Télécharger la liste

Description du projet

skf is an i18n'ed kanji converter. Supports CJK codesets, Unicode, as well as language specific codesets like KOI-8. Has various code-conversion features for mail/SGML/TeX/XML processing. Currently 1.99/2.00/2.10 are stable version.

Livrée : 2017-11-12 21:24
skf 1.99.16

Nom Taille Hachage Date Télécharger compter
skf_1.99.16.tar.xz 756.94 KB 2017-11-12 21:25 3

Notes de release

This is patch 16 of skf-1.99 series.

skf-1.99 系の patch 16 です。

Changelog

patch 16

(1) fix error message for "-o" option

(2) fix obsolete option action properly

(3) fix octal encoding output wrong code on tail.

(4) fix to suppress MIME encoding on transparent mode

(5) fix X-0213 reverse conversion table

(6) nkf-compat hankaku-kana output condition fix

(7) added cp65001 as UTF-8 alias

(8) fix B-right output

(9) fix zW output space escape condition.

This is patch 8 for skf-2.00

1.99.15

(1) fix: some duplicate option big assigns fixed.

(2) suppress some codeset for MIME use

(3) fix: iso-2022-jp-2-2004 doesn't show in MIME

(4) hack: cp50221,50222 private area output supporessed

1.99.14 release note fix: nkf compatible mode -mQ and -l behavior changed

1.99.13 release note fix: backported 2.00.6 fixes fix: cp1253 map

1.99.12 release note fix: mingw need binmode in file I/O fix: add reset to hard-inquiry fix: add checks for malloc failure fix: various LWL related bugs. fix: debian control file dirs points an inproper location. fix: name(suffix) of shared library in MINGW/CYGWIN environment. fix: nkf-compatmode UTF-32 output does not work due to typo. fix: MIME canonical name for UTF-16 is not correct.

patch 16

(1) octal エンコード、B-Right/V, zW エンコーディングのバグ修正。

(2) -o オプションのエラーメッセージ修正。-E が動かないのを修正。

(3) transparent モードでの MIME 抑止。

(4) nkf 互換時の半角かなの出力条件修正。

(5) cp65001, cp65000, cp1200, cp1201 を UTF-8 のエイリアスに追加

(6) X-0213 逆変換テーブル修正。

変更履歴 (skf - 1.99.15)

(1) skf.h でのビット二重アサイン修正

(2) MIME で不適当な codeset が使われていたのを抑止

(3) fix: iso-2022-jp-2-2004 の cname が MIME で適切に表示されない。

(4) hack: cp50221,50222 外字部が正しく動作しないため抑止。

変更履歴 (skf - 1.99.14)

(1) nkf 互換 -mQ -l 修正。それに伴い不必要なデコード削除

変更履歴 (skf - 1.99.13)

(1) 2.00.6 の修正をバックポート (2) cp1253 のマップ修正

変更履歴 (skf - 1.99.12)

(1) hard-inquiry で前の状態のリセットが抜けているのを修正 (2) minGW 環境でのファイル入出力に O_BINARY を追加 (3) python 機能拡張でのメモリ割り当てチェック漏れ追加 (4) Debian control file が治っていないのを修正 (5) MINGW/Cygwin での共有ライブラリ回り修正 (6) nkf 互換 UTF-32 出力が動かないのを修正 (7) UTF-16 の MIME カノニカル名に誤って BOM が付いているのを修正

変更履歴 (skf - 1.99.11)

(1) winsami/iscii code table の定義ミスを修正

(2) サイト名変更に伴い、sourceforge.jp を osdn.jp に変更

変更履歴 (skf - 1.99.10)

(1) 【セキュリティ】 s_in 時にG0ハンドリングを誤ってクラッシュする件を修正。DoSの可能性あり。 (2)nkf互換モードの -X が -x と同じ動作になっていたのを修正 (3) cygwin での python 環境検出を修正

変更履歴 (skf - 1.99.9)

(1) 【nkf互換モード】一部のオプションが nkf-compat モードでない場合に動作を切り替えていたバグを修正。-i オプションが動いていなかったのを修正。 (2) ANSEL が正しく定義されていなかったのを修正 (3) man に UTF-16 が little-endian であると誤って記載されていた件を修正

変更履歴 (skf - 1.99.8)

(1) ruby 2.1 サポートの修正 (2) cygwin64 環境で LWL 拡張が生成されないのを修正。

変更履歴 (skf - 1.99.7)

(1) ruby 2.1 サポート (2) early_mime_out 指定時に MIME encode が不正な結果を吐くバグを仮対策。 (3) UnicodeData を 6.3 に更新 (4) nkf 互換モードで --cp932 が動かない件を修正 (5) ほか細かいバグ修正

変更履歴 (skf - 1.99.6)

(1) Ruby extension での TYPO 修正。 (2) Cygwin 環境で Python 3 の ABI フラグがうまく取れず configure が落ちる件の対処。

変更履歴 (skf - 1.99.5)

(1) UTF-32 の入力のサポートを追加。 (2) x-0213 かな分解見直し。 (3) x-0213 マップ一部修正。 (4) nkf 互換での MIME エンコード時にファイル終端に改行文字を補う処理追加。 (5) UTF-16 のコード判定で改行文字を見る。

変更履歴 (skf - 1.99.4)

(1) in-place で suffix 指定をすると未割り当ての領域に値を書くバグを修正 関連して 1.99.3 のデバッグの消し残りを修正 (2) UTF-16be 指定時にエンディアンの初期化が漏れているのを修正 (3) 半角のウに濁点を全角に変換する処理の誤りを修正。

変更履歴 (skf - 1.99.3)

(1) SWIG 側の定義漏れの修正 (2) Ruby 2.0 時の定義漏れの修正 (3) cp932 絡みで未登録コードセット名が吐かれる場合があるバグを修正

変更履歴 (skf - 1.99.2)

(1) MinGW 対応修正。 (2) tcl ヘッダ関係の設定とり込み修正。 (3) Cygwin 環境で ruby のヘッダ取り込みがまずいのを修正+2.0.0 対応 (4) 入力サイドの skfFILE の定義を誤って出力に流しているため型が合って いないバグを修正。

変更履歴 (skf - 1.99.1)

(1) BIG5-UAO の初期化がオーバランしているのを修正 (Bug #30456) (2) bcopy が正しく動かない環境に対応