May 25, 2018 updates: Privacy Policy

Télécharger la liste

Sponsored link

Description du projet

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Système requise

System requirement is not defined

Livrée : 2017-12-04 08:44
opengion 5.9.27.0 (4 files Cacher)

Notes de release

5.9.27.0 (2017/12/01) イベント名($1~$9)が9個しか使えなかったのを修正 6.8.2.4 (2017/11/20)対応分の反映 fukurou.util.StringFormat#format() で持っている為、取り出し方が特殊になります 6.8.2.4 (2017/11/20)対応分の反映 EXCEL出力(xlsx)のファイルをそのまま取り込めませんでした。一旦上書き保存しないと、エラーになります。 これは、通常のEXCELでは、文字列をマッピングして持っており、そのように読み込み処理で対応して いますが、POIで書き込んだEXCELは、文字列を、inlineStr で持っている為、取り出し方が特殊になります。 以前のバージョンでは、対応できていた(はず)ですが、変更があったのかもしれません。 fukurou.model.EventReader_XLSX.SheetHandler#endElement(String namespace,String localName,String qname) jsChartのスライドバー小数点対応 整数に変換していた箇所を実数変換に変更します。 hayabusa.taglib.JsChartTag#jsChartOutput() view用パラメータ追加 特定のカラムのみレンデラーを出力する事が出来るようにします。 コードだけでなく日本語名称も同時に渡せるようにするためです。 hayabusa.html.ViewJsonParam#JSON_RENDERER_COLS_KEY hayabusa.html.ViewJsonParam#JSON_RENDERER_COLS hayabusa.taglib.ViewJsonParamTag#setUseRendererColumns( final String cols ) hayabusa.html.AbstractViewForm#setBooleanArray( final String clsm , final boolean def , final boolean[] arrays ) plugin.view.ViewForm_JSON#create( final int startNo, final int pageSize ) hybs-taglib.tld fileDownloadサーブレットのヘッダ追加 ファイルサイズを表すContent-Lengthを追加しておきます hayabusa.servlet.FileDownload#doPost( final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response )

5.9.26.1 (2017/11/10) PL/SQL実行エラー表示 Queryタグ及びPlsqlUpdateタグで、エラー表示の有無を選択可能にします。 また、DB.ERR_CODE同様にリクエスト変数DB.ERR_MSGにメッセージを保持するようにします。 これは、例えばAPI向けのJSPを作成した際にレスポンスをJSON形式で返したい場合に stopErrorと併用してエラーメッセージ(HTML)をJSONエスケープするようなパターンで利用します。 但し、いままでstopErrorに関係なく強制的に停止していた処理はそのままとしています。 hayabusa.taglib.QueryTag#release2() hayabusa.taglib.QueryTag#setDispError( final String flag ) hayabusa.taglib.QueryTag#doEndTag() hayabusa.taglib.PlsqlUpdateTag#doEndTag() hayabusa.taglib.BizLogicTag#doEndTag() hayabusa.taglib.BizLogicTag#release2() hybs-taglib.tld {@JSON.xxx}追加 JOSN向けの文字エスケープを画面から簡易的に実行可能にします。 JOSN.xxxとなっていますが、出力される文字列はエスケープされた文字列であってJSON形式ではありません。 hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getReservedValue( final String key )

Changelog

No Changelogs