• R/O
  • SSH
  • HTTPS

Commit

Tags
Aucun tag

Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-ccocoa誰得qtrubypythonwindowsphpgamebathyscaphegui翻訳comegattwitterframeworkbtronvb.net計画中(planning stage)testdomarduinodirectxpreviewerゲームエンジン

PHPのフレームワークです。オートローディング、ルーティング、ORマッパ、フォームバリデータ、その他ユーティリティがセットになっています。


Commit MetaInfo

Révision82 (tree)
l'heure2021-01-14 15:47:28
Auteurtantancode

Message de Log

メソッドの移動に対応

Change Summary

Modification

--- lib/HtmlUtil.php (revision 81)
+++ lib/HtmlUtil.php (revision 82)
@@ -159,17 +159,17 @@
159159 case 'check':
160160 case 'checkbox':
161161 $attributes['type'] = $type;
162- return HtmlUtil::choice($attributes);
162+ return self::choice($attributes);
163163
164164 // <textarea> を作成する場合。
165165 case 'textarea':
166166 $value = @ArrayUtil::eject($attributes, 'value');
167- return HtmlUtil::tag('textarea', $attributes, (string)$value); // stringキャストしているのは、null だったら閉じタグなしになってしまうため。
167+ return self::tag('textarea', $attributes, (string)$value); // stringキャストしているのは、null だったら閉じタグなしになってしまうため。
168168
169169 // それ以外では <input> を生成する。
170170 default:
171171 $attributes['type'] = $origtype;
172- return HtmlUtil::tag('input', $attributes);
172+ return self::tag('input', $attributes);
173173 }
174174 }
175175
@@ -220,7 +220,7 @@
220220 }
221221
222222 // options を <select> で囲んでリターン。
223- return HtmlUtil::tag('select', $attributes, $options, true);
223+ return self::tag('select', $attributes, $options, true);
224224
225225 case 'radios':
226226
@@ -317,7 +317,7 @@
317317
318318 // <input> タグを作成。
319319 $attributes['type'] = $type;
320- $result = HtmlUtil::tag('input', $attributes);
320+ $result = self::tag('input', $attributes);
321321
322322 // 選択肢名があるなら <label> で囲む。
323323 if(strlen($label) > 0) {
@@ -326,7 +326,7 @@
326326 // ただ、明示的に for 属性が指定されているならそちらを使う。jsでクローンするためにidやforを出したくないときなどに需要がある。
327327 $for = $attributes['for'] ?? $attributes['id'];
328328 $pair = $result . ViewUtil::encode($label);
329- return HtmlUtil::tag('label', array('for'=>$for), $pair, true);
329+ return self::tag('label', array('for'=>$for), $pair, true);
330330 }
331331
332332 return $result;
@@ -335,7 +335,7 @@
335335
336336 if( !isset($attributes['selected']) ) $attributes['selected'] = $checked;
337337
338- return HtmlUtil::tag($type, $attributes, $label);
338+ return self::tag($type, $attributes, $label);
339339
340340 default:
341341 trigger_error("'type' に指定された値 {$type} には対応していません。");
--- lib/extension/form/FormContainer.php (revision 81)
+++ lib/extension/form/FormContainer.php (revision 82)
@@ -155,7 +155,7 @@
155155 // まずは親項目としてのエラーメッセージを処理する。
156156 if( !empty($this['error']) ) {
157157 $message = $this->getMessage();
158- $errors[] = $message ? ViewUtil::tag('div', array('class'=>'error'), $message) : '';
158+ $errors[] = $message ? HtmlUtil::tag('div', array('class'=>'error'), $message) : '';
159159 }
160160
161161 // 次に子項目のエラーメッセージ。
@@ -162,7 +162,7 @@
162162 foreach($this['items'] as $item) {
163163 if( !empty($item['error']) ) {
164164 $message = $item->getMessage(true);
165- $errors[] = $message ? ViewUtil::tag('div', array('class'=>'error'), $message) : '';
165+ $errors[] = $message ? HtmlUtil::tag('div', array('class'=>'error'), $message) : '';
166166 }
167167 }
168168
--- lib/extension/form/FormItem.php (revision 81)
+++ lib/extension/form/FormItem.php (revision 82)
@@ -167,7 +167,7 @@
167167 $error = '';
168168 if( @$this['error'] ) {
169169 $message = $this->getMessage();
170- $error = ViewUtil::tag('div', array('class'=>'error'), $message);
170+ $error = HtmlUtil::tag('div', array('class'=>'error'), $message);
171171 }
172172
173173 // 入力項目を取得。
@@ -241,11 +241,11 @@
241241
242242 //-----------------------------------------------------------------------------------------------------
243243 /**
244- * この項目を入力するためのコントロールを表すHTML文字列、あるいは、それを出力するための ViewUtil::input() へのパラメータを返す。
244+ * この項目を入力するためのコントロールを表すHTML文字列、あるいは、それを出力するための HtmlUtil::input() へのパラメータを返す。
245245 * public になっているが、このメソッドを直接呼び出すよりも NovaForm::html() のようなユーティリティを利用したほうが良いだろう。
246246 *
247247 * @param デフォルトからカスタムしたいパラメータの連想配列。
248- * @return 文字列ならHTMLそのものなのでそのまま出力されたい。連想配列の場合は ViewUtil::input() のパラメータなのでそちらに渡して出力されたい。
248+ * @return 文字列ならHTMLそのものなのでそのまま出力されたい。連想配列の場合は HtmlUtil::input() のパラメータなのでそちらに渡して出力されたい。
249249 */
250250 public function getInputHtml($params = array()) {
251251
@@ -337,12 +337,12 @@
337337
338338 /**
339339 * この項目に choice 属性が設定されているとき、引数で指定されたキーを持つ選択肢を表すHTML文字列、
340- * あるいは、それを出力するための ViewUtil::choice() へのパラメータを返す。
340+ * あるいは、それを出力するための HtmlUtil::choice() へのパラメータを返す。
341341 *
342342 * @param 出力したい選択肢のキー。
343- * @param ViewUtil::choice() へのパラメータのうち、特別に指定したいパラメータの連想配列。以下のキーも追加で処理される。
343+ * @param HtmlUtil::choice() へのパラメータのうち、特別に指定したいパラメータの連想配列。以下のキーも追加で処理される。
344344 * format label を生成するための sprintf フォーマット文字列として処理される。%1$ が値、%2$ がキーとなる。省略した場合は "%1$s"。
345- * @return 文字列ならHTMLそのものなのでそのまま出力されたい。連想配列の場合は ViewUtil::choice() のパラメータなのでそちらに渡して出力されたい。
345+ * @return 文字列ならHTMLそのものなのでそのまま出力されたい。連想配列の場合は HtmlUtil::choice() のパラメータなのでそちらに渡して出力されたい。
346346 */
347347 public function getChoiceHtml($key, $params = array()) {
348348
--- lib/extension/form/NovaForm.php (revision 81)
+++ lib/extension/form/NovaForm.php (revision 82)
@@ -752,7 +752,7 @@
752752 * 引数に指定されたFormItemインスタンスの getInputHtml(), getChoiceHtml() を見ながら、フォームでの項目を表すHTML文字列を作成する。
753753 *
754754 * @param FormItemインスタンス
755- * @param ViewUtil::input() の引数と同じだが、基本的には type を指定するだけで良い。出力されるHTML要素に属性を設定したい場合はそれらを追加する
755+ * @param HtmlUtil::input() の引数と同じだが、基本的には type を指定するだけで良い。出力されるHTML要素に属性を設定したい場合はそれらを追加する
756756 * 程度。default をここで指定することもできる。
757757 * なお、choice キーはFormItem にセットした choice 属性から取得されるので無視される。
758758 * @return 作成したHTML。
@@ -774,7 +774,7 @@
774774 $options = array();
775775 foreach($item['choice'] as $key => $dummy) {
776776 $pars = $item->getChoiceHtml($key, array('type'=>$subtype, 'format'=>@$params['label-format'], 'checkif'=>@$params['value']));
777- $options[] = is_string($pars) ? $pars : ViewUtil::choice($pars);
777+ $options[] = is_string($pars) ? $pars : HtmlUtil::choice($pars);
778778 }
779779
780780 // 後の流れに合わせてパラメータを調整する。
@@ -782,8 +782,8 @@
782782 unset($params['label-format']);
783783 }
784784
785- // あとは ViewUtil::input() で処理できる。
786- return ViewUtil::input($params);
785+ // あとは HtmlUtil::input() で処理できる。
786+ return HtmlUtil::input($params);
787787 }
788788
789789
@@ -836,18 +836,18 @@
836836 // まずは親項目としての自身が直接持っているエラーメッセージを処理する。
837837 if( isset($this['error']) ) {
838838 $message = $this->getMessage();
839- $td = ViewUtil::tag('td', array('colspan'=>'2', 'class'=>'error'), $message);
840- $rows[] = ViewUtil::tag('tr', array(), $td, true);
839+ $td = HtmlUtil::tag('td', array('colspan'=>'2', 'class'=>'error'), $message);
840+ $rows[] = HtmlUtil::tag('tr', array(), $td, true);
841841 }
842842
843843 // 後は子項目を一つずつscaffold()していく。
844844 foreach($this['items'] as $item) {
845- $th = ViewUtil::tag('th', array(), $item['caption']);
846- $td = ViewUtil::tag('td', array(), $item->scaffold(), true);
847- $rows[] = ViewUtil::tag('tr', array(), [$th, $td], true);
845+ $th = HtmlUtil::tag('th', array(), $item['caption']);
846+ $td = HtmlUtil::tag('td', array(), $item->scaffold(), true);
847+ $rows[] = HtmlUtil::tag('tr', array(), [$th, $td], true);
848848 }
849849
850- return ViewUtil::tag('table', $params, $rows, true);
850+ return HtmlUtil::tag('table', $params, $rows, true);
851851 }
852852
853853
--- resources/smarty.plugin/block.detail_link.php (revision 81)
+++ resources/smarty.plugin/block.detail_link.php (revision 82)
@@ -23,6 +23,6 @@
2323 // リンク文字列に「(id)」を付ける。
2424 $content .= sprintf('(%s)', htmlspecialchars($params['id']));
2525
26- // <a>で囲んで出力。ViewUtil::tag() を使ってないのは二重エンコードを避けるため。
26+ // <a>で囲んで出力。HtmlUtil::tag() を使ってないのは二重エンコードを避けるため。
2727 return sprintf('<a href="%s">%s</a>', htmlspecialchars($href), $content);
2828 }
--- resources/smarty.plugin/function.form_choice.php (revision 81)
+++ resources/smarty.plugin/function.form_choice.php (revision 82)
@@ -2,10 +2,10 @@
22
33 /**
44 * セレクトボックスの <option> やチェックボックス・ラジオボタンなどの、選択肢を示すHTML文字列を出力する。
5- * 基本的に ViewUtil::choice() や FormItem::getChoiceHtml() のラッパなので詳細はそちらを参照されたい。
5+ * 基本的に HtmlUtil::choice() や FormItem::getChoiceHtml() のラッパなので詳細はそちらを参照されたい。
66 *
77 * パラメータ)
8- * ViewUtil::choice() に渡す引数をそのまま指定するが、以下のキーは特別に処理される。
8+ * HtmlUtil::choice() に渡す引数をそのまま指定するが、以下のキーは特別に処理される。
99 * item このキーを指定した場合は FormItem::getChoiceHtml() を呼ぶ。その他のキーはその第二引数として渡される。
1010 * key item を指定している場合に、getChoiceHtml() の第一引数を指定する。
1111 */
@@ -24,5 +24,5 @@
2424 return $params;
2525 }
2626
27- return ViewUtil::choice($params);
27+ return HtmlUtil::choice($params);
2828 }
--- resources/smarty.plugin/function.form_error.php (revision 81)
+++ resources/smarty.plugin/function.form_error.php (revision 82)
@@ -28,5 +28,5 @@
2828
2929 // 残されたパラメータを基本的な属性としてデフォルトの属性に追加してエラーメッセージを出力する。
3030 $params += ['class'=>'error'];
31- return ViewUtil::tag('div', $params, $text);
31+ return HtmlUtil::tag('div', $params, $text);
3232 }
--- resources/smarty.plugin/function.form_input.php (revision 81)
+++ resources/smarty.plugin/function.form_input.php (revision 82)
@@ -1,11 +1,11 @@
11 <?php
22
33 /**
4- * <input> や <select> などの、フォームにおける一入力項目を出力する。基本的に ViewUtil::input() や
4+ * <input> や <select> などの、フォームにおける一入力項目を出力する。基本的に HtmlUtil::input() や
55 * NovaForm::html() のラッパなので詳細はそちらを参照されたい。
66 *
77 * パラメータ)
8- * ViewUtil::input() や NovaForm::html() に渡す引数をそのまま指定するが、
8+ * HtmlUtil::input() や NovaForm::html() に渡す引数をそのまま指定するが、
99 * 以下のキーは特別に処理される。
1010 * item このキーを指定した場合は NovaForm::html() を呼ぶ。値にはその第一引数を指定する。
1111 */
@@ -16,6 +16,6 @@
1616 return Nova::setting('process', 'form.top')::html($item, $params);
1717
1818 }else {
19- return ViewUtil::input($params);
19+ return HtmlUtil::input($params);
2020 }
2121 }
--- sites/partial/default/TableheadView.html (revision 81)
+++ sites/partial/default/TableheadView.html (revision 82)
@@ -1,3 +1,3 @@
11 {[foreach from=$cols item='col']}
2- <th {[ViewUtil::attributes($col.attr) nofilter]}>{[$col.caption]}</th>
2+ <th {[HtmlUtil::attributes($col.attr) nofilter]}>{[$col.caption]}</th>
33 {[/foreach]}
--- sites/partial/default/TablerowView.html (revision 81)
+++ sites/partial/default/TablerowView.html (revision 82)
@@ -1,5 +1,5 @@
11 {[foreach $cols as $key => $col]}
2- <{[$col.display.tag]} {[ViewUtil::attributes($col.attr) nofilter]}>
2+ <{[$col.display.tag]} {[HtmlUtil::attributes($col.attr) nofilter]}>
33 {[partial action='tablecell' value=$row.$key|default display=$col.display column=$key record=$row]}
44 </{[$col.display.tag]}>
55 {[/foreach]}