Télécharger la liste

Description du projet

ChaKi(茶器)は、自然言語コーパスの構築、検索、および言語要素へのタグ付けをサポートするツール群です。

Livrée : 2010-09-05 18:24
ChaKi.NET 1.3 Revision 296

Nom Taille Hachage Date Télécharger compter
Setup.msi 6.71 MB 2010-09-05 18:25 41
Setup64.msi 6.74 MB 2010-09-05 18:25 29

Notes de release

--------------------------------------------------------------------------------
ChaKi.NET Release Note #018
Version 1.3, Revision 296
2010/09/23
--------------------------------------------------------------------------------
2010/09/23 RC2 --> 1.3正式版(内容は同じ)
--------------------------------------------------------------------------------
2010/09/05 RC2 Rev.296
※ Rev.288(2010/08/05) -> Rev.296 修正点
[Setup]
・Ticket #22998「1.3 RC, Revision 288 新規Setupでエラー」修正
 設定ファイルのない状態で起動するとエラーが発生して画面が出ないという不具合があり、
 これを修正しました。ご迷惑をおかけしました。
[形態素編集]
・Ticket #23030「形態素編集において、DB内既存Lexemeをimmutableにする」機能追加
・Ticket #23000「Create Dictionaryツールのコマンド発行が正しくない。」修正
[Collocation]
・Ticket #22999「WordListからOccurrencesを検索するとき、絞り込みを行わない」修正
・Ticket #22952「Collocation View: FSM出力で、行ヘッダからIDリストの文検索を行いたい」機能追加
・Ticket #22951「WordList, Collocation ViewからのExcel/CSV Exportを行いたい」機能追加
・Ticket #22835「Collocation: FSM: IDsにリストされる値の数が明らかに少ないことがある」修正
・Ticket #22832「CollocationViewのカラム幅を設定保存したい」機能追加
[その他]
・Ticket #22834「WordColorSettingのLemma, LemmaForm指定が未対応」機能追加
・Ticket #22833「WordColorSettingのSurface指定が効かない」機能追加
・Ticket #20678「検索のWordBoxでPOSリストの品詞候補などがCurrentCorpusに結びついている」
→コーパス毎タブを設けてで対応
・CorpusInfoのLexicon情報をOn-Demand(ボタン押下)ロードに変更

--------------------------------------------------------------------------------
※ Rev.287(2010/08/04) -> Rev.288 修正点
・形態素編集で、Base形がSurfaceと異なるLexemeが正しく登録できない件を修正。

--------------------------------------------------------------------------------
[形態素編集(DependencyEdit)] (Ticket#19591)
・以前のTagEdit相当の機能の実装を行いました。
・辞書DBの作成コマンドを作成しました。
詳細は、マニュアルの以下のページをご参照ください。
- 「形態素を編集する」
- 「辞書を作成する」
- 「Scriptingにより形態素一括編集を行う」

※形態素の変更作業においては、文節・係り受け編集作業のみの場合よりも
 頻繁なDBのバックアップをお勧めします。
 WordやLexemeの構造が未発見のバグにより万一破壊された場合には修復が非常に困難です。
 (文節・係り受けが独立したアノテーションであって修復が比較的簡単なのとは差があります。)

[Scripting]
IronRuby(およびIronPython)によるScripting機能を実装しました。
上記の形態素一括編集は、Scriptingにより実現しています。
また、これ以外の用途でもアプリケーション拡張の手段として手軽に利用できると思います。

[DependencyEdit]
・Segment,Groupの選択メニューを変更し、TagSetのカスタマイズに耐えられるものとしました。
 (Ticket#21768, #20942)
・TagSetの編集を行うための"TagSetEdit"を実装しました。(Tools - Edit Tag Definitions)
・タグ要素のAppearanceをカスタマイズできるようにしました。(Tools-Tag Appearance)

[バグ修正]
※下記は重要ですがまだ完了していません
・Ticket #22655: Collocation: Frequent Sequence Minigの動作(gapありの場合)
 単純に考えて、Gap条件を入れた場合の生起数は入れない場合の生起数以上となるはずだが、
 実際にやってみると少なくなることがある。

--------------------------------------------------------------------------------

Changelog

No Changelogs