Ticket #39733

Win版 Piano Roll Ring のキーボードを反転する

Date d'ouverture: 2019-11-09 13:43 Dernière mise à jour: 2019-11-09 17:42

Rapporteur:
Propriétaire:
État:
Atteints
Priorité:
5 - moyen
Sévérité:
5 - moyen
Résolution:
Fixed
Fichier:
Aucun

Détails

ビューモード Piano Roll Ring にて、 初期状態では低音から高音に向かって右回りにキーボードが表示されている。

このためキーボードの低音が右、高音が左に表示されており、違和感がある。 キーボードの表示を反転する。

Ticket History (3/5 Histories)

2019-11-09 13:43 Updated by: yknk
  • New Ticket "Win版 Piano Roll Ring のキーボードを反転する" created
2019-11-09 13:43 Updated by: yknk
Commentaire

対策概要

キーボードを反転するため、ピアノロールのボックスとリップルの表示位置も 併せて反転させる必要がある。

なおmacOS版は、Piano Roll Ringのサポート時点(Ver.1.3.1)で 左回り(低音は左、高音は右)でキーボードを表示している。 macOS版からコードをマージする。

2019-11-09 13:43 Updated by: yknk
Commentaire

対策

MTNoteRippleRingLive

ライブモニタ用ノート波紋リング描画クラスを新規追加。

MTNoteBoxRingLive::_CreateNoteDesign

ノートデザインオブジェクトへのライブモニタモード設定処理を追加。

MTNoteDesignRing

メンバにライブモニタモードフラグm_isLiveModeを追加。

MTNoteDesignRing::MTNoteDesignRing

ライブモニタモードフラグ初期化処理を追加。

MTNoteDesignRing::SetLiveMode

ライブモニタモード設定メソッドを追加。

MTNoteDesignRing::_GetNoteAngle

ノート番号で角度を算出するとき、低音から高音をプラス方向ではなくマイナス方向とする。 ライブモニタモードの場合は角度を反転する。

MTPictBoardRing::_CreateVertexOfBoard

キーボードを右回りから左回りで表示させるように修正。

MTScenePianoRollRingLive

メンバのリップル描画オブジェクトのクラスを、ライブモニタ用に追加した 描画クラスMTNoteRippleRingLiveに変更。

2019-11-09 13:44 Updated by: yknk
Commentaire

リファクタリング

MTNoteRippleRing

不要な定義を削除(using namespace SMIDILib)。 クラス名のコメントを修正(ノート波紋リング描画クラス)。

MTPictBoard::_CreateVertexOfBoard

変数のスペルミスを修正(boardHeight)。

MTTimeIndicatorRing

未使用のメソッド_RotateYZの定義を削除。

MTTimeIndicatorRing::_CreatePrimitiveLine

インデックスバッファのインデックス数の誤りを修正。

PianoRollRingLive.ini

ライブモニタ用ピアノロールリング設定ファイルについて、 ピアノロールリング設定ファイル(PianoRollRing.ini)とのパラメータ不一致を修正する。

[Scale]
ChStep=0.001 → 0.004 に変更

(Edited, 2019-11-09 17:01 Updated by: yknk)
2019-11-09 17:42 Updated by: yknk
  • État Update from Ouvert to Atteints
  • Résolution Update from Aucun to Fixed

Attachment File List

No attachments

Modifier

Please login to add comment to this ticket » Connexion