How to use Atomic Resolution Holography Analysis Tools (Photoelectron holography and X-ray fluorescence holography)

TmCoCaは、浮動小数点画像を、扱うソフトをコアして、データ解析や画像処理を行うものです。フルカラーの画像は、扱えず、モノクロ画像の浮動小数点画像を扱えます。浮動小数点のため、TmCoCaオリジナルの画像形式で保存されます。
TmCoCa原子分解能ホログラフィーを解析するための、ツールとして、
 光電子ホログラフィー、光電子回折、オージェ電子ホログラフィー、オージェ電子回折、逆光電子ホログラフィー、蛍光X線ホログラフィー、のシミュレーションを、メニューのHolography/TMSPから行うことができます。シミュレーションに使う原子クラスターは、Holography/TMSP_Clusterを使えば、球形、パラボラなどの形の原子クラスターを生成できます。
 原子分解能ホログラムから、原子配列を戻すには、SPEA-MEMを用いて計算します。
ホログラム画像の処理、出できた原子の加増の処理などは、OneImagのメニューの下にある、画像演算を使います。ガウスぼかし、球面マッピング変換、画像間演算、数式にOneImag数式よる画像間演算などの機能があります。
 複数の画像を処理するために、SeriesOfImagesのメニューがあります。一連の画像SeriesOfImagesの積分のグラフを生成したり、サムネール画像として並べてみたりすることができます。