Télécharger la liste

Description du projet

skf is an i18n'ed kanji converter. Supports CJK codesets, Unicode, as well as language specific codesets like KOI-8. Has various code-conversion features for mail/SGML/TeX/XML processing. Currently 1.99/2.00/2.10 are stable version.

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2019-12-31 23:11
skf 1.99.24 (1 files Cacher)

Notes de release

This is patch 24 of skf-1.99 series.

skf-1.99 のパッチレベル 24 です。

Changelog

skf (1.99.24) unstable; urgency=low

  • [skf:39695] make localedir option effective
  • [skf:39836] support behaviour change in ruby2.7
  • fix: make oldincludedir/docdir option effective
  • fix: add support ruby2.8, python 3.9 to configure

skf (1.99.23) unstable; urgency=medium

  • security fix punycode or uri as ic crashes
  • fix some codes does not decode correctly in rot mode

skf (1.99.22) unstable; urgency=medium

  • [skf:39111] fix: man directory setting through configure.
  • fix: -r with SJIS-in does not work.
  • fix: --set option with separate arguments error handling bug.
  • fix: out_codeset display in debug mode does not work
  • fix: rot char in be-in deleted from stream due to wrong bound check.

skf (1.99.21) unstable; urgency=medium

  • fix: inquiry reports UTF-32 as UTF-16
  • New japanese era support.

skf (1.99.20) unstable; urgency=medium

  • [skf:38570] do not treat LWL "8-bit binary" as codeset.
  • don't bite arguments after --
  • add -t option for nkf compatibility
  • undocumented nkf behavior support: -L0, -g0-2
  • re-enable -n option for nkf-compatibility
  • security hungup fixed if file open failed in in-place option.
  • fix codeset inquiry in in-place option.
  • tries to unlink temporal file when in-place rename failed.
  • retain input files when suffix is added in --in-place, overwrite

skf (1.99.19) unstable; urgency=medium

  • fix: keis strout doesn't convert ascii strings to EBCDICs
  • fix: ebcdic force-lineend changed to NEL
  • fix: inquiry output code control. fixes to force ASCII
  • fix: B-right/V strout doesn't convert ascii strings to EBCDICs
  • fix: punycode with idn prohibit char causes character drop.
  • fix: similar bug in hz & zW EOF handling.
  • fix: disable MIME cp932 related cname.
  • Security fix clashes related space-convert
  • fix: convert-html-uri does not work.

skf (1.99.18) unstable; urgency=medium

  • fix: set-lang doesn't work.
  • fix: cname containing '.' isn't recognized.
  • fix: rfc1554 iso-2022-jp-2-kr doesn't work.
  • fix: euc-jp-ms etc. get wrong codeset
  • fix: crash on bright/v output with html-sanitize
  • fix: zW related bug, mingw related bug
  • fix: koi-8, cp1251 output doesn't work.
  • fix: backport dynamic loading enable-patch on msys.

skf (1.99.17) unstable; urgency=high

  • security unicode decomposition crash fixed.
  • --set-g* crashes if following string is not charset
  • fix: "--" option does not work
  • fix: skferr table report.
  • security fix crash in U+1f1xx conversion.
  • security fix sjis-oldntt crashes in private area
  • fix: nkf_no_hk couldn't reset from command line.
  • fix: some option doesn't work for racing.
  • fix: convert-html-uri does not work.
  • fix: latin2html output without encode redirection.
  • fix: halfwidth valiant mime width correction.
  • fix: cns11463 single shift2 fails.
  • fix: cannot return to iso-2022 from unicode.
  • fix: [skf:37767] configure portability fix.

skf (1.99.16) unstable; urgency=medium

  • fix octal encoding output wrong code on tail.
  • fix to suppress MIME encoding on transparent mode
  • fix X-0213 reverse table
  • nkf-compat hankaku output condition incompatibility fixed.
  • added cp65001 as UTF-8 alias.
  • fix B-Right/V output
  • fix zW output

skf (1.99.15) UNRELEASED; urgency=medium

  • fix: some duplicate option big assigns fixed.
  • suppress some codeset for MIME use
  • fix: iso-2022-jp-2-2004 doesn't show in MIME
  • hack: cp50221,50222 private area output supporessed

skf (1.99.14) UNRELEASED; urgency=medium

fix: nkf mime compatibility

skf (1.99.13) experimental; urgency=low

  • fix: backport fix of 2.00.6
  • fix: mapping of cp1253 fixed.

skf (1.99.12) experimental; urgency=low

  • fix: mingw need binmode in file I/O
  • fix: add reset to hard-inquiry
  • fix: add checks for malloc failure
  • fix: various LWL related bugs.
  • fix: debian control file dirs points an inproper location.
  • fix: name(suffix) of shared library in MINGW/CYGWIN environment.
  • fix: nkf-compatmode UTF-32 output does not work due to typo.
  • fix: MIME canonical name for UTF-16 is not correct.

skf (1.99.11) experimental; urgency=low

  • fix winsami and iscii table definition.
  • change osdn.jp to osdn.jp

skf (1.99.10) experimental; urgency=low

  • fix -X meant -x in skf-compatible mode
  • Security fix s_in crashes due to inproper G0 table handling
  • fix python detection on cygwin mode

skf (1.99.9) experimental; urgency=low

  • fix nkf compatible mode applied on inappropriate situation
  • fix k_in setting is ignored
  • fix "ansel" doesn't properly defined
  • fix document incorrectly declared UTF-16 as little endian.

skf (1.99.8) experimental; urgency=low

  • fix ruby 2.1.0 support on cygwin broken
  • fix -shared flag not set on ruby 2.1.0

skf (1.99.7) experimental; urgency=low

  • ruby 2.1.0 support
  • fix bug in MIME encoding under early_mime_out mode
  • further nkf-compatibility
  • trim some terminal sequence sweep behaviors
  • UnicodeData undated to 6.3
  • fix nkf compatible option --cp932 behavior
  • fix some bugs

skf (1.99.6) experimental; urgency=low

  • fix python configuration under cygwin environment
  • fix typo in ruby code

skf (1.99.5) experimental; urgency=low

  • Fix x-0213 unicode mapping
  • further nkf-compatibility
  • fix utf-16 code detection is escaping too early.
  • support UTF-32 input

skf (1.99.4) experimental; urgency=high

  • fix heap corruption due to in-place suffix handling error
  • nkf inappropriate codeset handling compatibility

skf (1.99.3) experimental; urgency=high

  • fix skfoFILE definition
  • fix ruby 2.0.0 header file inclusion
  • fix unexpected non-registered codeset name use

skf (1.99.2) experimental; urgency=low

  • fix ruby header search fails on cygwin
  • fix tcl header not properly searched
  • fix MinGW compilation
  • ruby 2.0 support
  • fix type conflict on output side

skf (1.99.1) experimental; urgency=low

  • fix wrong initialization for BIG5-UAO table

変更履歴 (skf 1.99.24)

  • [skf:39695] localedir 指定有効化
  • [skf:39836] msys 環境の ruby 2.7 設定仕様変更に追従
  • oldincludedir/docdir の指定有効化。ruby 2.8/python 3.9 追加

変更履歴 (skf 1.99.23)

  • SECURITY 入力コードに punycode, uri を指定するとクラッシュするのを修正
  • 一部の文字が rot で正しく変換されないのを修正

変更履歴 (skf 1.99.22)

  • [skf:29111] configure での man ディレクトリ設定を有効化
  • Shift_JISで -r が動かないのを修正。vni、オプション関連修正。
  • デバッグモードで出力コードセットがうまく出力されないのを修正

変更履歴 (skf 1.99.21)

  • inquiry で UTF-32 が UTF-16 とレポートされるのを修正。
  • 新元号対応。

変更履歴 (skf 1.99.20)

  • [skf:38570] 8bit binary を LWL 拡張でのコードセットとして扱わない。
  • 一部オプションが -- を超えて引数を探索するのを抑止
  • 互換 -t オプションを追加
  • 互換 nkf の -L0, -g0-2, -n の動作を合わせる
  • Security --in-place で落ちる/無限ループする場合があるのを修正
  • in-place で各ファイル毎に文字集合をチェックしていないのを修正
  • in-place でファイルリネームに失敗した際に一時ファイルを消す
  • 互換 in-place で suffix を指定したときに元ファイルを消さない。
  • man ページ修正。コード一部整理。

変更履歴 (skf - 1.99.19)

  • KEIS 系の出力で一部の固定文字列が正しく出力されていなかったのを修正。
  • EBCDIC 系の強制改行文字を NEL に変更。
  • inquiry の出力文字コードをASCII に固定。
  • Punycode, HZ, zW で出力が切れる場合を修正。
  • B-Right/Vの固定文字列出力を修正。
  • nkf 互換モード時の MIMEで CP932 系の cname が出ないようにする。
  • Security space-convert 関連でクラッシュするのを修正。
  • convert-html-uri の結果がおかしいのを修正

変更履歴 (skf - 1.99.18)

  • "." を含む cname が認識されていなかったのを修正。
  • jis-2022-jp-2-kr が動いていなかったのを修正。
  • B-right/V 出力で html-sanitize を指定するとクラッシュするのを修正
  • JIS X-0221 コーリングシーケンスでのバグを修正。
  • mik の入力側テーブル修正
  • KOI-8, KOI-8U, B-right/V, cp1251 の出力を修正。
  • euc-jp-ms が不正なコードセットを呼ぶのを修正。
  • set-lang が正しく処理されていなかったのを修正。
  • 2.10 から msys 環境で動的テーブルロードを行うコードをバックポート
  • 他に細かいバグ修正。debian/changelog 参照

変更履歴 (skf - 1.99.17)

  • セキュリティ Unicode decomposition でクラッシュするのを修正。
  • セキュリティ U+1f1xx での変換でクラッシュするのを修正
  • セキュリティ locale 出力指定でクラッシュするのを修正
  • セキュリティ Sjis-oldntt でクラッシュするのを修正。
  • "--" が動いていなかったのを修正。
  • set-g* でキャラクタセット以外の文字列を与えると落ちる場合があるのを修正。
  • convert-html-uri を修正。
  • latin2html の結果がエンコードされないのを修正。
  • nkf-help での出力が誤っているのを修正。
  • man ページを修正。
  • cns11463 のSS2 処理を修正。
  • iso-2022 アナウンサ処理を修正。
  • iso10643 からiso2022 に標準戻りで戻れていなかったのを修正。
  • bright/V の latin 関連変換修正
  • skferr でのテーブルダンプ修正
  • HZ, ZW の GL を ASCII に変更。
  • 一部オプションが呼ばれないのを修正
  • [skf:37767] configure 互換性修正

変更履歴 (skf - 1.99.16)

  • octal エンコード、B-Right/V, zW エンコーディングのバグ修正。
  • -o オプションのエラーメッセージ修正。-E が動かないのを修正。
  • transparent モードでの MIME 抑止。
  • nkf 互換時の半角かなの出力条件修正。
  • cp65001, cp65000, cp1200, cp1201 を UTF-8 のエイリアスに追加
  • X-0213 逆変換テーブル修正。

変更履歴 (skf - 1.99.15)

  • skf.h でのビット二重アサイン修正
  • MIME で不適当な codeset が使われていたのを抑止
  • fix: iso-2022-jp-2-2004 の cname が MIME で適切に表示されない。
  • hack: cp50221,50222 外字部が正しく動作しないため抑止。

変更履歴 (skf - 1.99.14)

  • nkf 互換 -mQ -l 修正。それに伴い不必要なデコード削除

変更履歴 (skf - 1.99.13)

  • 2.00.6 の修正をバックポート
  • cp1253 のマップ修正

変更履歴 (skf - 1.99.12)

  • hard-inquiry で前の状態のリセットが抜けているのを修正
  • minGW 環境でのファイル入出力に O_BINARY を追加
  • python 機能拡張でのメモリ割り当てチェック漏れ追加
  • Debian control file が治っていないのを修正
  • MINGW/Cygwin での共有ライブラリ回り修正
  • nkf 互換 UTF-32 出力が動かないのを修正
  • UTF-16 の MIME カノニカル名に誤って BOM が付いているのを修正

変更履歴 (skf - 1.99.11)

  • winsami/iscii code table の定義ミスを修正
  • サイト名変更に伴い、sourceforge.jp を osdn.jp に変更

変更履歴 (skf - 1.99.10)

  • 【セキュリティ】 s_in 時にG0ハンドリングを誤ってクラッシュする件を修正。DoSの可能性あり。
  • nkf互換モードの -X が -x と同じ動作になっていたのを修正
  • cygwin での python 環境検出を修正

変更履歴 (skf - 1.99.9)

  • 【nkf互換モード】一部のオプションが nkf-compat モードでない場合に動作を切り替えていたバグを修正。-i オプションが動いていなかったのを修正。
  • ANSEL が正しく定義されていなかったのを修正
  • man に UTF-16 が little-endian であると誤って記載されていた件を修正

変更履歴 (skf - 1.99.8)

  • ruby 2.1 サポートの修正
  • cygwin64 環境で LWL 拡張が生成されないのを修正。

変更履歴 (skf - 1.99.7)

  • ruby 2.1 サポート
  • early_mime_out 指定時に MIME encode が不正な結果を吐くバグを仮対策。
  • UnicodeData を 6.3 に更新
  • nkf 互換モードで --cp932 が動かない件を修正
  • ほか細かいバグ修正

変更履歴 (skf - 1.99.6)

  • Ruby extension での TYPO 修正。
  • Cygwin 環境で Python 3 の ABI フラグがうまく取れず configure が落ちる件の対処。

変更履歴 (skf - 1.99.5)

  • UTF-32 の入力のサポートを追加。
  • x-0213 かな分解見直し。
  • x-0213 マップ一部修正。
  • nkf 互換での MIME エンコード時にファイル終端に改行文字を補う処理追加。
  • UTF-16 のコード判定で改行文字を見る。

変更履歴 (skf - 1.99.4)

  • in-place で suffix 指定をすると未割り当ての領域に値を書くバグを修正 関連して 1.99.3 のデバッグの消し残りを修正
  • UTF-16be 指定時にエンディアンの初期化が漏れているのを修正
  • 半角のウに濁点を全角に変換する処理の誤りを修正。

変更履歴 (skf - 1.99.3)

  • SWIG 側の定義漏れの修正
  • Ruby 2.0 時の定義漏れの修正
  • cp932 絡みで未登録コードセット名が吐かれる場合があるバグを修正

変更履歴 (skf - 1.99.2)

  • MinGW 対応修正。
  • tcl ヘッダ関係の設定とり込み修正。
  • Cygwin 環境で ruby のヘッダ取り込みがまずいのを修正+2.0.0 対応
  • 入力サイドの skfFILE の定義を誤って出力に流しているため型が合って いないバグを修正。

変更履歴 (skf - 1.99.1)

  • BIG5-UAO の初期化がオーバランしているのを修正 (Bug #30456)
  • bcopy が正しく動かない環境に対応