Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2013-01-07 18:07
opengion 5.6.0.0 (4 files Cacher)

Notes de release

5.6.0.0 (2012/01/07)
[topMenuタグ修正]
useDivOneLevelがtrue時の動作を修正します。
floatでの改行制御をしていましたが、画面サイズによって途中で折り返しが発生し、
意図しないレイアウトになってしまうため、改行はfalse同様にbrで行います。
又、タイトルが長い場合を考慮して内部の文字サイズと幅を変更します。
外側をdivで囲う制御は変わりません。
jsp\common\default.css
hayabusa.taglib.TopMenuTag#makeOneLevelMenu

5.5.9.2 (2012/12/21)
[ラベルリソース修正]
MDレンデラの名称が間違っていたので修正します。

[Viewフォントサイズ変更機能修正]
ヘッダ固定時のフォントサイズに対応します。
又、最小化した際の不具合対応を行いました。
(但し、この機能の利用を推奨している分けではありません)
jsp\common\unrecommend\changeFontSize.js

5.5.9.1 (2012/12/07)
[フォーカス色機能の改修]
5.5.9.0での対応のタグ名称指定を小文字から大文字に変更します。
jsp\common\eventScript.js

[set/getViewArrayList のコメント修正]
コメントが、パラメータマップ、パラメータオブジェクトなど、修正前のままだったため、
パラメータ(文字列配列のArrayLis)に統一します。
※ コメントのみの変更なので、ver 表記は入れません。
hayabusa\html\AbstractViewForm#setViewArrayList( final ArrayList<String[]> list ) {
hayabusa\html\ViewForm#setViewArrayList( ArrayList<String[]> list) ;
hayabusa\taglib\ViewFormTag#setViewArrayList( final ArrayList<String[]> list ) {
hayabusa\html\AbstractViewForm#getViewArrayList() {

[変数名変更]
ViewForm_HTMLStackedGanttTable に使われている、CalArray 変数名を、calArray に変更します。
※ 変数名のみの単純置換なので、ver 表記は入れません。
plugin\view\ViewForm_HTMLStackedGanttTable.java

[URLConnect のエンコード]
URLConnect で、エンコード(charset)が、setInfo(URLConnection)メソッド上で
上書きされていたため、先に設定済みの場合は、再セットしない様に変更します。
fukurou.util.URLConnect#setInfo( final URLConnection conn )

[セッション管理の変更]
セッションが作成されたときの、sessionId と、sessionDestroyed されるときの、sessionId が
異なる為、UserInfoの削除がうまくされない現象を解消します。
方法は、セッション作成時に、規定のキーでセッションIDを取得しておき、削除時に
その既定のキーで、UserInfoの削除を行います。
この改造は、sessionDestroyed に実行される SystemManager.removeSession( String ) を、
removeSession( HttpSession ) に変更することで、対応します。
hayabusa.common.SystemManager#addSession( final HttpSession session )
hayabusa.common.SystemManager#removeSession( final HttpSession session )
hayabusa.common.HybsSessionListener#sessionDestroyed( final HttpSessionEvent event )
hayabusa.common.HybsSystem#SESSION_KEY

[WriteTableTag のファイル初期化]
WriteTableTag で、出力元の DBTableModel が、存在しないか、0件の場合、
過去に作成したファイルがそのまま、残っていると、不要なトラブルのもととなる為、
実行前に削除するフラグを用意します。
なお、互換性のため、false(削除しない) に設定。推奨は、true(削除する)です。
hayabusa.taglib.WriteTableTag#doStartTag()
hayabusa.taglib.WriteTableTag#release2()
hayabusa.taglib.WriteTableTag#setBeforeDelete( final String flag )

gf\src\META-INF\hybs-taglib.tld 項目追加 beforeDelete
gf\WEB-INF\hybs-taglib.tld 項目追加 beforeDelete

Changelog

No Changelogs