Télécharger la liste

Description du projet

Projectの概要 JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。 SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。 このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。 (基本機能) ・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御 ・多言語対応          ・Excel入出力機能 ・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能 ・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能 ・バッチ処理機能 各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。 Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。 Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。 コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Livrée : 2017-06-02 17:34
opengion 5.9.21.0

Nom Taille Hachage Date Télécharger compter
RELEASE-NOTES_5.9.21.0.txt 2.80 KB 2017-06-02 17:35 1
openGion_core_5.9.21.0.zip 17.76 MB 2017-06-02 17:35 7
openGion_dev_5.9.21.0.zip 65.01 MB 2017-06-02 17:36 6
openGion_verup_5.9.21.0.zip 10.36 MB 2017-06-02 17:35 5

Notes de release

5.9.21.0 (2017/06/02) 回帰用インタフェイス変更 V6の変更に合わせて単回帰用のインタフェイスを拡張して、重回帰にも同じものを利用します。 (setCoefficientは一旦復活させておきます) penguin.math.statistics.HybsRegression.java 新規作成 penguin.math.statistics.HybsMultiRegression.java penguin.math.statistics.HybsSimpleRegression.java penguin.math.statistics.HybsSquadraticRegression.java penguin.math.statistics.HybsSingleRegression.java 削除 ViewForm_JSON変更 テーブルモデルをJSON形式で出力するViewForm_JSONの出力に出力カラムのリストを加えます。 INFOとしてカラム名(カンマ区切り)を出力しておき、後処理をしやすくします。 plugin.view.ViewForm_JSON#getInfo( final int rowcount) JSON操作 JavaでJSONを操作するため、JSON操作のモジュールであるjackson(2.8)をjavaに配置します。 java/jre/lib/ext/jackson-core-2.8.8.jar java/jre/lib/ext/jackson-annotations-2.8.0.jar java/jre/lib/ext/jackson-databind-2.8.8.jar JSONのテーブルモデルへの変換 jacksonを利用して、受け取ったJSONをテーブルモデルに変換する機能を追加します。 これによりリクエストで受け取ったJSON形式のデータを汎用的に扱う事が可能になります。 エンジンとしての標準形式をデフォルトで用意しますが、pluginとして拡張可能にします。 hayabusa.html.JsonReader hayabusa.html.AbstractJsonReader hayabusa.tablig.ReadJSONTag plugin.json.JsonReader_Default hybs-taglib.tld JSON取込みサンプル JSON出力、取込みのサンプル画面を作成します。 gf/jsp/GF7170

5.9.20.2 (2017/05/19) 異常値検出サンプル画面 マハラノビス距離を利用した異常値判定のサンプル画面を追加しました。 (正確には「異常」ではなく、単純に母集団との距離が遠いという判定) gf/jsp/GFX030 WriteTableのヘッダー指定 ヘッダーの並び順の標準をシステムリソースで指定出来るようにします。 hayabusa.common.SystemData#TABLE_WRITER_DEFAULT_HEADERSEQ hayabusa.taglib.WriteTableTag#release2()

5.9.20.1 (2017/05/12) Bizロジック修正 6.7.9.0での対応の反映です。 nullと isEmpty() も、0 を返します。 fukurou.business.AbstractBizLogic#vari(String key) fukurou.business.AbstractBizLogic#vard(String key) fukurou.business.AbstractBizLogic#linei(String key,int rw) fukurou.business.AbstractBizLogic#lined(String key,int rw) JsChartTagの機能追加 v6での変更を反映させておきます。 ・タグの使用を決める共通属性の対応 ・useRenderer追加 hayabusa.taglib.JsChartTag#setUseRenderer( final String usernd ) hayabusa.taglib.JsChartTag#jsChartOutput() hayabusa.taglib.JsChartTag#release2() hybs-taglib.tld 統計処理にマハラノビス距離追加 教師無しデータで異常値検知が可能な、マハラノビス距離を利用した判定クラスを追加します。 サンプルデータ集合を与える事で、マハラノビス距離を算出するための平均と共分散を作成し、 判定したいデータのマハラノビス距離が閾値を超えているかで判定が可能です。 penguin.math.statistics.HybsMahalanobis

Changelog

No Changelogs