Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

Sharp製LinuxZaurus用代替OSであるOpenZaurusの日本語環境を整えます。日本語化可能なROMの作成と公開,日本語入力ツールのビルドとパッケージング、公開などを目的とします。
日本語化されたROMの公開も行います。

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2006-05-25 22:37
GPE-Spitz-ja test1 (1 files Cacher)

Notes de release

3.5.4.1-rc4ベース。
localeを指定するだけで日本語が扱える状態になるROMのテスト版です。
インストールするにはhda1に200MBの容量が必要です。標準のパーティションではインストール出来ません。
/var/tmpのパーミッションがおかしいので手動で
$ chmod 777 /var/tmp && chmod +t /var/tmp
してください。(実行しないとsylpheedが立ち上がらない等の問題が出ます)

本家からの変更点
1.下記パッケージをインストール済み
2./etc/fonts/fonts.confのKochiをSazanamiへ
3.sylpheed-locale-jaは正しく作成されないので正しくコピーされるようにした。
4./var/swapに64MBのswapファイルを用意した。自動的に有効になります。
5.http://openzaurus-ja.sourceforge.jp/index.php?GPE%A4%CE%C6%FC%CB%DC%B8%EC%B2%BD
を参考にLANG指定、uimの設定を行えば日本語が扱えます。

gaim-protocol-msn
gaim-protocol-yahoo
gconf-dbus-locale-ja
glibc-charmap-euc-jp
glibc-charmap-utf-8
glibc-gconv-euc-jp
glibc-gconv-libjis
glibc-gconv-unicode
glibc-gconv
glibc-locale-ja
glibc-localedata-ja-jp
glibc-localedata-translit-cjk-variants
glibc-utils
gtk+-locale-ja
libatk-1.0-locale-ja
libglib-2.0-locale-ja
libglib-2.0-utils
libpopt-locale-ja
locale-base-ja-jp
locale-base-ja-jp-euc-jp
shared-mime-info-locale-ja
timezones
anthy
uim
ttf-sazanami-gothic
ttf-sazanami-mincho

Changelog

No Changelogs