Télécharger la liste

Description du projet

Projectの概要 JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。 SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。 このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。 (基本機能) ・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御 ・多言語対応          ・Excel入出力機能 ・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能 ・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能 ・バッチ処理機能 各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。 Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。 Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。 コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Livrée : 2013-12-09 10:56
opengion 5.7.1.0

Nom Taille Hachage Date Télécharger compter
RELEASE-NOTES.5.7.1.0.txt 8.33 KB 2013-12-09 11:01 20
openGion_core_5.7.1.0.zip 17.81 MB 2013-12-09 11:01 7
openGion_dev_5.7.1.0.zip 60.57 MB 2013-12-09 11:01 10
openGion_verup_5.7.1.0.zip 9.80 MB 2013-12-09 11:01 10

Notes de release

5.7.1.0 (2013/12/06)
[Excel帳票の互換性対応]
3.8.1.2で対応されているUSE_DATAOVERの対応がVer.5に入っていないため、
互換性確保のために入れます。
これは、PAGE_END_CUT フラグを使用(true)すると、最後の一行が表示されない不具合対応で、
元々Ver.5では修正された動作でしたが、Ver.3からの置き換え時に従来通りの動きをさせる
必要がある場合にシステムリソースから設定します。
Ver.3との互換性維持機能のため、Excel帳票にのみの適用です。
COMPATIBLE_PAGE_END_CUT_RETRIEVALの初期値はfalse(互換動作)です。
もし、Ver.5で新規にExcel帳票を立ち上げている場合はtrueに変更して下さい。
hayabusa.report.DBTableReport_HTML#USE_DATAOVER
hayabusa.report.DBTableReport_HTML#changeData( final String inLine )
hayabusa.common.SystemData#COMPATIBLE_PAGE_END_CUT_RETRIEVAL(コメントのみ)

[帳票要求NO画面変更]
要求NO画面で、変更時に完成フラグと振分条件を一括セットできるようにします。
ge/jsp/REP01/modify.jsp

[GF での GEA 使用削除]
GFアプリケーションのsンプルJSPで、GEA系リソースを使っている箇所を
GF41 にできるだけ置き換えます。
リソース本番データを変更してしまう恐れがあるので、GF系とGE系を
分けるためです。
gf/jsp/GF6010/query.jsp(41): SELECT GUIKEY,GUIKEY,':',NAME_JA FROM GEA11
gf/jsp/GF6010/result.jsp(42): from GEA11
gf/jsp/GF6140/result.jsp(35): B.DESCRIPTION,A.RDC_CODE,A.RELEASE_NOTES,A.DYUPD,A.CDKH,A.FGJ,COALESCE(B.LANG,'ja') as LANG,A.UNIQ,B.UNIQ UNIQ_GEA08,
gf/jsp/GF6200/result.jsp(21): select * from GEA11
gf/jsp/GF6210/result.jsp(21): select * from GEA11
gf/jsp/GF6230/query.jsp(28): select GUIKEY,GUIKEY,NAME_JA from GEA11
gf/jsp/GF6320/result.jsp(32): from GEA10
gf/jsp/GF6330/query.jsp(26): FROM GEA10
gf/jsp/GF6410/query.jsp(57): SELECT A.CODE,B.LNAME FROM GEA04 A,GEA08 B
gf/jsp/GF6410/result.jsp(56): SELECT A.CODE,B.LNAME FROM GEA04 A,GEA08 B
gf/jsp/GF7060/result.jsp(179): select * from GEA11
gf/jsp/GF7090/DBReader_DBCountFilter.jsp(27): <og:param key="sql" value="select * from GEA03 where FGJ='1'" />
gf/jsp/GF7219/query.jsp(30): select system_id,dyset,count(*)as CNT from GEA11

[HTML5対応]
HTML5形式のヘッダーを出力できるようにします。
設定は、システムリソースの USE_HTML5_HEADER キーで定義します。
初期値は、互換性の観点から、false です。
hayabusa.taglib.HeadTag#HTML5_HEAD1 , HTML5_HEAD2 , HEAD_TYPE_ENUM
hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()
hayabusa.taglib.HeadTag#release2()
hayabusa.taglib.HeadTag#setHeadType( final String type ) JavaDoc修正

hayabusa.common.SystemData#USE_HTML5_HEADER

headType に、"handy" キーワードを追加しました。
これは、default.css と custom.css まで、出力します。
headType="null" との違いは、CALENDAR_CSS を出力するかどうか、だけです。
hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag()

inputタグに、HTML5 で新たに追加された、type を設定できるようにします。
これらの タイプを使うには、システムリソースの USE_HTML5_HEADER を true にする必要があります。
HTML5追加分[search/tel/url/email/datetime/date/month/week/time/datetime-local/number/range/color]
hayabusa.taglib.InputTag#CHECK_TYPE_HTML5
hayabusa.taglib.InputTag#setType( final String type )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#release2()
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setMust( final String flag )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setAutocomplete( final String autocomplete )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setAutofocus( final String atfocus )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setPattern( final String pattern )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setPlaceholder( final String placeholder )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setList( final String list )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setMin( final String min )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setMax( final String max )
hayabusa.taglib.HTMLTagSupport#setStep( final String step )

queryButton タグを、HTMLTagSupport を継承し、ボタンに付ける属性を増やします。
title , style , disabled , tabindex , clazz , onClick , onBlur , onFocus ,
ondblClick , onMouseDown , onMouseUp , onMouseMove , onMouseOut , onMouseOver , autofocus

追加属性の対応 tld 修正
タグ:input , column , columnEditor
属性:autocomplete , autofocus , pattern , placeholder , required , list , min , max , step
タグ:button , select , submit
属性:autofocus
タグ:textarea
属性:autofocus , placeholder , required
タグ:queryButton
属性:title , style , disabled , tabindex , clazz , onClick , onBlur , onFocus ,
ondblClick , onMouseDown , onMouseUp , onMouseMove , onMouseOut , onMouseOver , autofocus

[エラーメッセージ修正]
タグの入れ子チェックでエラーの場合、タグ名が判らなかったので、表示するようにします。
hayabusa.taglib.CaseTag.java(109): String errMsg = "<b>このタグは、switch タグの内部におく必要があります。</b>";
hayabusa.taglib.ColumnSetTag.java(127): String errMsg = "このタグは、EntryTag のBODY部に記述される必要があります。";
hayabusa.taglib.FileOptionTag.java(116): String errMsg = "このタグは、SelectTag のBODY に記述する必要があります。";
hayabusa.taglib.ItdTag.java(117): String errMsg = "<b>このタグは、TheadTag か、TBodyTagの内側(要素)に記述してください。</b>";
hayabusa.taglib.OptionTag.java(144): String errMsg = "このタグは、SelectTag のBODY に記述する必要があります。";
hayabusa.taglib.ParamTag.java(105): String errMsg = "<b>このタグは、ProcessTag の内側(要素)に記述してください。</b>";
hayabusa.taglib.ProcessTag.java(109): String errMsg = "<b>このタグは、MainProcessTagの内側(要素)に記述してください。</b>"
hayabusa.taglib.SqlAndTag.java(201): String errMsg = "<b>このタグは、where タグの内部におく必要があります。</b>";
hayabusa.taglib.TableUpdateParamTag.java(186): String errMsg = "<b>このタグは、TableUpdateTagの内側(要素)に記述してください。</b>";
hayabusa.taglib.TFormatTag.java(88): String errMsg = "<b>このタグは、ViewFormTagの内側(要素)に記述してください。</b>";
hayabusa.taglib.ViewParamTag.java(64): String errMsg = "<b>このタグは、ViewFormTagの内側(要素)に記述してください。</b>";
hayabusa.taglib.WriteTableParamTag.java(167): String errMsg = "<b>このタグは、WriteTableTagの内側(要素)に記述してください。</b>";

[HTML5 datalist タグ新規作成]
datalistは、フォームの入力欄などで入力候補となるデータリストを定義するHTML拡張タグです。
BODY部に、option 、queryOption 、fileOption タグを使用して、オプション情報を作成します。
これに伴い、各オプションタグから、SelectTag を上位検索()
SelectTag select = (SelectTag)findAncestorWithClass( this,SelectTag.class );

OptionAncestorIF select = (OptionAncestorIF)findAncestorWithClass( this,OptionAncestorIF.class );
に置き換え、SelectTag と、DatalistTag の両方に、OptionAncestorIF を implements します。

5.7.0.4 (2013/11/29)
[帳票エラーメールの対象指定]
GE50を利用する帳票でも、オンライン的に利用する帳票と、
夜間にバッチ的に出力する帳票があります。
現在の監視メールは送るか送らないかの2択で、監視したい対象を限定する事ができないため、
正規表現方式で帳票IDにフィルタをかけられるようにします。(REPORT_ERRMAIL_REGEX)
何も設定していない場合は全ての帳票IDが対象です。
その他のメール送信条件(host,from,toが存在する事)に変更はありません。
( [帳票ID].matches( [REPORT_ERRMAIL_REGEXの設定値] ) がtrueかどうかで判定します )
また、メールの件名にlistidを追加します。
hayabusa/report/GE50Access#sendMail( final String inErrMsg )
hayabusa/report/Daemon_Report#startDaemon()
hayabusa/report2/QueueManger_DB#sendMail( final ExecQueue queue, final String inErrMsg )
hayabusa/common/SystemData#REPORT_ERRMAIL_REGEX

5.7.0.3 (2013/11/22)
[DirectInsertの不具合修正]
directTableInsertタグで、ファイルのフォーマットエラーがあった場合等に
Tomcatがファイルを掴んだままになってしまう不具合を修正します。
(close処理をfinallyに移します)
hayabusa.taglib.DirectTableInsertTag#doEndTag()
hayabusa.taglib.DirectTableInsertTag#create( final BufferedReader reader )

5.7.0.2 (2013/11/15)
[リソースの取込画面修正]
5.6.9.2で追加した画面ですが、実運用上での考慮不足があったので修正します。
・maxRowCountの初期値を10000で渡す
・FGJ=1の条件を追加
・検索言語の初期値をja
ge\jsp\GE0010\query.jsp
ge\jsp\GE0010\result.jsp

5.7.0.1 (2013/11/08)
[adjustBarの拡張]
adjustBarの、ヘッダ部分の縦線を、複数引けるように拡張します。
leftLoc,leftValに対してカンマ区切りで複数の値を指定可能にしました。
(タグの修正はコメント変更のみ)
hayabusa.taglib.ViewIHeadTag#setLeftVal( final String leftVal )
hayabusa.taglib.ViewIHeadTag#setLeftLoc( final String leftLoc )
common/option/adjustBar.js

Changelog

No Changelogs