• Showing Page History #38288

さわらびフォントの Wiki

このページでは、GNU/Linux システムにさわらびフォントをインストールする方法と、GNU/Linux で利用する場合のおすすめ設定について説明します。

1. Linux 上でのインストール方法

この項では GNU/Linux システムを対象に、さわらびフォントのインストール方法を説明します。と言っても、さわらびフォントのファイル形式は、一般的な Windows 用 TrueType フォントと同じです。ですので、Windows や Mac OS X でも普通にインストールしてご利用いただけます。zip もしくは tar.gz ファイルをダウンロードして解凍し、得られた ttf ファイルをそれぞれの OS で用意されている方法でインストールしてください。

GNU/Linux の場合も事情は全く同じで、特別なインストール方法があるわけではありません。ふつうにインストールすればよいだけです。ですので、すでに GNU/Linux でのインストール方法は知っていますという方は、読み飛ばしていただいて全く問題ありません。

では、GNU/Linux でのインストール方法を説明します。

まず、ダウンロードするファイルですが、最近のさわらびフォントは、deb パッケージも用意してもらえるようになりました。Debian を使っている方は(Ubuntu の方も OK だと思いますが)、パッケージからインストールするのがやはりお勧めですので、deb ファイルをダウンロードしてください。 deb パッケージが利用できないディストリビューションの場合は、zip もしくは tar.gz ファイルをダウンロードしてください。

1.1. deb パッケージからインストールする場合

システムによっては、deb ファイルをダブルクリックすると GUI のインストーラが立ち上がります。この場合、このツールを使ってインストールするのが楽でしょう。 インストーラが立ち上がらない場合(システムによってはアーカイバなど別のアプリケーションが立ち上がる場合もあります)や、コマンドがお好きな場合は、ターミナルなどからコマンドラインでインストールします。この場合、おおよそ次のような感じのコマンドでインストールできます。

$ sudo dpkg -i <deb ファイルの名前>

<deb ファイルの名前>」の部分には、ダウンロードした deb ファイルの名前が入ります。ファイル名がたとえば「ttf-sawarabi-gothic_20090320-1_all.deb」であれば、それがそのまま入力されていれば OK です。なお、このコマンド例では sudo コマンドで管理者権限を取得していますが、もちろん su などを使ってもかまいません。

アンインストールする場合は

$ sudo dpkg -r ttf-sawarabi-gothic

で OK です。

1.2. zip もしくは tar.gz からインストールする場合

deb パッケージが使えないディストリビューションの場合は、zip もしくは tar.gz をダウンロードしてください。多くのシステムでは、ダウンロードしたファイルをダブルクリックするだけで GUI のアーカイバが立ち上がりますので、簡単に解凍できると思います。 なお、コマンドラインから解凍を行う場合は、zip では

$ unzip <zip ファイル名>

tar.gz では

$ tar zxf <tar.gz ファイル名>

で解凍できます。

GNU/Linux の場合、(おそらく多くのディストリビューションでは)通常フォントは /usr/share/fonts ディレクトリ以下にインストールされますが、ここにファイルを置くには管理者権限が必要ですし、(権限まわりを含めて手順を説明するのが?)あまり手軽ではありません(それにこうしたところには原則的にパッケージ管理システムを通してインストールするのが、すでに流儀となっているとも言えるのかもしれません)。そこで、ここではもっと簡単な方法を紹介します。それはホームディレクトリに .fonts ディレクトリを作り、そこにフォントファイルを置くという方法です(これだけでフォントのインストールは完了するのです)。この場合、そのフォントはそのユーザだけが使うフォントになりますが(他のユーザは使えません)、個人用のマシンとして使っている方などであれば、別に不利益はないでしょう。

GNOME 上で上記のインストールを行う場合、手順は次のようになります。

  1. ホームフォルダを開きます。Nautilus のウィンドウが現れ、ホームディレクトリの内容が表示されます
  2. Ctrl-H をタイプし、ドットファイル(隠しファイル)を表示させます
  3. Ctrl-Shift-N をタイプし、新規フォルダを作成します。フォルダ名は .fonts とします(先頭に . があることに注意しましょう)
  4. 作成したフォルダを開き、そこにフォントファイルをドラッグします
  5. もう一度ホームフォルダに戻り、Ctrl-H をタイプします。ドットファイルが非表示に戻ります

これでフォントのインストールは完了です。

2. Linux 上でさわらびフォントを使う場合のおすすめ設定

GNU/Linux システムでは、たいていの場合、フォントを画面上に描画する際に「ヒンティング情報」というものを使うように設定されています 一般に英字フォントなどでは、ヒンティング情報を利用したほうがクリアな表示になり読みやすくなりますが、さわらびフォントの場合、これを利用しないほうが綺麗になります。

ヒンティング情報をどの程度利用するか(あるいはまったく利用しないか)は、GNOME にあらかじめ備わっている、外観の設定ツールでも設定できますが、これで設定するとその設定値はフォント全般に影響を及ぼします。 つまり、普通に英字フォントなどを併用している場合、英字フォントのほうも、その設定値でレンダリングされてしまうということです。つまり、さわらびフォントのためにヒンティング情報を無効にしてしまうと、それは英字フォントのほうにも影響してしまい、せっかくの読みやすさが(若干)損なわれてしまいます。

しかし、こうした事態を解決する方法があります。それは設定ファイルを記述して、フォントごとに個別の設定をほどこす、という方法です。/etc/fonts/ ディレクトリ以下にそうした設定ファイル群がありますので、ここに設定ファイルを追加して記述してもよいのですが、ここではもっと手軽に行える、ユーザごとの設定方法を紹介します。

ユーザごとに設定する場合、ホームディレクトリ直下に .fonts.conf というファイルを記述します。ファイルの内容は次のような感じになります。

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "file:///etc/fonts/fonts.dtd">
<fontconfig>
  <match target="font">
    <test name="family">
      <string>Sawarabi Gothic</string>
    </test>
    <edit name="hinting" mode="assign">
      <bool>false</bool>
    </edit>
  </match>
  <match target="font">
    <test name="family">
      <string>Sawarabi Mincho</string>
    </test>
    <edit name="hinting" mode="assign">
      <bool>false</bool>
    </edit>
  </match>
</fontconfig>

これで、さわらびゴシックとさわらび明朝は、自動的にヒンティングがオフになります。他のフォントには影響を及ぼしません。


この文書にコメント:

: