Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2012-01-06 14:35
opengion 5.4.3.2 (4 files Cacher)

Notes de release

5.4.3.2 (2012/01/06)
[伝送システム改良]
伝送のファイル取得では、リスト取得->ファイル取得->ファイル削除の順で動作していますが、
サイズが大きいデータをコピー中等で処理された場合に問題が発生する可能性があります。
そのため、リストを作成する段階でrenameメソッドを利用してコピー中判定を行う機能を追加します。
コピー中の場合はリストに含めません。
org.opengion.fukurou.transfer.TransferRead_FILELIST
org.opengion.fukurou.util/FileUtil#getFileList(...)

[メール送信時認証対応]
メール送信モジュール及びmailSender2タグを利用したメール送信で、POP before SMTP認証に対応します。
利用する場合はシステム定数のMAIL_SEND_AUTHに「POP_BEFORE_SMTP」と指定します。
認証のユーザ、パスワードの指定もシステム定数で行います。(MAIL_SEND_AUTH_USER,MAIL_SEND_AUTH_PASSWORD)
SMTP送信時のポート番号の指定も対応しています。(システム定数SMTP_PORT)
ポート番号は指定しない場合は標準(25番)です。
org.opengion.fukurou.mail/MailTX#MailTX(...)
org.opengion.hayabusa.mail.AbstractMailManager#send()
org.opengion.hayabusa.mail.MailManager_DB#sendMail()
org.opengion.hayabusa.common/SystemData#MAIL_SEND_AUTH,MAIL_SEND_AUTH_USER,MAIL_SEND_AUTH_PASSWORD

5.4.3.1 (2011/12/27)
[RFID帳票XML出力対応]
PGcall時の引数として、ポートを追加します。
org.opengion.hayabusa.report.RFIDPrintPointService#setPortnm(String port)
org.opengion.hayabusa.report.AbstractRFIDPrintPointService#setPortnm( final String port )
org.opengion.hayabusa.report.RFIDPrintRequest#RFIDPrintRequest(...),execute()
org.opengion.hayabusa.report.RFIDPrintPointService_DEFAULT#makeShellCommand()

Changelog

No Changelogs