Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2019-11-23 13:15
Tera Term RC 4.105 RC (10 files Cacher)

Notes de release

Aucun Notes de version

Changelog

TeraTerm

2019.xx.xx (Ver 4.105)

  • Changes
    • Added SFMT information on version dialog.
    • Changed of indication from "Protocol" to "IP version" and from "UNSPEC" to "AUTO" on New connection dialog.
    • When the opacity value of the window is temporarily changed by operating the mouse wheel on the title bar of VT window, the tooltip of the opacity value is shown.
    • The location of resizing tooltip is automatically moved to coordinates after resizing.
    • Added slider for specify the opacity values on the Visual tab of the Additional settings dialog. When transparency is not available, made opacity not changeable.
    • Eterm look-feel: Added the Mixed ThemeFile to Background configuration. Also, added the BGIgnoreThemeFile entry in the teraterm.ini file. The default value is off.
    • When the opacity values of the Additional settings dialog is input over than 255, the value is automatically changed to 255 over the dialog.
    • Added support for REP control sequence.
    • Added support for xterm ED 3 (clear scroll buffer) control sequence.
      • Added the "Accept clearing scroll buffer from remote" setting on the Control Sequence tab of the Additional settings dialog. The default value is off.
    • Added /OSC52= commandline option for change the "Clipboard access from remote" setting.
    • Added the Logging and the Logging menu into the File menu.
    • The start of the text selection with the mouse can be delayed by setting.
      • Added the MouseSelectStartDelay entry in the teraterm.ini file. The default value is 0.
    • Serial port connection
      • Added support for hardware flow control DSR/DTR with serial connection.
        • The hardware is renamed to RTS/CTS, and DSR/DTR is newly added on the Flow control of Serial port (Setup menu).
        • MACRO: The DSR/DTR can be specified in setflowctrl command.
      • The Setup-port dialog can be called even while TCP/IP connection.
      • The title of Setup-port dialog is changed from "Serial port setup" to "Serial port setup and connection".
      • The detail information of COM port is added on the Setup-port dialog.
      • The tooltip of the speed setting is added on the Setup-port dialog.
      • The OK button notation in the Setup-port dialog is changed referring to the connection state.
      • The OK button can not be pressed in the Setup-port dialog when no COM ports are available.
      • Added /CDATABIT=, /CPARITY=, /CSTOPBIT=, /CFLOWCTRL=, /CDELAYPERCHAR=, /CDELAYPERLINE= command line options.
    • MACRO: When setdlgpos macro command has no argument, the dialog box is located on the default position.
    • MACRO: The dialog position specified by setdlgpos becomes to not be out of range in display.
  • Bug fixes
    • The tooltip during resizing can not be displayed on the left and top edge of the desktop. This bug was introduced in 4.103.
    • Eterm look-feel: When a image file is randomly selected with the wallpaper, invalid file may be selected.
    • The help button of File-Log, File-Transfer, Setup-Font and Printer dialog does not work well. This bug was introduced in 4.104.
    • Fixed a problem that TTIMESV (Save IME status) / TTIMERS (Restore IME status) control sequences do not work.
    • The help button on the printer dialog can not be shown from Windows 2000 to 10. The help button on the printer dialog can be shown on all Windows except Windows95.
    • The macro window tries not to terminate when ESC key is pressed. This bug was introduced in 4.103.
    • Tera Term tries not to terminate when TEK window is closed. This bug was introduced in 4.103.
    • When the DPI is changed while menu bar hidden, the window size is correctly adjusted.
    • When DPI is changed, an application fault occurs on Windows 8.1.
    • The window title is garbled when receiving the window title setting control sequence which contains the kanji characters.
    • MACRO: The button of yesnobox selected with left or right arrow key is reversed.
    • The help button on the Save setup, Restore setup and Load key map dialog can not be shown.
    • Save setup dialog shows incorrectly "Open as read-only" check-box on Windows95/98/NT4.0.
    • MACRO: Error is displayed correctly when string constant is not terminated.
  • Misc
    • Bug fix: A font(TSPECIAL1.TTF) copy may fail when Tera Term installs from the installer.
    • NOTE: CygTerm+ binary included in the installer becomes to be supported on Windows Vista or later. Please build CygTerm+'s source code by using Cygwin for older Windows, if CygTerm+ wants to run on older Windows.
    • upgraded TTSSH to 2.91.
    • upgraded TTProxy to 1.0.0.26.
    • upgraded TTXResizeMenu Plug-in to 1.06.
    • Changed e-mail address of Contacting the author.

TTSSH

2019.xx.xx (Ver 2.91)

  • Changes
    • Changed of indication from "Protocol" to "IP version" and from "UNSPEC" to "AUTO" on New connection dialog.
    • The display timing of the user authentication dialog is changed to display after the known_hosts dialog.
    • The LogLevel entry is added on the Setup dialog.
    • The help button are added on the Setup dialog, Authentication Setup dialog, Forwarding dialog and Key Generator dialog.
    • When the network is disconnected from SSH server side, the known_hosts and user authentication dialog are automatically closed while the dialog is shown.
    • Changed the error message when unable to open local file.
  • Bug fixes
    • The same messages may be included on MessageBox displaying.
    • When the network is disconnected from SSH server side, an application fault may be occurred while known_hosts dialog is shown.
    • SSH1: The /nosecuritywarning option does not work well.
    • The problem is improved in the user authentication dialog that the delay occurs when the focus is moved from the user name to passphrase by using TAB key after entering the user name.
    • When the user name is left blank in the user authentication dialog, the focus may not be moved from the user name to the pull-down menu on the right side with TAB key.
    • Fixed a port forwarding issue that closes the client connection before completing all data transmission.
    • Incorrect process ID is recorded in TTSSH.LOG before connecting.
    • Authentication banner cannot displayed correctly when banner string contains character other than US-ASCII.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL from 1.0.2s to 1.1.1d.

TTProxy

2019.xx.xx (Ver 1.0.0.26)

  • Bug fixes
    • When the HTTP proxy connection fails and the status code is other than 400,401,403,405,406,407, invalid string are shown in the message box.

TTXResizeMenu

2019.xx.xx (Ver 1.0.6)

  • Fixed the access key for the 16th and subsequent entries in the menu.

TeraTerm

2019.xx.xx (Ver 4.105)

  • 変更
    • バージョン情報ダイアログにSFMTの表記を追加した。
    • New connectionダイアログの表記を「Protocol」から「IP version」に、「UNSPEC」を「AUTO」に変更した。
    • VT ウィンドウのタイトルバー上でマウスホイールを操作してウィンドウの不透明度を一時的に変更するとき、不透明度をツールチップに表示するようにした。
    • Additional settingsダイアログのVisualタブで、不透明度をスライダーで指定できるようにした。半透明化が利用できないとき不透明度を変更できないようにした。
    • リサイズ中の縦横サイズツールチップの表示位置をリサイズ後の座標に追従するようにした。
    • Eterm look-feel: 壁紙と画像を混合するを設定できるようにした。teraterm.ini に BGIgnoreThemeFile エントリを追加した。デフォルトはoff。
    • Additional settingsダイアログのVisualタブで不透明度の値に256以上を入力したとき、ダイアログ上で255に変更するようにした。
    • REP 制御シーケンスに対応した。
    • xterm の ED 3 (スクロールバッファ消去) 制御シーケンスに対応した。
      • Additional settingsダイアログのControl Sequenceタブに「リモートからのスクロールバッファ消去を受け入れる」を追加した。デフォルトはoff。
    • 「リモートからのクリップボードアクセス」設定を変更する為のコマンドラインオプションとして/OSC52=を追加した。
    • File メニューに Logging / Logging を追加した。
    • マウスでのテキスト選択の開始を、設定で遅らせる事が出来るようにした。
    • teraterm.ini に MouseSelectStartDelay エントリを追加した。デフォルトは0。
    • シリアルポート接続
      • シリアル接続でハードウェアフロー制御DSR/DTRをサポートした。
        • Serial port (Setup メニュー)のFlow controlでhardwareをRTS/CTSに変更し、新しくDSR/DTRを追加した。
        • setflowctrlマクロコマンドで DSR/DTR を指定できるようにした。
      • TCP/IP接続中においてもSetup-port ダイアログを呼び出せるようにした。
      • Setup-port ダイアログのタイトルを「シリアルポート設定」から「シリアルポート設定と接続」に変更した。
      • Setup-port ダイアログにCOMポートの詳細情報を追加した。
      • Setup-port ダイアログのスピード設定でツールチップを表示するようにした。
      • Setup-port ダイアログのOKボタンの表記を接続状態で切り替えるようにした。
      • 使用可能なCOMポートが存在しない場合、Setup-port ダイアログのOKボタンを押せないようにした。
      • /CDATABIT=, /CPARITY=, /CSTOPBIT=, /CFLOWCTRL=, /CDELAYPERCHAR=, /CDELAYPERLINE= コマンドラインオプションを追加した。
    • MACRO: setdlgpos 引数なしのときダイアログボックスの位置をデフォルトとするようにした。
    • MACRO: setdlgpos の位置指定でダイアログがディスプレイからはみ出さないようにした。
  • バグ修正
    • リサイズ中の縦横サイズツールチップが、デスクトップの左端と上端で表示されなくなっていた問題を修正した。4.103でのエンバグ。
    • Eterm look-feel: 壁紙と混合する画像ファイルをランダムに選択する際、無関係なファイルを選択することがある問題を修正した。
    • ログ採取・ファイル送信・フォント・印刷ダイアログのヘルプボタンが機能しない問題を修正した。4.104でのエンバグ。
    • TTIMESV(IME状態保存)/TTIMERS(IME状態復元)制御シーケンスが正しく動かない問題を修正した。
    • Windows2000~10で、印刷ダイアログにヘルプボタンが表示されない問題を修正した。Windows95を除く、すべてのWindowsで印刷ダイアログにヘルプボタンが表示されるようになった。
    • MACRO ウィンドウで、ESCキーを押下時終了しないようにした。4.103でのエンバグ。
    • TEKウィンドウを閉じたとき Tera Term 自身は終了しないようにした。4.103でのエンバグ。
    • メニューバー非表示時、DPIが変化したときウィンドウサイズを正しく調整するよう修正した。
    • Windows 8.1で、DPIが変化したとき Tera Term が強制終了しないようにした。
    • 漢字を含むウィンドウタイトル設定制御シーケンスを受信した時、ウィンドウタイトルが文字化けする問題を修正した。
    • MACRO: yesnobox で左右矢印キーで選択されるボタンが逆になっていたのを修正した。
    • 設定の保存・設定の読み込み・キーマップ読み込みダイアログにヘルプボタンが表示されていない問題を修正した。
    • Windows95/98/NT4.0において、設定の保存ダイアログに「読み取り専用ファイルとして開く」というチェックボックスが表示される問題を修正した。
    • MACRO: 文字列型定数の終端が正しくない場合、エラーが正しく表示されるようにした。
  • その他
    • インストーラからインストール時、フォント(TSPECIAL1.TTF)のコピーが失敗することがある問題を修正した。
    • インストーラに同梱されているCygTerm+バイナリはWindows Vista以降のサポートとなります。古いWindowsで動作させたい場合は、古いWindowsに対応したCygwinを使ってCygTerm+をソースコードからビルドしてください。
    • TTSSH(2.91)へ差し替えた。
    • TTProxy(1.0.0.26)へ差し替えた。
    • TTXResizeMenu Plugin(1.06)へ差し替えた。
    • 作者への連絡のメールアドレスを変更した。

TTSSH

2019.xx.xx (Ver 2.91)

  • 変更
    • New connectionダイアログの表記を「Protocol」から「IP version」に、「UNSPEC」を「AUTO」に変更した。
    • ユーザ認証ダイアログの表示タイミングをknown_hostsダイアログの後に変更した。
    • SetupダイアログにLogLevelを追加した。
    • Setupダイアログ、Authentication Setupダイアログ、Forwardingダイアログ、Key Generatorダイアログにヘルプボタンを追加した。
    • known_hostsダイアログおよびユーザ認証ダイアログの表示中に、SSHサーバ側からネットワーク切断された場合、ダイアログを自動で閉じるようにした。
    • SCP でローカル側のファイルが開けなかった時のメッセージを変更した。
  • バグ修正
    • メッセージボックスの表示に同一メッセージが複数含まれることがある問題を修正した。
    • known_hostsダイアログの表示中にSSHサーバ側からネットワーク切断されると、アプリがクラッシュすることがある問題を修正した。
    • SSH1: /nosecuritywarningオプションが機能していなかった問題を修正した。
    • ユーザ認証ダイアログで、ユーザ名を入力後のTABキーでパスフレーズ欄への移動に遅延がある問題を改善した。
    • ユーザ認証ダイアログで、ユーザ名を空欄にした後、TABキーで右側のプルダウンメニューにフォーカス移動しないことがある問題を修正した。
    • ポート転送で、クライアントにデータを送り終わる前に接続を切断する場合がある問題を修正した。
    • 接続するまでの間、正しくないプロセスIDがTTSSH.LOGに記録される問題を修正した。
    • 認証バナーにUS-ASCII以外の文字が含まれる時に正しく表示できない問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2sから1.1.1dへ差し替えた。

TTProxy

2019.xx.xx (Ver 1.0.0.26)

  • バグ修正
    • HTTPプロキシ接続がエラーとなり、ステータスコードが400,401,403,405,406,407以外だった場合、メッセージボックスにゴミが表示される問題を修正した。

TTXResizeMenu

2019.xx.xx (Ver 1.0.6)

  • メニューの16番目以降のアクセスキーが誤っているのを修正した。