Télécharger la liste

Description du projet

Projectの概要 JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。 SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。 このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。 (基本機能) ・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御 ・多言語対応          ・Excel入出力機能 ・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能 ・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能 ・バッチ処理機能 各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。 Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。 Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。 コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Livrée : 2015-11-06 18:04
opengion 5.9.2.0

Nom Taille Hachage Date Télécharger compter
RELEASE-NOTES_5.9.2.0.txt 6.44 KB 2015-11-06 18:05 2
openGion_core_5.9.2.0.zip 17.49 MB 2015-11-06 18:05 3
openGion_dev_5.9.2.0.zip 62.83 MB 2015-11-06 18:06 10
openGion_verup_5.9.2.0.zip 10.09 MB 2015-11-06 18:05 3

Notes de release

5.9.2.0 (2015/11/06) ガントヘッダー見直し 5.9.0.1でIE用ganttCSSを作成しましたが、IE以外でも実用上問題なく表示させるため全面的にヘッダーの構造を見直します。 単純なテキスト出力であったものを、divを日付単位で配置した構造に変更しています。 エンジンのバージョンアップが簡単に出来ない環境で互換モードを解いたIEを利用する場合は、ganttIE.cssを読み込んで対応してください。 廃止タグを利用していたGF7218/result.jspをGanttHeaderタグ利用に変更します。 hayabusa.taglib.GanttHeaderTag jsp/common/default.css gf/jsp/GF7218/result.jsp

5.9.1.3 (2015/10/30) HTML5向けポップアップ改良 html5modalDialog.jsを利用した画面内表示のポップアップは、同一フレーム内でポップアップフレームを作成していたため、 Queryフレーム内での利用のようなパターンでは小さく、スクロールが出てしまっていました。 コントロール可能な最上位フレームを探して、表示されるようにします。 通常の場合(クロスドメインで小さいフレームに表示されていない限り)はこれでほぼ今まで通りの利用が可能となるはずです。 該当の最上位フレーム(通常はindex.jsp)にjQueryと、html5modalDialog.cssが必要です。 jsp/common/option/html5modalDialog.js jsp/index3.jsp の parameter属性 5.6.4.3で廃止となっている属性ですが、いつの間にかコメントアウトされていました。 V5では互換性のために残しておきます。 hayabusa.taglib.ColumnEditorTag#setParameter( final String prm ) byteでの文字列カット substringは文字数でのカットですが、DBのカラムサイズに合わせたカットをする場合も想定されるため、 fukurouにバイト数で切る関数を用意してます。 fukurou.util.StringUtil#cut( String org, int cutBytes, String enc ) fukurou.util.StringUtil#cut( String org, int cutBytes ) メール履歴修正 メール送信履歴テーブルのCONTENTSカラムを文字列型からCLOB型に変更します。 4000文字でのカットは不要になる(又、元々文字数のため、意図した通りには機能していない)ため外します。 又、その他項目については文字数カットをbyte数でのカットに変更します。 hayabusa.mail.AbstractMailManager#trim( final String src, final int maxLen ) hayabusa.mail.AbstractMailManager#commitMailDB() タブ分割表示方法変更 htcファイルを利用したIE8での機能で、廃止予定タグであったTabTableTagですが、タブ間移動による情報消失が無いパターンの タブ分割表示も残しておいた方が良いのでjQueryを利用した方法に変更します。 利用時はjQuery-UIが必要です。 headタグを修正し、useTabstripをtrueとした場合にhtcファイルではなくjQuery-UIをロードするようにします。 内部的にはuseTabstripは廃止し、useJQUIとしますが、属性はV5では互換のため残しておきます。 若干大きさや色に変更がありますが、そのままのソースで表示可能です。 jsp/common/jquery/jquery-ui.css 追加 hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag() hayabusa.taglib.HeadTag#release2() hayabusa.taglib.HeadTag#setUseTabstrip( final String flag ) hayabusa.taglib.HeadTag#setUseJQUI( final String flag ) hayabusa.html.TabData#getTab( final String inStyle ) 削除 hayabusa.html.TabData#getTab( final String inStyle, int i ) hayabusa.html.TabData#getTabBody() 削除 hayabusa.html.TabData#getTabBody( int i ) hayabusa.html.TabData#getStyleString( final String defStyle, final String inStyle ) hayabusa.taglib.TabTableTag#makeTag() hayabusa.taglib.TabTableTag#makeHorizontalTag() hayabusa.taglib.TabTableTag#makeVerticalTag() hayabusa.taglib.TabTableTag#setHeight( final String ht ) hayabusa.taglib.TabTableTag#setWidth( final String wh ) hayabusa.taglib.TabTableTag#setSelectedIndex( final String no ) hayabusa.taglib.TabTag コメント修正 hybs-taglib.tld

5.9.1.2 (2015/10/23) RFW用出力変更 社内では帳票システムのプリンタIDをRFWのプリンタ名と一致させるようにするため、 CSV出力上のRDSetOutputPrinterはプリンタ名ではなくプリンタIDを出力します。 plugin.report.CSVPrintPointService_RFW#makeheader()

iframeタグ新規作成 HTML5ではframeタグは廃止となり、iframeタグを利用するようになっていますが、エンジンにiframeタグを作成する機能がなかったため追加します。 iframeタグはframeタグを継承して作成しているため、元のprivateメソッドをprotected化しています。 hybs-taglib.tld hayabusa.taglib.IframeTag 新規作成 hayabusa.taglib.FrameTag#getUrlEncode() hayabusa.taglib.FrameTag#isNormalRequestKey( final String key ) hayabusa.taglib.FrameTag#dbTable fukurou.util.XHTMLTag#IFRAME_KEY fukurou.util.XHTMLTag#iframe( final Attributes attri,final String urlEncode )

index画面の追加 フレームを切ってメニューを表示するのではなく、JavaScriptを利用してiframeで表示させるタイプのindexを作成しておきます。 試作的扱いですが、mouseoutによる遅延自動折り畳みが実行されるよう適用しています。メニューの移動も可能です。 gf/jsp/index3.jsp gf/jsp/menu/simpleMenu.jsp jsp/common/default.css htmlend.jsp修正、追加 og:headタグのペアとして、純粋にhtmlタグの終了タグのみを持つhtmlend2.jspを作成しておきます。 jsp/common/htmlend2.jsp 自己終了タグの出力修正 HTML5の自己終了対象外タグで、自己終了として出力している箇所で気が付いた部分を修正しておきます。 hayabusa.taglib.TopMenuTag#makeOneLevelMenu() hayabusa.taglib.QueryButtonTag#getEditSelect( final DBEditConfig[] configs, final String selEditName ) hayabusa.servlet.HybsAdmin#getSystemResource() hayabusa.servlet.HybsAdmin#ClassInfo hayabusa.servlet.HybsAdmin#getLoginUser( final String sort,final boolean direc ) plugin.view.ViewForm_HTMLCustomTable#getTableHead() plugin.view.ViewForm_HTMLFormatTable#getTableHead() plugin.view.ViewForm_HTMLGanttTable#getTableHead() plugin.view.ViewForm_HTMLRotationTable#getHead() plugin.view.ViewForm_HTMLSeqClmTable#getHead() plugin.view.ViewForm_HTMLStackedGanttTable#getHead() plugin.view.ViewForm_HTMLTable#getHead() jsp/common/htmlend.jsp jsp/common/gamen/01_ADMIN/printConfig.jsp, printContext.jsp, printHeader.jsp, printPageContext.jsp ,printRequesMethodt.jsp, printRequest.jsp, printSettion.jsp, printSystemInfo.jsp, printSystemParameter.jsp, printUserData.jsp, printUserInfo.jsp XLSX出力の形式選択 fileDownload.jspを利用したExcel出力で、xls,xlsxの形式をシステムリソースで設定可能とします。 (6.2.0.0で対応されているTABLE_WRITER_EXCEL_TYPEをVer.5にも追加します) 初期値はxlsとします。 hayabusa.common.SystemData#TABLE_WRITER_EXCEL_TYPE 日付ピッカー修正 新日付ピッカーでは元のスクリプトから日付文字列の合成方法を変更していたため、 特定の日付で数値として加算される不具合がありました。修正します。 jsp/common/eventScript.js#glDatePicker

5.9.1.1 (2015/10/09) ロールエラー 6.3.8.0対応分 検索条件にロールを指定するとエラーになっていた為、画面JSPを修正しました。 ge/jsp/GE0001/result.jsp ge/jsp/GE0002/result.jsp

Changelog

No Changelogs