(8) command."
252+msgstr ""
253+"ファイルシステムの情報を表示する。このオプションは、B<-o \n"
254+"NAME,FSTYPE,LABEL,UUID,FSAVAIL,FSUSE%,MOUNTPOINT> と等価である。\n"
255+"なお、ファイルシステムや RAID についての信頼できる確かな情報は、B<blkid>\n"
256+"コマンドが提供している (訳注: B<blkid> は、root によって実行された場合、\n"
257+"必要に応じて、キャッシュではなく、デバイスそのものから情報を収集するので、その分信頼性が高い)。\n"
258+
259+#. type: TP
260+#: lsblk.man:80
261+#, no-wrap
262+msgid "B<-h>,B< --help>"
263+msgstr "B<-h>,B< --help>"
264+
265+#. type: Plain text
266+#: lsblk.man:83
267+msgid "Display help text and exit."
268+msgstr "ヘルプテキストを表示して終了する。"
269+
270+#. type: TP
271+#: lsblk.man:83
272+#, no-wrap
273+msgid "B<-I>,B< --include >I<list>"
274+msgstr "B<-I>,B< --include >I<list>"
275+
276+#. type: Plain text
277+#: lsblk.man:88
278+msgid ""
279+"Include devices specified by the comma-separated I<list> of major device "
280+"numbers. The filter is applied to the top-level devices only. This may be "
281+"confusing for B<--list> output format where hierarchy of the devices is not "
282+"obvious."
283+msgstr ""
284+"I<list> で指定されたデバイスを表示の対象にする。I<list>\n"
285+"は、コンマで区切ったメージャーデバイス番号のリストである。\n"
286+"このフィルターで適用対象に指定されるのは、トップレベルのデバイスだけである。\n"
287+"そのため、デバイスの階層関係をはっきり示さない B<--list>\n"
288+"の出力形式では、パーティションまで表示されるようになることに戸惑うかもしれない。\n"
289+
290+#. type: TP
291+#: lsblk.man:88
292+#, no-wrap
293+msgid "B<-i>,B< --ascii>"
294+msgstr "B<-i>,B< --ascii>"
295+
296+#. type: Plain text
297+#: lsblk.man:91
298+msgid "Use ASCII characters for tree formatting."
299+msgstr "ツリー状の表示にするのに ASCII 文字を用いる。"
300+
301+#. type: TP
302+#: lsblk.man:91
303+#, no-wrap
304+msgid "B<-J>,B< --json>"
305+msgstr "B<-J>,B< --json>"
306+
307+#. type: Plain text
308+#: lsblk.man:95
309+msgid ""
310+"Use JSON output format. It's strongly recommended to use B<--output> and "
311+"also B<--tree> if necessary."
312+msgstr ""
313+"JSON 出力フォーマットを使用する。B<--output>\n"
314+"を一緒に使うことを強くお勧めする。必要ならば、B<--tree> も。\n"
315+
316+#. type: TP
317+#: lsblk.man:95
318+#, no-wrap
319+msgid "B<-l>,B< --list>"
320+msgstr "B<-l>,B< --list>"
321+
322+#. type: Plain text
323+#: lsblk.man:100
324+msgid ""
325+"Produce output in the form of a list. The output does not provide "
326+"information about relationships between devices and since version 2.34 every "
327+"device is printed only once."
328+msgstr ""
329+"一覧表 (list) 形式で出力を表示する。\n"
330+"この出力は、デバイス間にどんな関係があるかを明示しない。また、バージョン 2.34\n"
331+"以来、デバイスはどれも 1 度しか表示されないようになっている\n"
332+
333+#. type: TP
334+#: lsblk.man:100
335+#, no-wrap
336+msgid "B<-M>,B< --merge>"
337+msgstr "B<-M>,B< --merge>"
338+
339+#. type: Plain text
340+#: lsblk.man:104
341+msgid ""
342+"Group parents of sub-trees to provide more readable output for RAIDs and "
343+"Multi-path devices. The tree-like output is required."
344+msgstr ""
345+"RAID やマルチパスデバイスについて、出力を読みやすくするために、\n"
346+"サブツリーのペアレントをグループ化する。出力はツリー状である必要がある。\n"
347+
348+#. type: TP
349+#: lsblk.man:104
350+#, no-wrap
351+msgid "B<-m>,B< --perms>"
352+msgstr "B<-m>,B< --perms>"
353+
354+#. type: Plain text
355+#: lsblk.man:108
356+msgid ""
357+"Output info about device owner, group and mode. This option is equivalent "
358+"to B<-o\\ NAME,SIZE,OWNER,GROUP,MODE>."
359+msgstr ""
360+"デバイスの所有者、グループ、許可属性について情報を出力する。このオプション"
361+"は、\n"
362+"B<-o\\ NAME,SIZE,OWNER,GROUP,MODE> と等価である。\n"
363+
364+#. type: TP
365+#: lsblk.man:108
366+#, no-wrap
367+msgid "B<-n>,B< --noheadings>"
368+msgstr "B<-n>,B< --noheadings>"
369+
370+#. type: Plain text
371+#: lsblk.man:111
372+msgid "Do not print a header line."
373+msgstr "ヘッダ行を表示しない。"
374+
375+#. type: TP
376+#: lsblk.man:111
377+#, no-wrap
378+msgid "B<-o>,B< --output >I<list>"
379+msgstr "B<-o>,B< --output >I<list>"
380+
381+#. type: Plain text
382+#: lsblk.man:117
383+msgid ""
384+"Specify which output columns to print. Use B<--help> to get a list of all "
385+"supported columns. The columns may affect tree-like output. The default is "
386+"to use tree for the column 'NAME' (see also B<--tree>)."
387+msgstr ""
388+"出力にどの項目 (columns) を表示するかを指定する。\n"
389+"使用できる全項目のリストを知るには、B<--help>\n"
390+"オプションを使用すればよい。選択した項目によっては、ツリー状の出力に変化が生"
391+"ずるかもしれない。\n"
392+"デフォルトでは、'NAME' の項目にツリー出力を使用している\n"
393+"(B<--tree> も参照していただきたい)。"
394+
395+#. type: Plain text
396+#: lsblk.man:120
397+msgid ""
398+"The default list of columns may be extended if I<list> is specified in the "
399+"format I<+list> (e.g. B<lsblk -o +UUID>)."
400+msgstr ""
401+"I<list> を I<+list> の形で指定すれば、デフォルトのリストに項目を追加することができる\n"
402+"(たとえば、B<lsblk -o +UUID> のように)。\n"
403+
404+#. type: TP
405+#: lsblk.man:120
406+#, no-wrap
407+msgid "B<-O>,B< --output-all >"
408+msgstr "B<-O>,B< --output-all >"
409+
410+#. type: Plain text
411+#: lsblk.man:123
412+msgid "Output all available columns."
413+msgstr "使用できるすべての項目を出力する。"
414+
415+#. type: TP
416+#: lsblk.man:123
417+#, no-wrap
418+msgid "B<-P>,B< --pairs>"
419+msgstr "B<-P>,B< --pairs>"
420+
421+#. type: Plain text
422+#: lsblk.man:127
423+msgid ""
424+"Produce output in the form of key=\"value\" pairs. All potentially unsafe "
425+"characters are hex-escaped (\\exE<lt>codeE<gt>)."
426+msgstr ""
427+"key=\"value\" の対の形で出力を表示する。\n"
428+"問題を起こしかねない文字は、すべて 16 進数にエスケープされる (\\exE<lt>codeE<gt>)。\n"
429+
430+#. type: TP
431+#: lsblk.man:127
432+#, no-wrap
433+msgid "B<-p>,B< --paths>"
434+msgstr "B<-p>,B< --paths>"
435+
436+#. type: Plain text
437+#: lsblk.man:130
438+msgid "Print full device paths."
439+msgstr "デバイスのフルパスを表示する。"
440+
441+#. type: TP
442+#: lsblk.man:130
443+#, no-wrap
444+msgid "B<-r>,B< --raw>"
445+msgstr "B<-r>,B< --raw>"
446+
447+#. type: Plain text
448+#: lsblk.man:134
449+msgid ""
450+"Produce output in raw format. All potentially unsafe characters are hex-"
451+"escaped (\\exE<lt>codeE<gt>) in the NAME, KNAME, LABEL, PARTLABEL and "
452+"MOUNTPOINT columns."
453+msgstr ""
454+"「生の」フォーマットで出力を表示する。NAME, KNAME, LABEL, PARTLABEL,\n"
455+"MOUNTPOINT といった項目における、問題を起こしかねない文字は、すべて\n"
456+"16 進数にエスケープされる (\\exE<lt>codeE<gt>)。\n"
457+
458+#. type: TP
459+#: lsblk.man:134
460+#, no-wrap
461+msgid "B<-S>,B< --scsi>"
462+msgstr "B<-S>,B< --scsi>"
463+
464+#. type: Plain text
465+#: lsblk.man:137
466+msgid ""
467+"Output info about SCSI devices only. All partitions, slaves and holder "
468+"devices are ignored."
469+msgstr ""
470+"SCSI デバイスに関する情報のみを出力する。\n"
471+"すべてのパーティション、スレーブ、ホルダーデバイスは無視される。\n"
472+
473+#. type: TP
474+#: lsblk.man:137
475+#, no-wrap
476+msgid "B<-s>,B< --inverse>"
477+msgstr "B<-s>,B< --inverse>"
478+
479+#. type: Plain text
480+#: lsblk.man:141
481+msgid ""
482+"Print dependencies in inverse order. If the B<--list> output is requested "
483+"then the lines are still ordered by dependencies."
484+msgstr ""
485+"依存関係を逆の順番で表示する。B<--list> 出力が要求された場合でも、\n"
486+"出力される行は、やはり依存関係に従って並べられる。\n"
487+
488+#. type: TP
489+#: lsblk.man:141
490+#, no-wrap
491+msgid "B<-T>,B< --tree>[B<=>I<column>]"
492+msgstr "B<-T>,B< --tree>[B<=>I<column>]"
493+
494+#. type: Plain text
495+#: lsblk.man:145
496+msgid ""
497+"Force tree-like output format. If I<column> is specified, then a tree is "
498+"printed in the column. The default is NAME column."
499+msgstr ""
500+"強制的にツリー状の出力フォーマットにする。I<column>\n"
501+"が指定されていれば、その項目でツリー表示が行われる (訳注: 現在のところ、I<column>\n"
502+"の指定は必須)。デフォルトでツリー表示されるのは、NAME の項目である。\n"
503+
504+#. type: TP
505+#: lsblk.man:145
506+#, no-wrap
507+msgid "B<-t>,B< --topology>"
508+msgstr "B<-t>,B< --topology>"
509+
510+#. type: Plain text
511+#: lsblk.man:150
512+msgid ""
513+"Output info about block-device topology. This option is equivalent to B<-o"
514+"\\ NAME,ALIGNMENT,MIN-IO,OPT-IO,PHY-SEC,LOG-SEC,ROTA,SCHED,RQ-SIZE,RA,WSAME>."
515+msgstr ""
516+"ブロックデバイスのトポロジーについて情報を出力する。このオプションは、\n"
517+"B<-o NAME,ALIGNMENT,MIN-IO,OPT-IO,PHY-SEC,LOG-SEC,ROTA,\n"
518+"SCHED,RQ-SIZE,RA,WSAME> と等価である。\n"
519+
520+#. type: TP
521+#: lsblk.man:150
522+#, no-wrap
523+msgid "B<-V>,B< --version>"
524+msgstr "B<-V>,B< --version>"
525+
526+#. type: Plain text
527+#: lsblk.man:153
528+msgid "Display version information and exit."
529+msgstr "バージョン情報を表示して終了する。"
530+
531+#. type: TP
532+#: lsblk.man:153
533+#, no-wrap
534+msgid "B<-x>,B< --sort >I<column>"
535+msgstr "B<-x>,B< --sort >I<column>"
536+
537+#. type: Plain text
538+#: lsblk.man:158
539+msgid ""
540+"Sort output lines by I<column>. This option enables B<--list> output format "
541+"by default. It is possible to use the option I<--tree> to force tree-like "
542+"output and than the tree branches are sorted by the I<column>."
543+msgstr ""
544+"I<column> の項目を使って、出力行をソートする。このオプションは、デフォルトで"
545+"は\n"
546+"B<--list> 出力フォーマットを有効にする。I<--tree> オプションを使用して、\n"
547+"強制的にツリー状の出力にすることも可能であり、その場合は、ツリー表示の枝が、"
548+"I<column>\n"
549+"の値を元にしてソートされる。\n"
550+
551+#. type: TP
552+#: lsblk.man:158
553+#, no-wrap
554+msgid "B<-z>,B< --zoned>"
555+msgstr "B<-z>,B< --zoned>"
556+
557+#. type: Plain text
558+#: lsblk.man:161
559+msgid "Print the zone model for each device."
560+msgstr "各デバイスについて zone model を表示する。"
561+
562+#. type: TP
563+#: lsblk.man:161
564+#, no-wrap
565+msgid "B< --sysroot >I<directory>"
566+msgstr "B< --sysroot >I<directory>"
567+
568+#. type: Plain text
569+#: lsblk.man:166
570+msgid ""
571+"Gather data for a Linux instance other than the instance from which the "
572+"lsblk command is issued. The specified directory is the system root of the "
573+"Linux instance to be inspected. This option is designed for the testing "
574+"purpose."
575+msgstr ""
576+"B<lsblk> コマンドが実行されているインスタンス以外の Linux\n"
577+"インスタンスについてデータを収集する。指定するディレクトリは、調査対象となる\n"
578+"Linux インスタンスのシステムルートである。このオプションは、テスト用である。\n"
579+
580+#. type: SH
581+#: lsblk.man:167
582+#, no-wrap
583+msgid "NOTES"
584+msgstr "注記"
585+
586+#. type: Plain text
587+#: lsblk.man:170
588+msgid ""
589+"For partitions, some information (e.g. queue attributes) is inherited from "
590+"the parent device."
591+msgstr ""
592+"個々のパーティションに対して、ある種の情報 (たとえば、キュー属性, queue "
593+"attribures)\n"
594+"は、親デバイスから継承される。\n"
595+
596+#. type: Plain text
597+#: lsblk.man:179
598+msgid ""
599+"The B<lsblk> command needs to be able to look up each block device by major:"
600+"minor numbers, which is done by using I</sys/dev/block>. This sysfs block "
601+"directory appeared in kernel 2.6.27 (October 2008). In case of problems "
602+"with a new enough kernel, check that CONFIG_SYSFS was enabled at the time of "
603+"the kernel build."
604+msgstr ""
605+"B<lsblk> コマンドでは、各ブロックデバイスを major:minor\n"
606+"番号によって検索できる必要があり、それは I</sys/dev/block>\n"
607+"を使って行われる。この sysfs の block ディレクトリが登場したのは、カーネル\n"
608+"2.6.27 (2008 年 10 月) だった。十分に新しいカーネルで問題が生じる場合は、\n"
609+"カーネルをビルドしたときに、CONFIG_SYSFS を有効にしたかどうかを確認した方がよ"
610+"い。\n"
611+
612+#. type: SH
613+#: lsblk.man:180
614+#, no-wrap
615+msgid "RETURN CODES"
616+msgstr "リターンコード"
617+
618+#. type: IP
619+#: lsblk.man:181
620+#, no-wrap
621+msgid "0"
622+msgstr "0"
623+
624+#. type: Plain text
625+#: lsblk.man:183
626+msgid "success"
627+msgstr "成功"
628+
629+#. type: IP
630+#: lsblk.man:183
631+#, no-wrap
632+msgid "1"
633+msgstr "1"
634+
635+#. type: Plain text
636+#: lsblk.man:185
637+msgid "failure"
638+msgstr "失敗"
639+
640+#. type: IP
641+#: lsblk.man:185
642+#, no-wrap
643+msgid "32"
644+msgstr "32"
645+
646+#. type: Plain text
647+#: lsblk.man:187
648+msgid "none of specified devices found"
649+msgstr "指定されたデバイスが一つも見つからなかった"
650+
651+#. type: IP
652+#: lsblk.man:187
653+#, no-wrap
654+msgid "64"
655+msgstr "64"
656+
657+#. type: Plain text
658+#: lsblk.man:189
659+msgid "some specified devices found, some not found"
660+msgstr ""
661+"指定されたデバイスのうちに、見つかったものもあり、見つからないものもあった"
662+
663+#. type: SH
664+#: lsblk.man:190
665+#, no-wrap
666+msgid "AUTHORS"
667+msgstr "作者"
668+
669+#. type: Plain text
670+#: lsblk.man:194
671+#, no-wrap
672+msgid ""
673+"Milan Broz E<lt>mbroz@redhat.comE<gt>\n"
674+"Karel Zak E<lt>kzak@redhat.comE<gt>\n"
675+msgstr ""
676+"Milan Broz E<lt>mbroz@redhat.comE<gt>\n"
677+"Karel Zak E<lt>kzak@redhat.comE<gt>\n"
678+
679+#. type: SH
680+#: lsblk.man:195
681+#, no-wrap
682+msgid "ENVIRONMENT"
683+msgstr "環境変数"
684+
685+#. type: IP
686+#: lsblk.man:196
687+#, no-wrap
688+msgid "LSBLK_DEBUG=all"
689+msgstr "LSBLK_DEBUG=all"
690+
691+#. type: Plain text
692+#: lsblk.man:198
693+msgid "enables lsblk debug output."
694+msgstr "lsblk デバッグ出力を有効にする。"
695+
696+#. type: IP
697+#: lsblk.man:198
698+#, no-wrap
699+msgid "LIBBLKID_DEBUG=all"
700+msgstr "LIBBLKID_DEBUG=all"
701+
702+#. type: Plain text
703+#: lsblk.man:200
704+msgid "enables libblkid debug output."
705+msgstr "libblkid デバッグ出力を有効にする。"
706+
707+#. type: IP
708+#: lsblk.man:200
709+#, no-wrap
710+msgid "LIBMOUNT_DEBUG=all"
711+msgstr "LIBMOUNT_DEBUG=all"
712+
713+#. type: Plain text
714+#: lsblk.man:202
715+msgid "enables libmount debug output."
716+msgstr "libmount デバッグ出力を有効にする。"
717+
718+#. type: IP
719+#: lsblk.man:202
720+#, no-wrap
721+msgid "LIBSMARTCOLS_DEBUG=all"
722+msgstr "LIBSMARTCOLS_DEBUG=all"
723+
724+#. type: Plain text
725+#: lsblk.man:204
726+msgid "enables libsmartcols debug output."
727+msgstr "libsmartcols デバッグ出力を有効にする。"
728+
729+#. type: IP
730+#: lsblk.man:204
731+#, no-wrap
732+msgid "LIBSMARTCOLS_DEBUG_PADDING=on"
733+msgstr "LIBSMARTCOLS_DEBUG_PADDING=on"
734+
735+#. type: Plain text
736+#: lsblk.man:206
737+msgid "use visible padding characters. Requires enabled LIBSMARTCOLS_DEBUG."
738+msgstr ""
739+"目に見える埋め文字 (padding characters) を使用する。LIBSMARTCOLS_DEBUG\n"
740+"有効にしておく必要がある。\n"
741+
742+#. type: SH
743+#: lsblk.man:206
744+#, no-wrap
745+msgid "SEE ALSO"
746+msgstr "関連項目"
747+
748+#. type: Plain text
749+#: lsblk.man:210
750+msgid "B<ls>(1), B<blkid>(8), B<findmnt>(8)"
751+msgstr "B<ls>(1), B<blkid>(8), B<findmnt>(8)"
752+
753+#. type: SH
754+#: lsblk.man:210
755+#, no-wrap
756+msgid "AVAILABILITY"
757+msgstr "入手方法"
758+
759+#. type: Plain text
760+#: lsblk.man:212
761+msgid ""
762+"The lsblk command is part of the util-linux package and is available from "
763+"https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/."
764+msgstr ""
765+"この lsblk コマンドは、util-linux パッケージの一部であり、次の\n"
766+"URL から入手できる。https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/"
--- /dev/null
+++ b/manual/util-linux/release/man8/blkid.8
@@ -0,0 +1,394 @@
1+.\" Copyright 2000 Andreas Dilger (adilger@turbolinux.com)
2+.\"
3+.\" This file may be copied under the terms of the GNU Public License.
4+.\"
5+.\"*******************************************************************
6+.\"
7+.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
8+.\"
9+.\"*******************************************************************
10+.\"
11+.\" Japanese Version Copyright (c) 2004-2005 Yuichi SATO,
12+.\" and 2020 Yoichi Chonan,
13+.\" all rights reserved.
14+.\" Translated Sun Mar 7 00:00:12 JST 2004
15+.\" by Yuichi SATO <ysato444@yahoo.co.jp>
16+.\" Updated & Modified Sat Apr 30 07:25:35 JST 2005 by Yuichi SATO
17+.\" Updated & Modified Tue Dec 20 05:57:54 JST 2005 by Yuichi SATO
18+.\" Updated & Modified (util-linux 2.35.2) Sat Oct 3 08:33:58 JST 2020
19+.\" By Yoichi Chonan <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>
20+.\"
21+.TH BLKID 8 "March 2013" util\-linux "System Administration"
22+.SH 名前
23+blkid \- ブロックデバイスの属性を検索/表示する
24+.SH 書式
25+.IP \fBblkid\fP
26+\fB\-\-label\fP\fI label\fP | \fB\-\-uuid\fP\fI uuid\fP
27+
28+.IP \fBblkid\fP
29+[\fB\-\-no\-encoding\fP \fB\-\-garbage\-collect \-\-list\-one \-\-cache\-file\fP \fIfile\fP]
30+[\fB\-\-output\fP \fIformat\fP] [\fB\-\-match\-tag\fP \fItag\fP] [\fB\-\-match\-token\fP
31+\fINAME=value\fP] [\fIdevice\fP ...]
32+
33+.IP \fBblkid\fP
34+\fB\-\-probe\fP [\fB\-\-offset\fP \fIoffset\fP] [\fB\-\-output\fP \fIformat\fP] [\fB\-\-size\fP
35+\fIsize\fP] [\fB\-\-match\-tag\fP \fItag\fP] [\fB\-\-match\-types\fP \fIlist\fP] [\fB\-\-usages\fP
36+\fIlist\fP] [\fB\-\-no\-part\-details\fP] \fIdevice\fP ...
37+
38+.IP \fBblkid\fP
39+\fB\-\-info\fP [\fB\-\-output\fP \fIformat\fP] [\fB\-\-match\-tag\fP \fItag\fP] \fIdevice\fP ...
40+
41+.SH 読者へのご注意
42+これは util-linux 版の \fBblkid\fP コマンドのマニュアルである。\fBblkid\fP
43+は、以前は e2fsprogs パッケージの一部だったが、現在では util-linux
44+パッケージにも属している。util-linux 版は e2fsprogs
45+版を元にしているとは言え、全く同じではない。
46+.SH 説明
47+\fBblkid\fP プログラムは、\fBlibblkid\fP(3)
48+ライブラリを利用するためのコマンドライン・インターフェースである。\fBblkid\fP
49+は、ブロックデバイスの中身がどんなタイプか (たとえば、ファイルシステムか、スワップか)
50+を判定することができる。また、ブロックデバイスの中身のメタデータ
51+(たとえば、LABEL や UUID といったフィールド) を調べて、どんな属性
52+(トークン、NAME=value の対) を持っているかを特定することもできる。
53+.PP
54+\fBブロックデバイスについて情報を取得するには、\fP\fBlsblk\fP(8)
55+\fBの使用をお勧めする。デバイス中のファイルシステム群の概要を知るには、lsblk \-\-fs
56+が便利である。すでにマウント済みのファイルシステムを調べるには、\fP\fBfindmnt\fP(8)
57+\fBを使うとよい。\fP
58+.PP
59+.RS
60+\fBlsblk\fP(8) の方が提供する情報も多いし、出力形式の制御もしやすく、
61+スクリプト中でも使いやすい。また、現時点での情報を得るのに、ルート権限を必要としない。
62+\fBblkid\fP の方は、情報をデバイスから直接読み込むので、ルート以外のユーザに対しては、
63+キャッシュした情報、すなわち、最新であることの保証のない情報を返すことになる。
64+\fBblkid\fP の主な用途は、システム管理で使用することと、libblkid
65+の機能をテストすることなのである。
66+.RE
67+
68+.PP
69+\fIdevice\fP を指定すると、そのデバイスのトークンのみが表示される。
70+複数の \fIdevice\fP をコマンドラインで引き数に指定してもよい。
71+\fIdevice\fP を一つも指定しない場合は、\fI/proc/partitions\fP
72+に記載されている、すべてのパーティションやパーティション分割されていないデバイスのうち、
73+認識されたものが表示される。
74+.PP
75+\fBblkid\fP には、主な仕事が二つある。特定の NAME=value
76+の対を属性に持つデバイスを捜し出すことと、指定された一つ以上のデバイスについて
77+NAME=valeu の対を表示することである。
78+
79+セキュリティ上の理由から、\fBblkid\fP は、検出結果に相反するものがあった場合には
80+(複数の相矛盾するファイルシステムが検出された場合などは)、
81+警告も出さずに、そうしたデバイスをすべて無視する。そうした場合に
82+low\-level 精査モード (\fB\-p\fP)
83+を使用すると、より多くの情報が得られるし、リターンコードも特別なものになる。
84+デバイスの詳しい全体像をつかんだり、デバイスから古くなったもの
85+(古いマジックストリング) を削除したりするには、\fBwipefs\fP(8) を使用するとよい。
86+
87+.SH オプション
88+\fIsize\fP や \fIoffset\fP という引き数の後ろには、KiB (=1024), MiB (=1024*1024)
89+のような乗数を表す接尾辞を続けることができる。GiB, TiB, PiB, EiB, ZiB, YiB
90+も同様に使える ("iB" を続けるのは任意であり、たとえば、"K" は "KiB"
91+と同じ意味である)。あるいは、KB (=1000), MB (=1000*1000)
92+といった接尾辞を付けてもよい。GB, TB, PB, EB, ZB, YB も同様に使える。
93+.TP
94+\fB\-c\fP, \fB\-\-cache\-file\fP \fIcachefile\fP
95+デフォルトのキャシュファイルではなく、\fIcachefile\fP から情報を読み込む
96+(詳細については、「設定ファイル」セクションを参照していただきたい)。
97+キャッシュを白紙の状態にして、コマンドを実行したいのなら
98+(すなわち、以前スキャンしたことがあっても、
99+現時点で使用できるとはかぎらないデバイスについて、報告しないようにするには)、\fIcashefile\fP
100+に \fI/dev/null\fP を指定するとよい。
101+.TP
102+\fB\-d\fP, \fB\-\-no\-encoding\fP
103+非表示文字をエンコードしない。デフォルトでは、非表示文字は ^ や
104+M\- を使う表記法でエンコードされるのである。なお、\fB\-\-output udev\fP
105+の出力フォーマットでは、別のエンコード方式を使っており、こちらは無効にできない。
106+.TP
107+\fB\-D\fP, \fB\-\-no\-part\-details\fP
108+low\-level 精査モードのとき、パーティションテーブルから取得した情報
109+(PART_ENTRY_* というタグ) を表示しない。
110+.TP
111+\fB\-g\fP, \fB\-\-garbage\-collect\fP
112+もはや存在していないデバイスを除去するために、blkid
113+キャッシュに対してガーベッジコレクション操作を行う。
114+.TP
115+\fB\-h\fP, \fB\-\-help\fP
116+使用法を表示して終了する。
117+.TP
118+\fB\-i\fP, \fB\-\-info\fP
119+I/O リミット (I/O トポロジーとも言う) について情報を表示する。'export'
120+出力フォーマットが自動的に有効になる。このオプションは、\fB\-\-probe\fP
121+オプションと合わせて使うことができる。
122+.RS
123+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
124+\&'export' フォーマットというのは、要するに NAME=value の対を
125+1 行に 1 個ずつ表示することである。以前の \fBblkid\fP では、\fB\-i\fP
126+オプションで確かに 1 行 1 トークンになったのだが、最近の \fBblkid \-\-info\fP
127+では、1 行 1 トークンにならないようだ。すなわち、\fB\-\-info\fP
128+(\fB\-i\fP) で 'export' フォーマットは自動的に有効にならないらしい。
129+.RE
130+.TP
131+\fB\-k\fP, \fB\-\-list\-filesystems\fP
132+フィルシステムと RAID について、既知のタイプをすべて列挙して、終了する。
133+.TP
134+\fB\-l\fP, \fB\-\-list\-one\fP
135+\fB\-\-match\-token\fP
136+オプションで指定した検索パラメータに一致するデバイスを、一つだけ見つけ出す。
137+検索パラメータに一致するデバイスがいくつもあった場合は、最も優先順位が高いデバイスを報告し、
138+同じ優先順位の中では、最初に見つかったデバイスを報告する (ただし、検索に udev
139+を使用する場合もあり、それについては、次のパラグラフをお読みいただきたい)。
140+デバイスのタイプを優先順位の高い方から並べると、デバイスマッパー, EVMS, LVM, MD
141+の順になり、最後に普通のブロックデバイスが来る。このオプションが指定されていない場合、
142+\fBblkid\fP は、検索パラメータに一致したデバイスをすべて表示することになる。
143+.sp
144+このオプションを \fB\-\-match\-token\fP で LABEL や UUID
145+のトークンを指定した場合に使うと、強制的に \fBblkid\fP に
146+udev を使用させることになる。そのように、検索に udev を使用させるのは、
147+システムが複数のデバイスに対して同名のタグを使用している場合に、
148+出力を他のユーティリティと (たとえば、mount などと)
149+矛盾しないようにするためである。
150+.RS
151+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
152+1 番目のパラグラフの「検索に udev
153+を使用する場合 ...」という訳は、訳者による補足訳である。原文は、"but see
154+below note about udev" としか言っていない。訳者としては、\fB\-\-label\fP
155+の説明や、「\fB設定ファイル\fP」セクションの \fIEVALUATE=<methods>\fP
156+の説明と読み合わせて、これは「検索に udev を使用する、すなわち /dev/disk/by\-*
157+以下のシムリンクを使用する場合については、以下の追加説明を見よ」と言っているのだと考える。
158+シムリンク (のみ) を使用する場合は、
159+検索条件に一致するデバイスは、当然ながらリンク先一つしかなく、udev
160+のシムリンクを使用するアプリケーション間で同一なわけである。
161+ただし、こうした解釈は、訳者の推測に過ぎない。間違っているかもしれない。
162+.sp
163+なお、当方のバージョン 2.35.2 では、\fB\-\-match\-token\fP に LABEL=
164+を指定した場合、udev を使用させる、すなわち、同名の LABEL
165+を持つデバイスが複数あったときに、/dev/disk/by-label
166+中のシムリンクの参照先を報告させるには、\fB\-l\fP だけでなく
167+\fB\-o device\fP も必要だった。お手元でも確かめていただきたい。
168+.RE
169+.TP
170+\fB\-L\fP, \fB\-\-label\fP \fIlabel\fP
171+ファイルシステムのラベル (訳注: ボリューム名とも言う) に \fIlabel\fP
172+を使用しているデバイスを見つけ出す。これは、\fB\-\-list\-one \-\-output device
173+\-\-match\-token LABEL=\fP\fIlabel\fP と同じことである。
174+ここで使われる検索メソッドでは、/dev/disk/by\-label にある udev
175+のシムリンクを信用して使用することができる (もっとも、/etc/blkid.conf
176+の設定次第だが)。一般にこうしたシムリンクを不用意に使うのは避けた方がよい。
177+現状を確認せずにこうしたシムリンクを使用するのは、信用できないからである。
178+なお、この \fB\-\-label\fP オプションは、システムが udev
179+を使っているかいないかにかかわらず、問題なく動作する。
180+.RS
181+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
182+「/dev/disk/by-label にある udev
183+のシムリンクを信用して使用できるのは、/etc/blkid.conf
184+の設定次第だ」というのは、SEND_UEVENT=<yes|not> の値次第ということだ。それが
185+yes ならば、必要に応じて現状が反映されるので、udev
186+のシムリンクが信用できることになる。「\fB設定ファイル\fP」セクションを参照していただきたい。
187+.RE
188+.PP
189+.RS
190+困ったことに e2fsprogs 所収のオリジナルの \fBblkid\fP(8) は、\fB\-L\fP
191+オプションを \fB\-o list\fP の同義語として使っている。
192+スクリプトの使い回しが利くようにしたいのなら、スクリプト中では \fB\-L\fP オプションよりも
193+\fB\-l \-o device \-t LABEL=\fP\fIlabel\fP や \fB\-o list\fP を使った方がよい。
194+.RE
195+.TP
196+\fB\-n\fP, \fB\-\-match\-types\fP \fIlist\fP
197+精査機能 (訳注: \fB\-\-probe\fP を参照) の使用を、コンマ区切りのリスト \fIlist\fP
198+で指定したスーパーブロックのタイプ (名前) に限定する。リストの項目の前に "no"
199+を付ければ、無視すべきタイプを指定することになる。例を挙げよう。
200+.sp
201+ blkid \-\-probe \-\-match\-types vfat,ext3,ext4 /dev/sda1
202+.sp
203+上のコマンドは、vfat, ext3, ext4 のファイルシステムに対して low\-level
204+精査を行う。
205+.RS
206+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
207+この場合なら、スーパーブロックの情報をいくつか追加表示する。
208+なお、このオプションの働きは、あくまでも low\-level
209+精査の対象に指定すること (あるいは、そこから外すこと) であって、
210+他のタイプだからと言って、情報の取得・表示を全くしなくなるわけではない。
211+その点は、\fB\-\-usages\fP も同様である。
212+.RE
213+.PP
214+.RS
215+ blkid \-\-probe \-\-match\-types nominix /dev/sda1
216+.sp
217+こちらは、minix
218+ファイルシステム以外の、サポートされているすべてのファイルシステムに対して
219+low\-level 精査を行う。なお、この \fB\-\-match\-types\fP
220+オプションが役に立つのは、\fB\-\-probe\fP と一緒に使ったときだけである。
221+.RE
222+.TP
223+\fB\-o\fP, \fB\-\-output\fP \fIformat\fP
224+指定した出力フォーマットを使用する。なお、変数やデバイスの出力順は固定していない。
225+\fB\-s\fP オプションも参照していただきたい。パラメータ \fIformat\fP
226+には、次のものが使用できる。
227+.RS
228+.TP
229+\fBfull\fP
230+すべてのタグを表示する (デフォルト)
231+.TP
232+\fBvalue\fP
233+タグの値のみを表示する
234+.TP
235+\fBlist\fP
236+デバイスの情報をユーザに読みやすいフォーマットで表示する。この出力フォーマットは
237+low\-level 精査 (\fB\-\-probe\fP や \fB\-\-info\fP) では使用できない。
238+
239+この出力フォーマットは、\fB非推奨\fPである。\fBlsblk\fP コマンドの使用をお勧めする。
240+.TP
241+\fBdevice\fP
242+デバイス名しか表示しない。この出力フォーマットは、\fB\-\-label\fP や \fB\-\-uuid\fP
243+では、常に有効になる。
244+.TP
245+\fBudev\fP
246+key=value の対を udev 環境にインポートしやすいように表示する
247+(訳注: key=value を 1 行に 1 個ずつ出力する)。
248+キー (key) には、ID_FS か ID_PART という接頭辞が付く。値 (value)
249+は、udev 環境で問題を起こさないように修正されることがある。
250+値に使用できるのは、プレーン ASCII と 16 進数エスケープ表記、それに有効な
251+UTF\-8 であり、それ以外はすべて (ホワイトスペースも含めて) '_' で置き換えられる。
252+なお、_ENC という接尾辞が付いたキーでは、問題を起こしかねない文字に対して
253+16 進数エスケープ表記を使用している。
254+
255+udev 出力フォーマットでは、複数の矛盾するスーパーブロックが検出された場合には、
256+ID_FS_AMBIVALENT というタグが返される。また、ID_PART_ENTRY_*
257+タグが、空のパーティションも含めて、すべてのパーティションに対して常に返される
258+(訳注: もちろん、\fB\-\-probe\fP を指定した場合のことである)。
259+
260+この出力フォーマットは、\fB非推奨\fPである。
261+.TP
262+\fBexport\fP
263+key=value の対を環境にインポートしやすいように表示する
264+(訳注: key=value を 1 行に 1 個ずつ出力する)。
265+この出力フォーマットは、I/O リミットの情報が求められた場合には
266+(すなわち、\fB\-\-info\fP オプションが指定された場合は)、自動的に有効になる
267+(訳注: 手元のバージョン 2.35 の \fBblkid\fP では、自動的に有効にならないようだ)。
268+
269+非表示文字は、^ や M\- を使う表記法でエンコードされ、
270+問題を起こしかねない文字は、すべてエスケープされる。
271+.RE
272+.TP
273+\fB\-O\fP, \fB\-\-offset\fP \fIoffset\fP
274+指定された \fIoffset\fP 位置を調べる (\fB\-\-probe\fP と一緒に使ったときのみ効果がある)。
275+このオプションは、\fB\-\-info\fP と一緒に使うこともできる。
276+.TP
277+\fB\-p\fP, \fB\-\-probe\fP
278+low\-level なスーパーブロック精査モードに切り換える (キャッシュはバイパスする)。
279+
280+なお、low\-level 精査では、(訳注:
281+ファイルシステムに関するスーパーブロックの情報だけでなく)
282+パーティションテーブルのタイプ (PTTYPE タグ) やパーティションに関する情報
283+(PART_ENTRY_* タグ) もやはり報告される。low\-level 精査によって生成されるタグ名は、
284+libblkid によって内的に使用される名前に基づいているので、\fB\-\-probe\fP
285+を付けずに実行したときのタグ名と異なっていることもある
286+(たとえば、PART_ENTRY_UUID= と PARTUUID=)。
287+\fB\-\-no\-part\-details\fP の項もご覧いただきたい。
288+.RS
289+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
290+この説明には、紛らわしいことが二つある。一つは、PTTYPE
291+タグが表示されるのは、\fIdevice\fP にパーティションではなく、
292+/dev/sda のようなディスクを指定した場合であるということ
293+(\fB\-\-probe\fP オプションを指定する、しないは関係ない)。
294+/dev/sda1 のようなパーティションを指定した場合は、同じ情報が
295+PART_ENTRY_SCHEME タグに表示される。
296+.sp
297+もう一つは、\fB\-\-probe\fP
298+を指定しないでも、スーパーブロック中の情報のいくつかは表示されるということ。
299+\fB\-\-probe\fP を指定すると、ファイルシステムに関して表示される情報が増えるのである。
300+.RE
301+.TP
302+\fB\-s\fP, \fB\-\-match\-tag\fP \fItag\fP
303+(指定された) 各デバイスについて、\fItag\fP に一致するタグのみを表示する。\fB\-\-match\-tag\fP
304+オプションは、複数回指定することもできる。タグの指定を全くしなかった場合は
305+(訳注: すなわち、このオプションを全く使用しなかった場合は)、(指定された)
306+すべてのデバイスについて、すべてのトークンが表示される。
307+いかなるトークンも表示せず、ただキャッシュを更新するだけなら、\fB\-\-match\-tag none\fP
308+を、他のオプションを付けずに、使用すればよい。
309+.TP
310+\fB\-S\fP, \fB\-\-size\fP \fIsize\fP
311+デバイス/ファイルのサイズを変更する (\fB\-\-probe\fP
312+と一緒に使ったときのみ役に立つ)。
313+.TP
314+\fB\-t\fP, \fB\-\-match\-token\fP \fINAME=value\fP
315+名前が \fINAME\fP で、値が \fIvalue\fP のトークンを持つブロックデバイスを捜して、
316+見つかったすべてのデバイスを表示する。\fINAME\fP によく使われるものには、\fBTYPE\fP,
317+\fBLABEL\fP, \fBUUID\fP などがある。
318+コマンドラインでデバイスを一つも指定しないと、すべてのブロックデバイスが検索される。
319+デバイスを指定した場合は、そのデバイスのみが検索される。
320+.TP
321+\fB\-u\fP, \fB\-\-usages\fP \fIlist\fP
322+精査機能 (訳注: \fB\-\-probe\fP 参照) の使用を、コンマ区切りのリスト
323+\fIlist\fP で指定した用途 ("USAGE")
324+のタイプに限定する。サポートされている用途のタイプには、filesystem,
325+raid, crypto, other がある。リストの項目の前に "no"
326+を付ければ、無視すべき用途タイプを指定することになる。例を挙げよう。
327+.sp
328+ blkid \-\-probe \-\-usages filesystem,other /dev/sda1
329+.sp
330+上のコマンドは、用途のタイプが filesystem や other (たとえば、swap)
331+のすべてに対して low\-level 精査を行う。
332+.sp
333+ blkid \-\-probe \-\-usages noraid /dev/sda1
334+.sp
335+こちらは、RAID 以外の、サポートされている用途タイプのすべてに対して low\-level
336+精査を行う。なお、この \fB\-\-usages\fP オプションが役に立つのは、\fB\-\-probe\fP
337+と一緒に使ったときだけである。
338+.TP
339+\fB\-U\fP, \fB\-\-uuid\fP \fIuuid\fP
340+ファイルシステム UUID に \fIuuid\fP を使用しているデバイスを見つけ出す。
341+詳しいことは、\fB\-\-label\fP オプションを参照していただきたい。
342+.TP
343+\fB\-V\fP, \fB\-\-version\fP
344+バージョン番号を表示して終了する。
345+.SH リターンコード
346+指定されたデバイス、または (\fB\-\-match\-token\fP オプションで)
347+指定されたトークンによって作業の対象になったデバイスが見つかり、
348+しかもそのデバイスについて何らかの情報が収集できたときは、終了コード 0 を返す。
349+なお、オプション \fB\-\-match\-tag\fP
350+は、出力するタグの限定はするけれど、リターンコードには影響を及ぼさない。
351+
352+指定されたトークンが見つからなかった場合、指定されたデバイスが一つも見つからなかった場合、
353+それにデバイスの識別名やデバイスの内容について情報が全く収集できなかった場合は、
354+終了コード 2 を返す。
355+
356+使用法の誤りなどに対しては、終了コード 4 を返す。
357+
358+low\-level 精査モード (\fB\-p\fP)
359+で矛盾した検査結果が出たときは、終了コード 8 を返す。
360+.SH 設定ファイル
361+標準の設定ファイルは \fI/etc/blkid.conf\fP だが、この位置は、環境変数
362+BLKID_CONF によって変更することができる。以下に挙げる設定項目は、libblkid
363+ライブラリを制御している。
364+.TP
365+\fISEND_UEVENT=<yes|not>\fP
366+\fI/dev/disk/by\-{label,uuid,partuuid,partlabel}/\fP
367+にあるシムリンクが、デバイスの LABEL, UUID, PARTUUID, PARTLABEL
368+と一致していない場合に、uevent を送出する。デフォルトは "yes" である。
369+.TP
370+\fICACHE_FILE=<path>\fP
371+キャッシュファイルの位置を標準から変更する。この設定は、環境変数
372+BLKID_FILE によって上書きすることができる。デフォルトは、普通
373+\fI/run/blkid/blkid.tab\fP だが、/run ディレクトのないシステムでは
374+\fI/etc/blkid.tab\fP になる。
375+.TP
376+\fIEVALUATE=<methods>\fP
377+LABEL や UUID からデバイスを特定するためのメソッド (LABEL and UUID
378+evaluation method) を指定する。現在のところ、libblkid
379+ライブラリは、"udev" と "scan" という二つのメソッドをサポートしている。
380+一つ以上のメソッドを、コンマで区切ったリスト形式で指定してもよい。
381+デフォルトは、"udev,scan" である。"udev" メソッドが、\fI/dev/disk/by\-*\fP
382+にある udev のシムリンクを使用するのに対して、"scan"
383+メソッドは、ファイル \fI/proc/partitions\fP
384+を読んで、記載されているすべてのブロックデバイスをスキャンする。
385+.SH 作者
386+\fBblkid\fP は libblkid のために Andreas Dilger によって書かれ、Theodore Ts'o
387+と Karel Zak によって改良された。
388+.SH 環境変数
389+.IP "LIBBLKID_DEBUG=all と設定すると、デバッグ出力が有効になる。"
390+.SH 関連項目
391+\fBlibblkid\fP(3), \fBfindfs\fP(8), \fBlsblk\fP(8), \fBwipefs\fP(8)
392+.SH 入手方法
393+この blkid コマンドは、util\-linux パッケージの一部であり、
394+https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util\-linux/ から入手できる。
--- /dev/null
+++ b/manual/util-linux/release/man8/lsblk.8
@@ -0,0 +1,246 @@
1+.\" lsblk(8) - list block devices
2+.\"
3+.\" Copyright (C) 2010-2018 Red Hat, Inc. All rights reserved.
4+.\" Written by Milan Broz <mbroz@redhat.com>
5+.\" Karel Zak <kzak@redhat.com>
6+.\"
7+.\" This program is free software; you can redistribute it and/or modify
8+.\" it under the terms of the GNU General Public License as published by
9+.\" the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
10+.\" (at your option) any later version.
11+.\"
12+.\" This program is distributed in the hope that it would be useful,
13+.\" but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
14+.\" MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
15+.\" GNU General Public License for more details.
16+.\"
17+.\" You should have received a copy of the GNU General Public License along
18+.\" with this program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc.,
19+.\" 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
20+.\"
21+.\"*******************************************************************
22+.\"
23+.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
24+.\"
25+.\"*******************************************************************
26+.\"
27+.\" Japanese Version Copyright (c) 2020 Chonan Yoichi,
28+.\" all right reserved.
29+.\" Translated (util-linux 2.34) Sun Sep 20 21:48:28 JST 2020
30+.\" by Chonan Yoichi <cyoichi@maple.ocn.ne.jp>
31+.\"
32+.TH LSBLK 8 "February 2013" util\-linux "System Administration"
33+.SH 名前
34+lsblk \- ブロックデバイスを一覧表示する
35+.SH 書式
36+\fBlsblk\fP [options] [\fIdevice\fP...]
37+.SH 説明
38+\fBlsblk\fP は、利用できるすべてのブロックデバイス、
39+または指定されたブロックデバイスの情報を一覧表示する。
40+\fBlsblk\fP コマンドは、\fBsysfs\fP ファイルシステムや \fBudev\fP
41+のデータベースを読んで、情報を収集する。udev
42+のデータベースが利用できない場合や、lsblk が udev
43+のサポートなしでコンパイルされている場合は、ブロックデバイスから直接 LABEL, UUID,
44+ファイルシステムタイプなどを読み取ろうとする。その場合は、ルート権限が必要である。
45+.PP
46+このコマンドは、デフォルトでは、すべてのブロックデバイスをツリー状のフォーマットで表示する
47+(RAM ディスクは除く)。利用できるすべての項目 (columns)
48+のリストを見るには、\fBlsblk \-\-help\fP を使用すればよい。
49+.PP
50+デフォルトの出力はもとより、\fB\-\-fs\fP や \fB\-\-topology\fP
51+といったオプションのデフォルトの出力も、バージョンによって違うことがある。
52+そこで、スクリプトで使うときは、デフォルトの出力の使用は、なるべく避けた方がよい。
53+いつでも一定の出力が必要な場合には、\fB\-\-output\fP \fIcolumn\-list\fP と
54+\fB\-\-list\fP を使用して、表示させたい項目が何と何かを、必ず明確に指定するべきである。
55+.PP
56+\fBlsblk\fP を実行したとき、デバイスがつい今しがた追加、変更されたばかりで、
57+そうしたデバイスについての情報のすべてを、\fBudev\fP
58+がまだ取得していない、ということがあるかもしれない。そうした場合には、現状と
59+\fBudev\fP とを同期させるために、\fBlsblk\fP を使用する前に、\fBudevadm settle\fP
60+を実行することをお勧めする。
61+.SH オプション
62+.TP
63+\fB\-a\fP,\fB \-\-all\fP
64+空っぽのデバイスや RAM ディスクデバイスもリストする。
65+.TP
66+\fB\-b\fP,\fB \-\-bytes\fP
67+SIZE の項目 (column) を人間に読みやすい表記ではなく、バイト単位で表示する。
68+.TP
69+\fB\-D\fP,\fB \-\-discard\fP
70+各デバイスについて、そのディスカーディング能力
71+(discarding capabilities、TRIM や UNMAP) の情報を表示する。
72+.TP
73+\fB\-d\fP,\fB \-\-nodeps\fP
74+ホルダーデバイス (holder devices) やスレーブを表示しない。たとえば、\fBlsblk
75+\-\-nodeps /dev/sda\fP は、sda というデバイスの情報しか表示しない。
76+.TP
77+\fB\-E\fP,\fB \-\-dedup \fP\fIcolumn\fP
78+出力されるツリーの重複をなくすために、項目 \fIcolumn\fP を重複排除キーとして使用する。
79+ただし、そのデバイスでそのキーが利用できない場合や、そのデバイスがパーティションであり、
80+ディスク全体である親デバイスが同じキーの値を示している場合には、
81+そのデバイスはやはり表示されることになる。
82+
83+よく使われる例としては、システムのマルチパスデバイスで、たとえば \fB\-E WWN\fP
84+を指定して、出力の重複をなくすといったことがある。
85+.TP
86+\fB\-e\fP,\fB \-\-exclude \fP\fIlist\fP
87+\fIlist\fP で指定されたデバイスを表示から除外する。\fIlist\fP
88+は、コンマで区切ったメージャーデバイス番号のリストである。なお、RAM ディスク
89+(major=1) は、\fB\-\-all\fP が指定されないかぎり、デフォルトで除外されている。
90+このフィルターで適用対象に指定されるのは、トップレベルのデバイスだけである。
91+そのため、デバイスの階層関係をはっきり示さない \fB\-\-list\fP
92+の出力形式では、パーティションまで表示されなくなることに戸惑うかもしれない。
93+.TP
94+\fB\-f\fP,\fB \-\-fs\fP
95+ファイルシステムの情報を表示する。このオプションは、\fB\-o
96+NAME,FSTYPE,LABEL,UUID,FSAVAIL,FSUSE%,MOUNTPOINT\fP と等価である。
97+なお、ファイルシステムや RAID についての信頼できる確かな情報は、\fBblkid\fP
98+コマンドが提供している (訳注: \fBblkid\fP は、root によって実行された場合、
99+必要に応じて、キャッシュではなく、デバイスそのものから情報を収集するので、その分信頼性が高い)。
100+.TP
101+\fB\-h\fP,\fB \-\-help\fP
102+ヘルプテキストを表示して終了する。
103+.TP
104+\fB\-I\fP,\fB \-\-include \fP\fIlist\fP
105+\fIlist\fP で指定されたデバイスを表示の対象にする。\fIlist\fP
106+は、コンマで区切ったメージャーデバイス番号のリストである。
107+このフィルターで適用対象に指定されるのは、トップレベルのデバイスだけである。
108+そのため、デバイスの階層関係をはっきり示さない \fB\-\-list\fP
109+の出力形式では、パーティションまで表示されるようになることに戸惑うかもしれない。
110+.TP
111+\fB\-i\fP,\fB \-\-ascii\fP
112+ツリー状の表示にするのに ASCII 文字を用いる。
113+.TP
114+\fB\-J\fP,\fB \-\-json\fP
115+JSON 出力フォーマットを使用する。\fB\-\-output\fP
116+を一緒に使うことを強くお勧めする。必要ならば、\fB\-\-tree\fP も。
117+.TP
118+\fB\-l\fP,\fB \-\-list\fP
119+一覧表 (list) 形式で出力を表示する。
120+この出力は、デバイス間にどんな関係があるかを明示しない。また、バージョン 2.34
121+以来、デバイスはどれも 1 度しか表示されないようになっている
122+.RS
123+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
124+\fB\-\-list\fP は、\fB\-\-pairs\fP や \fB\-\-raw\fP
125+と一緒に使うことができない。
126+.RE
127+.TP
128+\fB\-M\fP,\fB \-\-merge\fP
129+RAID やマルチパスデバイスについて、出力を読みやすくするために、
130+サブツリーのペアレントをグループ化する。出力はツリー状である必要がある。
131+.TP
132+\fB\-m\fP,\fB \-\-perms\fP
133+デバイスの所有者、グループ、許可属性について情報を出力する。このオプションは、
134+\fB\-o\ NAME,SIZE,OWNER,GROUP,MODE\fP と等価である。
135+.TP
136+\fB\-n\fP,\fB \-\-noheadings\fP
137+ヘッダ行を表示しない。
138+.TP
139+\fB\-o\fP,\fB \-\-output \fP\fIlist\fP
140+出力にどの項目 (columns) を表示するかを指定する。
141+使用できる全項目のリストを知るには、\fB\-\-help\fP
142+オプションを使用すればよい。選択した項目によっては、ツリー状の出力に変化が生ずるかもしれない。
143+デフォルトでは、'NAME' の項目にツリー出力を使用している
144+(\fB\-\-tree\fP も参照していただきたい)。
145+
146+\fIlist\fP を \fI+list\fP の形で指定すれば、デフォルトのリストに項目を追加することができる
147+(たとえば、\fBlsblk \-o +UUID\fP のように)。
148+.TP
149+\fB\-O\fP,\fB \-\-output\-all \fP
150+使用できるすべての項目を出力する。
151+.TP
152+\fB\-P\fP,\fB \-\-pairs\fP
153+key="value" の対の形で出力を表示する。
154+問題を起こしかねない文字は、すべて 16 進数にエスケープされる (\ex<code>)。
155+.TP
156+\fB\-p\fP,\fB \-\-paths\fP
157+デバイスのフルパスを表示する。
158+.TP
159+\fB\-r\fP,\fB \-\-raw\fP
160+「生の」フォーマットで出力を表示する。NAME, KNAME, LABEL, PARTLABEL,
161+MOUNTPOINT といった項目における、問題を起こしかねない文字は、すべて
162+16 進数にエスケープされる (\ex<code>)。
163+.RS
164+.IP "[\fB訳注\fP]" 8
165+「生の」フォーマット (raw format) というのは、未加工の出力フォーマット、
166+すなわち、最小限の整形しかしないフォーマットのこと。ちなみに raw
167+の反対語は cooked である。
168+.RE
169+.TP
170+\fB\-S\fP,\fB \-\-scsi\fP
171+SCSI デバイスに関する情報のみを出力する。
172+すべてのパーティション、スレーブ、ホルダーデバイスは無視される。
173+.TP
174+\fB\-s\fP,\fB \-\-inverse\fP
175+依存関係を逆の順番で表示する。\fB\-\-list\fP 出力が要求された場合でも、
176+出力される行は、やはり依存関係に従って並べられる。
177+.TP
178+\fB\-T\fP,\fB \-\-tree\fP[\fB=\fP\fIcolumn\fP]
179+強制的にツリー状の出力フォーマットにする。\fIcolumn\fP
180+が指定されていれば、その項目でツリー表示が行われる (訳注: 現在のところ、\fIcolumn\fP
181+の指定は必須)。デフォルトでツリー表示されるのは、NAME の項目である。
182+.TP
183+\fB\-t\fP,\fB \-\-topology\fP
184+ブロックデバイスのトポロジーについて情報を出力する。このオプションは、
185+\fB\-o NAME,ALIGNMENT,MIN\-IO,OPT\-IO,PHY\-SEC,LOG\-SEC,ROTA,
186+SCHED,RQ\-SIZE,RA,WSAME\fP と等価である。
187+.TP
188+\fB\-V\fP,\fB \-\-version\fP
189+バージョン情報を表示して終了する。
190+.TP
191+\fB\-x\fP,\fB \-\-sort \fP\fIcolumn\fP
192+\fIcolumn\fP の項目を使って、出力行をソートする。このオプションは、デフォルトでは
193+\fB\-\-list\fP 出力フォーマットを有効にする。\fI\-\-tree\fP オプションを使用して、
194+強制的にツリー状の出力にすることも可能であり、その場合は、ツリー表示の枝が、\fIcolumn\fP
195+の値を元にしてソートされる。
196+.TP
197+\fB\-z\fP,\fB \-\-zoned\fP
198+各デバイスについて zone model を表示する。
199+.TP
200+\fB \-\-sysroot \fP\fIdirectory\fP
201+\fBlsblk\fP コマンドが実行されているインスタンス以外の Linux
202+インスタンスについてデータを収集する。指定するディレクトリは、調査対象となる
203+Linux インスタンスのシステムルートである。このオプションは、テスト用である。
204+
205+.SH 注記
206+個々のパーティションに対して、ある種の情報 (たとえば、キュー属性, queue attribures)
207+は、親デバイスから継承される。
208+.PP
209+\fBlsblk\fP コマンドでは、各ブロックデバイスを major:minor
210+番号によって検索できる必要があり、それは \fI/sys/dev/block\fP
211+を使って行われる。この sysfs の block ディレクトリが登場したのは、カーネル
212+2.6.27 (2008 年 10 月) だった。十分に新しいカーネルで問題が生じる場合は、
213+カーネルをビルドしたときに、CONFIG_SYSFS を有効にしたかどうかを確認した方がよい。
214+
215+.SH リターンコード
216+.IP 0
217+成功
218+.IP 1
219+失敗
220+.IP 32
221+指定されたデバイスが一つも見つからなかった
222+.IP 64
223+指定されたデバイスのうちに、見つかったものもあり、見つからないものもあった
224+
225+.SH 作者
226+.nf
227+Milan Broz <mbroz@redhat.com>
228+Karel Zak <kzak@redhat.com>
229+.fi
230+.SH 環境変数
231+.IP LSBLK_DEBUG=all
232+lsblk デバッグ出力を有効にする。
233+.IP LIBBLKID_DEBUG=all
234+libblkid デバッグ出力を有効にする。
235+.IP LIBMOUNT_DEBUG=all
236+libmount デバッグ出力を有効にする。
237+.IP LIBSMARTCOLS_DEBUG=all
238+libsmartcols デバッグ出力を有効にする。
239+.IP LIBSMARTCOLS_DEBUG_PADDING=on
240+目に見える埋め文字 (padding characters) を使用する。LIBSMARTCOLS_DEBUG
241+有効にしておく必要がある。
242+.SH 関連項目
243+\fBls\fP(1), \fBblkid\fP(8), \fBfindmnt\fP(8)
244+.SH 入手方法
245+この lsblk コマンドは、util\-linux パッケージの一部であり、次の
246+URL から入手できる。https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util\-linux/
--- a/manual/util-linux/translation_list
+++ b/manual/util-linux/translation_list
@@ -65,7 +65,7 @@
6565 ×:util-linux:2.34:0000/00/00:addpart:8:::::
6666 ☆:util-linux:2.12r=>2.34:0000/00/00:agetty:8:1998/06/24::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
6767 ×:util-linux:2.34:0000/00/00:blkdiscard:8:::::
68-×:util-linux:2.34:0000/00/00:blkid:8:::::
68+○:util-linux:2.35.2:2013/03/00:blkid:8:2020/10/14::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
6969 ×:util-linux:2.34:0000/00/00:blkzone:8:::::
7070 ○:util-linux:2.35.2:2010/08/00:blockdev:8:2020/08/24::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
7171 ○:util-linux:2.35.2:2014/03/00:cfdisk:8:2020/07/12::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
@@ -87,7 +87,7 @@
8787 ☆:util-linux:2.12r=>2.34:0000/00/00:isosize:8:2001/03/12::sato@complex.eng.hokudai.ac.jp:Yuichi SATO:
8888 ×:util-linux:2.34:0000/00/00:ldattach:8:::::
8989 ☆:util-linux:2.12r=>2.34:0000/00/00:losetup:8:2005/06/04::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
90-×:util-linux:2.34:0000/00/00:lsblk:8:::::
90+○:util-linux:2.34:2013/02/00:lsblk:8:2020/10/14::cyoichi@maple.ocn.ne.jp:Chonan Yoichi:
9191 ×:util-linux:2.34:0000/00/00:lslocks:8:::::
9292 ×:util-linux:2.34:0000/00/00:lsns:8:::::
9393 ☆:util-linux:2.12r=>2.34:0000/00/00:mkfs:8:1999/10/07::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
Afficher sur ancien navigateur de dépôt.