• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

Commit

Tags
Aucun tag

Frequently used words (click to add to your profile)

javac++androidlinuxc#objective-cqtwindows誰得cocoapythonphprubygameguibathyscaphec翻訳omegat計画中(planning stage)frameworktwittertestdomvb.netdirectxbtronarduinopreviewerゲームエンジン

XKeymacs for 64bit Windows


Commit MetaInfo

Révision2e8292eca7255bf0a7b88fa1c859ef10a092e5dc (tree)
l'heure2011-05-28 16:58:25
AuteurKazuhiro Fujieda <fujieda@user...>
CommiterKazuhiro Fujieda

Message de Log

Add Readme64.txt.

Change Summary

Modification

--- /dev/null
+++ b/Readme64.txt
@@ -0,0 +1,66 @@
1+= XKeymacs for 64bit版Windows
2+
3+== これは何か
4+
5+XKeymacs version 3.47を64bit版のWindowsでも動作するように改良したもの
6+です。Windows 7でコンソールアプリケーションを正しく識別できないバグと、
7+Internet Explorer 7/8でテキストエリアがダイアログ扱いになるバグも直し
8+てあります。32bit版のWindowsで普通に使うこともできます。
9+
10+== 必要なもの
11+
12+Visual C++ 2010再頒布可能パッケージ(x86)と
13+http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=a7b7a05e-6de6-4d3a-a423-37bf0912db84&displayLang=ja
14+64bit版のWindowsで使うなら、Visual C++ 2010再頒布可能パッケージ(x64)
15+が必要です。
16+http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=BD512D9E-43C8-4655-81BF-9350143D5867&displaylang=ja
17+
18+== 使い方
19+
20+64bit版のバイナリと32bit版のバイナリがありますが、起動するのは32bit版
21+のxkeymacs.exeだけです。xkeymacs.exeが必要に応じて64bit版の
22+xkeymacs64.exeを起動します。
23+
24+== 制限
25+
26+32bitアプリケーションと64bitアプリケーションで、kill-ringとキーボード
27+マクロを共有できません。
28+
29+== 動作原理
30+
31+32bit版が設定の管理や通知アイコンの表示などを行います。64bit版は
32+64bit版のフックのインストールと実行だけを行います。32bit版と64bit版は
33+名前付きパイプで通信します。
34+
35+== 既知のバグ
36+
37+* Windows 7でキーボードレイアウトを変更できません。
38+* Windows Vistaと7で設定の取り込みと書き出しができません。
39+
40+== ソースコード
41+
42+sourceforge.jpの作業部屋のGitリポジトリから取得できます。
43+http://sourceforge.jp/users/fujieda/pf/xkeymacs64/
44+Visual C++ 2010 ExpressでコンパイルするにはWindows Driver Kit (WDK)
45+7.1.0とWindows SDK 7.1が必要です。
46+
47+== 著作権
48+
49+XKeymacs version 3.47から改変されていない部分の著作権は、大石
50+(oishi@cam.hi-ho.ne.jp)さんにあります。改変した部分の著作権は藤枝和宏
51+(fujieda@users.sourceforge.jp)にあります。
52+
53+== ライセンス
54+
55+このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたはこれを、フリーソフト
56+ウェア財団によって発行された GNU 一般公衆利用許諾契約書(バージョン2か、
57+希望によってはそれ以降のバージョンのうちどれか)の定める条件の下で再頒
58+布または改変することができます。
59+
60+このプログラムは有用であることを願って頒布されますが、*全くの無保証*
61+です。商業可能性の保証や特定の目的への適合性は、言外に示されたものも
62+含め全く存在しません。詳しくはGNU 一般公衆利用許諾契約書をご覧くださ
63+い。
64+
65+GNU 一般公衆利用許諾契約書(バージョン2)
66+http://www.opensource.jp/gpl/gpl.ja.txt