翻訳作業とは(入門編)

このページは、初めてJMプロジェクトで翻訳をされようという方のために記述しています。

概要

JM プロジェクトでは、JM プロジェクト外部にある、Linux関連のドキュメントを日本語に訳して提供する作業を行っています。
これから翻訳を始めようという方のために、翻訳対象のファイルは、予めプロジェクト側が用意しています。その中から翻訳したいものを選んでいただき、翻訳いただくことになります。
翻訳が終わったドキュメントは、LiunxJM成果物として配布します。Webでの公開や、マニュアルパッケージへのパッケージングは管理者が行います。

プロジェクトへの参加

JM プロジェクトは、メーリングリストと、git を使うリポジトリを使っています。

かんたんな翻訳作業方法

あらかじめプロジェクトが用意している翻訳対象をそのまま訳していただく方法です。翻訳対象のファイルは、ほとんどが roff 形式になっていますので、その構造をそのまま活かして日本語に訳していきます。
作業の流れについては 翻訳作業の流れ を参照してください。訳したいファイルの希望を表明したり、校正のやり方が記載されています。 訳し終わったファイルは、メーリングリストに投稿します。結果をレビューします。レビュー作業はメーリングリストで行います。その後の処理については、他の、翻訳になれた方に依頼します。
なお、翻訳については、JMプロジェクトで定めた翻訳の指針があります。http://linuxjm.osdn.jp/guide/translation_guideline.html を参照してください。

また、現在他の方が翻訳されている内容について、その内容の吟味やコメントをするところから始めるのも良いでしょう。linuxjm-discuss には翻訳済みでレビュー依頼をしているマニュアルがありますので、校正から入っていくのも良い方法の1つです。

JM 標準の翻訳方法

若干の例外はありますが、いくつかのツールを使って翻訳を行う方法です。主に、 po4a と言うツールを使います。詳しい設定方法や作業方法は別ページにまとめています。