Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

JavaベースのWEB-POSシステムです。クライアントはEclipseRCPを使っています。 POSシステムは商売・経営の多様化で要求される独自の機能・ニーズが様々です。パッケージ製品にはない固有の実装のカスタマイズを考慮しクラス設計しました。〔GPLライセンス適用〕

Système requise

System requirement is not defined
デモ版
0.8.0

Livrée : 2009-05-27 22:16
デモ版 0.8.0 (2 files Cacher)

Notes de release

POSクライアント・デモ版 (JRE付き)

【動作環境】

OS : Windows

Java : JDK 1.6

【使用しているフレームワーク】

EclipseRCP 3.3


動かすためには下記の手順でセットアップしてください


【DB準備】

軽量RDBMS「Apache Derby(ダービー)」をインストールし、テーブルを作成します。

  • ダウンロード
Apache DerbyプロジェクトのWebサイトから「Downloads」リンクをたどり、アーカイブ・ファイル「db-derby-10.5.1.1-bin.zip」をダウンロードします。


  • インストールは上記zipファイルの展開で完了
    (以降c:\db-derby-10.5.1.1に展開することを前提とします)

続けてDBをサーバモードで起動します。
  • 「スタート」から「ファイル名を指定して実行」
c:\db-derby-10.5.1.1\bin\startNetworkserver.bat

次に
  • 「スタート」から「ファイル名を指定して実行」
c:\db-derby-10.5.1.1\bin\ij


  • 起動したijプロンプトより次を実行
ij> run 'c:\tmp\createTable.sql';

(あらかじめc:\tmpにスクリプトファイルcreateTable.sqlを配置するものとする)

ij> exit;
で終了

※ここでc:\DBにDerbyが使用するDBファイルが作成されます。


【インストール】

c:\pos_demoというフォルダ(名称は任意)を作成し、その場所に「pos-client-demo_0.8.0.zip」を展開します。
POS機器と連携するために次のパスのとおりフォルダを作成します。

c:\OposCommander\Exchange\CustomerDisplay
c:\OposCommander\Exchange\CashDrawer
c:\OposCommander\Exchange\ReceiptPrinter

(デモ版ではPOS機器はなくてもよいですが上記フォルダは必要です)


【起動方法】

pos.exeから起動します。

<初回起動時は設定が必要です>
「店舗コードが正しく設定されていません」というエラーが発生したときはメニューバーの「ファイル」→「Preferences」より「POS設定」を選択し、店舗コード:999を001に設定してください。
その後、「POS再起動」ボタンをクリックします。


【簡単な使い方】

  • 起動後トップメニューの「販売」ボタンをクリックすると、「社員証バーコードを読み取ってください」というダイアログが表示されます。 ここではTABキーを押すことで進めます。


  • 販売画面で、書籍バーコード、あるいは雑誌バーコードを読み取ることで、一覧に計上します。バーコードスキャナーがない場合は商品を検索することも可能です。
    F11:検索をクリック
    検索キーワード「001」
    検索対象「品番」


  • 販売ボタンを押すか、ピリオドキーを押すと、会計ダイアログが開きます。 預り金額を入力し「OK」をクリックします。(販売完了)


【終了方法】

POSトップメニューの「POS終了」をクリックします。

Changelog

2009-05-27 POS デモ版 Ver.0.8.0