Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2015-06-16 16:39
opengion 5.8.9.0 (4 files Cacher)

Notes de release

5.8.9.0 (2015/08/07) 日付ピッカー(カレンダー) HTML5ブラウザ対応としてmodalDialogを利用しない形の日付ピッカーをYMD3として用意しておきます。 このピッカーはフレーム内に表示されるため、画面からはみ出す場合の処理を修正実装をしていますが 小さなフレーム内の場合はスクロールが出ます。 月曜開始の対応は行っていますが、多言語対応はしていません。 hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag() hayabusa.taglib.HeadTag#HYBS_CAL_START_MON hayabusa.taglib.HeadTag#CALENDAR_START_MONDAY plugin.column.Editor_YMD3 新規作成 jsp/common/eventScript.js jsp/common/default.css gf/jsp/GF6000/query.jsp HTML5対応ポップアップ モダンブラウザではmodalDialogが利用できないため、別の方法でポップアップを実現する必要があります。 対応として、画面内でiframeを作成して指定URLを表示するタイプのポップアップをオプションとして用意しておきます。 この方式の欠点としては、QUERY部のように小さいフレームで立ち上げると該当画面が表示しきれずスクロールが出る事です。 2つのファイルを上げる側と上げられる側で読み込む事で自動的にこのタイプとなります。(片方だけ読み込んだ場合は動作しなくなります) 現段階ではシステムリソースでの切り替えには対応しません。 jsp/common/option/html5modalDialog.js jsp/common/option/html5modalDialog.css JSPのモジュール化 (6.3.4.0の移植) JSPのモジュール化とは、JARファイルの「META-INF/resources」配下に 静的コンテンツやJSPを作成し、Webアプリケーションの「WEB-INF/lib」に JARを配置することで、それらのファイルにWebからアクセスできる機能です。 これは、フォルダ指定で、Default Welcome File を使用するアクセスはできない 様です。よって、アクセスする場合は、ファイルまで指定が必要です。 FileUDTagで、EDIT_GAMENID(= "14_EDIT") 指定がフォルダ指定のみだったのでindex.jspを追記しました。 hayabusa.taglib.FileUDTag#doEndTag()

5.8.8.2 (2015/07/17) URLチェックのマルチバイト文字対応 5.4.5.0でファイル名のマルチバイト文字に対応していましたが、リクエスト変数には対応できていませんでした。 decodeを行う場合は元のURLも同時にかけて、比較するように変更します。 hayabusa.filter.URLCheckFilter#isValidAccess( final ServletRequest request )

5.8.8.1 (2015/06/13) リモートリソース更新対応 複数のTomcat、コンテキストで動作させているシステムで、GEでのリソース変更時に該当システムのリソースの 自動更新を行う機能がありますが、接続できないデータが存在している場合にタイムアウトの影響で処理に時間がかかるため、 システムリソースでコントロール出来るようにする対応を行います。 この機能を利用する場合はUSE_REMOTE_RESOURCE_CLEARをtrueにしてください。 6.2.5.0対応の適用です。 hayabusa.common.SystemData#USE_REMOTE_RESOURCE_CLEAR = false hayabusa.common.SystemData#REMOTE_USER_PASS jsp/common/remoteResource.jsp hayabusa.common.SystemData#URL_CONNECT_TIMEOUT = 1 fukurou.util.URLConnect#getConnection() fukurou.util.URLConnect#setTimeout(int tout) fukurou.util.URLConnect#main(String[] args)

Changelog

No Changelogs